coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/18

【都心に住み込み?!】高待遇求人はあるのか?新宿で寮付きの求人を探してみた

 東京で働く。しかも新宿で働く。やはり、渋谷・新宿・池袋といった都市は多くの人にとって憧れなのかもしれません。また、そこに住むというのもある意味で憧れでしょう。しかも、人がたくさんいて企業やお店がたくさんあるので、仕事には困りません。寮付き求人などについても、検索したらすぐに100・200出てきます。しかし、その中で本当に高待遇なのはごく一部です。今回は、そんな新宿の寮付き求人で高待遇な求人について調べてみました。

 

寮付き求人、どんなものがあるの?

 寮付き求人にはどんなものがあるのでしょうか?大きく分けて、工場の肉体労働系や軽作業系、居酒屋やナイトワークなどの接客系、そして警備員関係の3つに分けることが出来ます。これは、新宿だけでなく、東京全体の傾向ですね。あまり神経質にならずに1つずつ見ていきましょう。

 

工場系・接客系・警備員系。この3点の特徴はなんだろう?

それぞれの大まかな特徴について簡単にまとめていきます。

まず、工場系です。

先ほど言った肉体労働系と軽作業系それぞれ、見ていきましょう。肉体労働ですと組み立てや溶接といった多くの人が想像する工場労働、或いは鳶や建築なども少数ですが出てきますね。これらの特徴としてはあまり、学歴に左右されることがないということでしょうか?慣れるまでは大変ですが、慣れればなんとかやっていけるという人が多くいらっしゃいます。

軽作業系は、食品工場や製薬工場などが挙げられ、ライン作業やコツコツと検収したりする作業があります。こちらはそこまで体力を使いません。これら、工場の良い点は残業が多くないということです。また待遇については、経験があればあるほど良いという形になります。未経験だと少し厳しいかもしれませんね。

接客系は皆さんがよく知っている形です。人と接する仕事で、物を売ったりすることになります。この仕事は立っていることが多く意外と体力が必要です。加えて基本的に夜仕事になるので昼夜は間違いなく逆転します。また残業がとても多いことでも知られています。残業代を考えると、給料はそこそこもらえることが多いです。

最後の警備員系の仕事は、施設の警備員ですね。こちらも立ち仕事ではありますが、交代や休憩が多く、拘束時間は長いものの、そこまで体力を使わなくて済みます。しかし、これは仕事自体がかなり不安定で、安定した求人は非常に少ないです。

 

未経験可で、残業がコントロールできて、安定している。そんな求人、新宿にあるのかな?

全てのところをいいとこどり!そんな求人が新宿にあるのか?と言われると確かに難しいかもしれません。例えば、大きな製薬会社の薬品工場なども新宿の中にはいくつも存在します。

こうした大きな会社の工場というのは、比較的安定していて残業については労働基準法をしっかり守っているため安心です。また、大きな工場では仕事は数多くあるので、未経験でも出来る仕事がしっかり出てきます

そういう意味で、いますぐ絶対に新宿に住みたいんだ!という人には、こういった仕事が非常にお勧めでしょう。

 

新宿に住むのは夢。最初の一歩を踏み出したい。

新宿に住む夢を諦めたくない。

でも、新宿行ったは良いけど、働くので精いっぱいで人生輝いていない。

それじゃダメだ。そう考える人もいると思います。そういった自分の夢や自分の人生についてしっかりやっていきたいと思う人にとって、最も重要なのは人生スケジュールを考えることです。

つまり、今は新宿じゃなくてもいいからまずはしっかりお金を貯めたいとか、経験を積んで行きたいとかそういうことですね。

そういう人たちにお勧めなのは期間工です。

期間工とは、期間を決めて大手自動車メーカーの地方の工場などで、住み込みで働く労働者のことを指します。

この求人は、給料や各種手当が厚く、しかも寮付きなので貯金がしやすいというメリットがあります。

加えて、未経験でも大歓迎、しっかり働けば正社員にもなれるといった特徴も持ち合わせています。

仕事のスケジュールも立てやすく、突然残業を言い渡されたりすることもないので、プライベートと仕事をしっかり分けることが出来ます。夢がある人にとっては非常に価値ある仕事になっています。

実際、独立したいとか留学したいといった、お金が必要な夢を持っている人たちがたくさん働いています。

期間工でしっかりとお金を作り、経験を貯めることで、よりいい求人を手に入れるためのステップアップとするというのは、悪い選択肢ではありません。

 

期間工が暮らす寮とは綺麗?

期間工が暮らす寮とは、いったいどのようなところなのでしょうか。ほとんどは、個室タイプで、トイレや浴室、食堂などは共有スペースとなっています。なかには、新宿でワンルームマンションなどを寮として借り上げる「完全個室タイプ」もあります。

住むならプライベートが確保できる完全個室タイプがいいなと思うかもしれません。しかし、この場合、自炊になります。一人暮らしの自炊はお金もかかり、無駄も多くなります。疲れ切って帰ってきたときに、食事を作って、洗い物をして、お風呂を沸かして…というのは、やってみるとかなりハードな毎日です。

その点、寮なら栄養バランスを考えた食事が格安で提供され、お風呂も帰ってきたらすぐには入れますし、お風呂掃除をする必要もありません。

また、最近の寮はとても綺麗です。綺麗でないと、期間工として働く人も集まらないという事情もあります。個室には、冷蔵庫、テレビ、電気ポット、エアコンが完備されている寮も多くなりました。このような快適なプライベート空間なら、疲れて帰ってきてもゆっくり体を休めることができますし、休日は、新宿を満喫しましょう。

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/36/36840f366e84905746513a3517076704_w.jpg

出典:

https://www.photo-ac.com/main/detail/771376?title=%E5%AF%AE&selected_size=s

 

そんな期間工の働き方とは?

 期間工の働き方としては、日勤のみという働き方もありますが、ほとんどはシフト制の交代勤務となります。なぜなら、工場のラインでの仕事は、一旦ラインを止めてしまうと稼働するのに非常に時間とコストがかかってしまうからです。できるだけ24時間稼働させておきたいので、日勤から夜勤になったりする4勤3休といった働き方が期間工としてオーソドックスな働き方になります。これは1週間7日を4日働いて3日休むというシフトになります。

期間工では働き方がシフト制で不規則なため、慣れないうちは少しハードに感じるかもしれません。しかし、ほとんどの人は、ひと月ほどですぐに慣れます。

たとえば、交代制勤務の「連続2交代」といった場合は、金曜日のお昼に仕事を終えて、土日をたっぷり休んでから、月曜日の夕方から出勤といった編成になっています。期間工の休日はシフトによって、必ずしも土日が休みとは限りません。しかし、たっぷりと時間が取れるので、2泊3日の旅行にも余裕をもって行くことができるのではないでしょうか。期間工の働き方は、プライベートも充実させることができます。

  

まとめ

新宿で働いて新宿に住みたい。その思いが強ければ強いほど、いますぐ行きたい!と思うのは当然のことです。しかし、求人を見ればわかるとおり、高待遇の求人というのは枠が狭く、経験やスキルなどを求められることが多いです。そこで、その経験やスキルなどを貯めてその上でもう一度新宿に挑戦する。そういう意味で期間工という選択肢をお勧めしました。急がば回れ。事を成すには、時に回り道をして、土台を作って活動することで、大成することも多くあります。夢への助走としての期間工。ぜひ、考えてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録

広告