トヨタと日産の期間工を徹底比較!求人上からはわからない点についても解説|バイト・求人探しはcoper

トヨタと日産の期間工を徹底比較!求人上からはわからない点についても解説

更新日:2017/07/20 19:18:56

こんにちは。

今回は質問に答えていくコーナーとなっております。以下が質問内容となります。


以前にトヨタの期間工をしていた者です。
今度は日産の期間工をしようと思っているのですが、トヨタと比べて寮の環境、人間関係などはどのような感じでしょうか?
また、トヨタ時代の寮、工場と日産での寮、工場についての比較等を教えてもらうと嬉しいです。というところです。


とのことです。トヨタと日産の比較についてですね。どちらも大手なので気になる方もおおいのではないでしょうか?

それでは説明していきます。

 

◆トヨタと日産の期間工を徹底比較!


まず、仕事の面についてトヨタと日産というところで大きな違いがあるのが、トヨタは改善を重視するということです。

一方で日産はコミットメントを重視するということです。
期間工は直接そのコミットメントや改善に関わることもあれば、ほぼないとは思うのですけれど、実際に期間工と働くライン工の正社員である方や、その上長など実際に開発に関わっている人は、皆その改善活動もしくは、日産ですとコミットメントに参加していることになります。

これについて解説します。

◇トヨタの改善とは?


期間工の目線からだと余計なことをするもので、トヨタの改善はひたすら乾いた雑巾を絞り抜くという考えの基、改善をしていくというものになります。

例えばあくまで経営目線ですので、各ラインの作業が10%減った、そうしたら10人いた人たちは、今までやっていた仕事が9人でできるようになる。
だから一人減らそう、という形で経営陣からみたら人件費が一人分減るという改善ということになるのですが、それはラインの作業工からみると、同じ時間で今までよりもずっと強い負荷の仕事をし続けなければならないという部分もあります。
多くの改善の中には、現場の作業が楽になる改善も当然あり、効率化という面でも、工夫という面でも役立っていることは確かですが、一部の改善のなかには単純に誰の目線から、経営者の目線、工場の目線なのか、それとも労働者の目線なのか、ある人に有利であってもある人に不利であるという内容の改善もあります。
したがって、それに注意して取り組まないと、いつの間にか大変なことになります。
ただそこに対して、ライン工、期間工には拒否権がありませんので、ひたすら耐え抜かなければなりません。

 

◇日産のコミットメントとは?

一方で、日産のコミットメントはというのは、自分で宣言したチャレンジ目標を、達成することがその人の評価になることです。
そこも、ポジションであるとか、環境であるとかによって、低い目標をコミットメントしている人は達成しやすい、高い目標をコミットメントしている人は達成しづらい、というところで、そこの人事評価という部分については人事が強い弱いというところがありまして、達成した者をより評価しようという会社も中にはありますので日産がそういうところだとは申しませんが、そのような形で社員が評価されるわけです。

というなかでじゃあラインの人にどういう風な影響があるか、期間工にどういう風な影響があるかというと、これもトヨタの改善と名前を変えているだけで同じですね。
効率化を達成するという目標を立てたとします。
その場合どうやって効率をするかという部分については、よい効率化もあれば、現場に大変な効率化もあります。
結局は人が減るということを別の言葉で言い換えているだけなのですけれど、そういう意味では制度は違っていても、何か似たようなことをやっていて、毎回現場に改変になるというところで、現場のことを知っていながら、ひどいことをやる人や、現場のことを知らないからひどいことをする人とかいろいろいますが、期間工はただ耐えるのみです。

◆改めてトヨタと日産の期間工の比較


質問に戻りまして、まず仕事の差というところを述べました。
寮の環境、給料、人事、人間関係、というところですね。
給料は、期間工の応募要項に出ていますので、満了金の上限であるとか、寮の寮費用、光熱費、食費などとか、更新月であるとか、そのあたりを比べれば、だいたいガラス張りになっていますので、そうは変わりません。
結局は二交代制、三交代制でその分で稼ぎます、というところです。
環境ですけれど、トヨタは田原工場がその半島のはしっこにある丘は豊田市周辺に工場が集中していますので、豊田市周辺のものになります。
一方で日産は主要工場が横浜工場、追浜工場というところで、こちらのほう神奈川県の横浜市、小安の近くか横須賀線でいった本当田舎の方、最近は横須賀のほうの端っこのほうの空き屋率も10%を超えるくらい、過疎化とか空き屋が進んでいますので、こちらのほうは、生活コストは安くなりますので、寮に入るならあまり差はないのですけどその代わり、外で借りる分には安くなります。
あとは日産の場合は大都市である横浜が近い一方でトヨタの場合は頑張っても40分名古屋までかかります。
トヨタ市内で満足できるならそれもひとつの手だと思います。追浜のほうでやれた場合は最近横須賀線直通というのもありますが、電車1本とはいえかなり遠くなるでしょう。
といったところで仕事とあとは立地条件というところでした。

人間関係ははっきり申しますと、自動車関係のところはだいたい真面目な人は多いのですけど、その人に気持ちがわからないという方が残念ながら多くて、大変な目になるのはトヨタも日産も同じなので比較する物ではないということです。
真面目な人は真面目ですし、親切な人は親切ですけど、その人に当たったらラッキーですね、くらいに思っていけばいいです。

以上です。ありがとうございました。

***********ブログ著者プロフィール***********

期間工ブログライター:ご意見番さん

元スバル期間工・元トヨタ期間工

30代男性・東京都在住

自動車業界での経験が豊富。

特に期間工業界については専門家として当ブログの記事の監修をお願いしています。

**************************************



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録