coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/09

株式会社日本ケイテムで工場内作業の求人を探すなら、派遣よりも期間工を目指す? 

工場内作業の求人を検索していると、時々「株式会社日本ケイテム」という人材派遣会社を見かけます。

「株式会社日本ケイテム」は京都に本社を置く製造業向けの総合人材サービス会社で、創業45周年を迎える老舗人材派遣会社です。

ケイテムを経由して期間工の求人を紹介された場合、ケイテムから派遣されて働くのが得なのか?

それとも期間工として紹介してもらった方が良いのか?

今回は、そのあたりの紛らわしい部分を分かりやすくすっきりと整理します。

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味があるなら、まずは製造業での派遣と期間工との違いを理解する? 

大手自動車メーカーの工場内作業では、大手自動車メーカーの社員以外に、メーカーに直接雇用されている期間工、人材派遣会社から派遣されている派遣社員などが一緒に働いています。

期間工は大手自動車メーカーなどが直接雇用しているので、福利厚生や待遇面など恵まれた環境で働けます。

しかし、派遣社員の場合は派遣会社の社員なので大手自動車メーカーの複利厚生や待遇を受けることができません。

給与面ではどうなのかというと、期間によって派遣社員の方が得する場合と、期間工の方が得する場合があり、全容を見てからでないと、良し悪しの判断がしづらいというのが現状です。

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味があるなら、期間工は高待遇であることを押さえておく? 

株式会社日本ケイテムから派遣される工場内作業の場合、額面収入が期間工よりも多くなることがあります。

しかし、派遣社員の時給が高くても、期間工には期間満了報奨金などのさまざまな手当があるので、長期で見ると期間工の総額の方が多くなるようです。

また、派遣会社はメーカーが派遣社員に支払う総額のなかから仲介マージンをとって企業を運営しています。

そのため、派遣社員が受け取る給与は、本来メーカーが支払う額よりも少なくなるわけです。

もちろん、派遣社員は派遣会社の社員であるため、大手自動車メーカーなどの複利厚生や待遇なども受けられません。

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味があるなら、期間工は寮費・光熱費無料が一般的であることを押さえておく? 

大手自動車メーカーなどの期間工は、工場が直接雇用しています。

そのため、待遇や福利厚生が充実しており、働きやすい環境が整備されています。

働く環境の中で最も大切なものが社宅や寮などの住む施設です。

期間工の場合は、ほとんどの場合で寮費が無料、光熱費や水道料金なども無料になっています。

テレビや冷蔵庫などの電化製品がそろい、冷暖房設備なども整った環境です。

派遣社員の場合は、寮費や光熱費がすべて無料というわけではありません。

また、期間工の場合は、契約期間が決まっていて、期間が来たら更新することができますが、派遣社員の場合は契約期間が決まっていないので、いつ仕事が打ち切りになるかわかりません。

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味があるなら、期間工は正社員登用の可能性もあることを押さえておく? 

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味をお持ちでしたら、期間工には社員登用のチャンスがあることを理解しておく必要があります。

派遣社員の場合は、派遣会社から工場に派遣されているので、大手自動車メーカーなどに社員として登用されることはありません。

期間工は、大手自動車メーカーの契約社員なので、一定の条件をクリアすれば、正社員登用のチャンスがあります。

例えば、トヨタグループの大手自動車部品メーカー「アイシンAW」は、社員登用実績の高い企業として有名です。

また、トヨタ自動車やスバルなども、期間工から正社員への高い登用実績があります。

株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人に興味があるなら、期間工は離職後すぐに失業保険を受給可能であることを押さえておく? 

期間工と派遣社員では、失業保険の適用に違いがあるのでしょうか?

わかりやすく違いをまとめてみました。

期間工の場合は大手自動車メーカーなどと直接雇用関係を結んでいます。

そのため、大手自動車メーカーの失業保険に入っています。

失業した場合は、ハローワークに離職票を出せば7日間以内に失業保険が給付されます。

しかし、派遣社員は派遣会社の失業保険に入っているため、工場での仕事が打ち切りになったからといって失業保険が給付されるわけではありません。

派遣会社が次の派遣先を紹介すれば、会社都合にならないので、自主退社したことになり、失業保険の給付は3ヶ月先からになってしまいます。

まとめ

今回は、株式会社日本ケイテムの工場内作業の求人をお探しの方へ、派遣社員として働く場合と期間社員として働く場合の違いなどについてまとめてみました。

派遣社員の方が短期間の額面上は良いようですね。

しかし、長期で見た場合は期間工の方が派遣社員よりも収入が上回っているようです。

また、期間工はメーカーに直接雇用されているので、待遇や福利厚生の面でも恵まれています。何よりも、失業保険の適用では派遣社員と期間工とで大きな開きあるようです。

今回の情報を参考にしながらどちらが良いかご検討ください。

 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ