coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/09

派遣やアウトソーシングよりも期間工の方が働きやすい?

派遣社員とアウトソーシングは、企業からすれば同じく外部の人間に仕事を任せることになるのですが、意味合いが異なります。

派遣社員を雇うときは人を雇い入れることになります。

ですから、ある程度企業の自由に業務を任せられます。

アウトソーシングは業務そのものを外部の人間に任せることになります。

契約時に、どの業務を委託するのか、という契約を結ぶからです。

その点が派遣社員とアウトソーシングでは異なります。

ただ、企業に呼ばれて働く側からすれば、そこまで違いはないのではないか、と考えてしまいます。実際はどうなのでしょうか。

派遣社員で働くことのメリット・デメリット

派遣社員として工場で働く際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

実際、派遣社員で働いている人に意見を聞いてみると、かなり素直な声を拾うことができました。

面接が簡単

企業によりますが、派遣社員の場合、面接で採用されることが余り難しくありません。

派遣会社に連絡して、登録し、後は企業とちょっと顔合わせをするだけでいつから働けるかという話に入るところがほとんどです。

これが正社員の面接などであれば、そのように簡単にはいかないのは周知の事実ですね。

手当が少ない

派遣社員の収入は基本的に時給くらいです。

皆勤手当や深夜手当、食事手当くらいはつくと思いますが、それくらいなので、正社員に比べると手当が寂しいですね。

ですから収入に不満を持ち、辞めてしまう人が多いのです。

長期的に働くことが難しい

派遣社員がなぜ長期的に働くのが難しいかというと、いつまでも待遇が変わらないからです。

正社員であれば、給料が変わらないといわれる昨今でも、待遇が徐々によくなったりするので、会社にい続ける価値があります。

ですが派遣社員はその限りではないので、働き続けるモチベーションを保つのが難しいため、長期的に働くことが難しくなってしまいます。

アウトソーシングで働くということ

アウトソーシングで働く人は世間では増えてきています。

しかし、工場に限るとアウトソーシングで働く個人というのはほとんどいません。

アウトソーシングは業務委託契約を結ぶのが基本で、専門的な業務ができる人に限られるからです。

ですから、工場の中でも特殊な業務を行っているような人は外部のアウトソーシングスタッフである可能性はありますが、工場で未経験で働くような人はまずアウトソーシング契約で働くことはありません。

企業単位ならアウトソーシングはあり得る

工場がアウトソーシング契約を結ぶのは、ほとんどの場合企業単位です。

ある下請の企業に一部のラインを任せるとか、そうした場合企業はアウトソーシング契約で工場の中で働きます。

働く側にとっては余り重要ではない

ただ、個人として働くならばどちらで働いても条件は契約次第なので、働く場所がアウトソーシングかそうではないかは余り重要ではありません。

アウトソーシングの企業も派遣社員を求めていることが多く、そしてその場合元請の企業と条件はほとんど変わらなかったりするため、特に考慮する必要はありません。

期間工で働く方がメリットが高い理由

派遣社員で働くよりも、期間工で働く方がメリットが高いです。

どちらも変わらないように思いがちなのですが、そんなことはありません。

その理由を説明します。

手当が充実している

派遣社員だと収入のほとんどは時給だけですが、期間工はその限りではありません。

手当が充実しているからです。

時給以外にも皆勤手当や深夜、残業手当、食事手当などはもちろん、働いた勤務日数に応じて満了手当が出ます。2年くらい働くと100万円くらいあったりするので、これは非常に大きいです。

また、寮費が無料のところが多いのもうれしい点です。家賃がかからないわけですから、かなり生活の助けになります。

正社員登用制度がある

派遣社員がなぜ正社員になりづらいのかというと、外部のスタッフだからです。

日本の企業は幾ら真面目に働いても、外部の人間にはどこかよそよそしくなってしまうものなのです。

しかし期間工は正社員ではないにせよ直接雇用なので、派遣社員に比べると正社員になれるチャンスが高いです。

ただ、決して高い可能性があるわけではないので、正社員になろうと思ったらかなりの努力と、努力を結果につなげられる運が必要になります。

工場で働くなら手当の厚い期間工で働こう

派遣社員やアウトソーシングについて説明してきました。ここまで読めば、働くならば期間工の方がメリットが高いことがお分かりいただけたはずです。

ですから、工場で働きたいのであれば期間工に応募しましょう。期間工を募集しているウェブページを見れば、応募フォームも確認できるはずです。

そこからすぐに応募できるので、簡単に面接の日取りが決められます。

面接ではスーツ着用で真面目に取り組めば、ほとんどの場合は採用されます。

後は工場で働くんだ、という決意さえあれば問題ありません!

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ