coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務をするときの服装ってどんな服装なの?

職場での服装。気を遣うことが多いと思います。学校では制服というものがありました。職場でも制服はある場所もありますが、かなり廃れてきていますね。工場勤務の服装ではどうでしょうか?工場勤務の服装と言えば作業着ですよね。でも、作業着じゃなくて私服で働いても良い場所もあります。逆に作業着よりももっと厳しいところもあります。いったいどんな基準で決められているのでしょうか?

 工場勤務、まずは男性の服装をチェック!

工場勤務の場合、男性の服装は、基本的に作業着が定番になります。これは、動きやすい点や汚れても洗濯しやすい点、さらに安全性なども考慮されており、職種によっては、オリジナルの作業着を提供している工場もあります。また、同じ工場内でも作業工程などによって、作業着が変わるところもあります

 ほとんどの工場の男性の勤務スタイルは、作業着+作業靴で、帽子をかぶる場合もあります。作業着の下は、吸湿性のあるTシャツなどが一般的ですね。靴は、たまにスニーカーOKというところもありますが、足にものを落としたらケガをすることもあります。そうなったら大変なので、「安全靴」と呼ばれるつま先を保護する設計になっている作業靴が一般的です。

 工場で働くときには、時計やアクセサリーを身につけることを禁止している工場が多くあります。これは、作業を妨げる可能性があるのと、安全面からです。気になる茶髪、金髪ですが、職場によってOKかどうかが分かれるところです。大手企業で管理体制がしっかりしていて、身だしなみが細かく指定されているようなところはNGかもしれません。面接などで確認しておきましょう。

 

ルール無視は許されない!期間工で入らないと解らない服装起因の事故

ルール無視は許されない!と聞くと、ものすごく大げさに聞こえるかもしれませんが、実は工場経験者しか分からない、服装に関するルールや、服装ルールを破ったことによる事故が全国でも多発しています。例えば、以下のような事例です。

これは、旋盤といわれる回転している機械に、服が巻き込まれる動画です。こんな事故は、実際に工場で勤務しないと分からないようなことですが、実際に発生しています。期間工として働く職場によっては、作業服を着用するルールが事細かに決められています。例えば、袖口のボタンはきっちり留めるなどというルールです。そのようなルールを守らないからこそ、こんなとんでもない事故が発生するのです。

男性が工場の機械に服が巻き込まれるGIF画像|無料GIF画像検索 GIFMAGAZINE

次は、自分の髪の毛が機械に巻き込まれた事故の一例です。恐らく職場によっては、長髪が禁止されたり、帽子やヘルメットの着用が義務付けられたりする事が多いと思いますが、そんなルールを守らないと、このような事故に合うことになります。

機械に髪が巻き込まれ中国人女性が200針を縫う大ケガ

以上のような事例を見る限り、ルールを知らなかったでは許されない、甚大な事故が工場には潜んでいることがわかります。期間工に決められた職場でのルールは、きちんと守りたいものですね。

 

工場勤務の女性と精密工場勤務職場の女性はおしゃれができる?!

工場勤務では、女性も活躍しています。女性の場合には、男性と違って肉体労働ではなく軽作業になります。職種としては、食品工場や医療機器などの精密機器工場が中心となるでしょう。

 自動車工場など、外からのほこりや外気にあまり影響の出ない製品を作っているところでは、服装は緩やかなところが多くなります。しかし、食品や精密機械を扱っている工場は、外気との接触によって、製品の品質に大きく影響してしまうため、服装に関してはかなりシビアで、厳重な管理が行われています

 たとえば、ほこりが出にくい繊維で作られた白衣、髪の毛が落ちないようにかぶる衛生帽やヘアネット、靴はクリーン加工された指定のものなど、かなり厳しくなります。精密機器を扱うところでは、わずかなほこりでも、品質に支障を及ぼすので、汚れが付きにくく、静電気が起こりにくい特殊な繊維で作られた作業着が支給されます。

 女性の場合は、常におしゃれにも気を遣いたいところですが、工場勤務では、アクセサリーが禁止されているところが多くあります。とくに、食品工場ではネイル禁止、香水は控えるようにというところがほとんどです。

【着替えられるの?!】期間工業務終了後の洋服姿?!

 工場での勤務が終わったら、私服に着替えて帰宅しますね。白衣など、特殊なものは工場外に持ち出しを禁止するところもあります。しかし、普通の作業着の場合、最初は着替えていたけれど、だんだん面倒くさくなって、そのまま帰宅というケースも多くなってくるのではないでしょうか。

 車で通勤している人は、かなりの割合で作業着のままです。大きな工場では、たくさんの人が作業着で電車やバスに乗っています。感覚が「学生の制服」みたいになってしまうんですね。みんなが着ているから、違和感がないのかもしれません。

 それでも、通勤電車やバスの中で作業着のままでは、ちょっと恥ずかしいという場合には、寮で住み込みにしてしまうという方法もあります。ほとんどの工場では、期間工で働く人が多くいるので、その人たちのために寮が完備されています。

 工場に近く、徒歩や自転車で行ける場所にある寮や、離れていても送迎バスがあります。そのため、わざわざ着替えなくても、寮と工場を作業着のまま移動することがほとんどです。寮での生活は、トレーナーなど楽な部屋着ですから、「今日は何を着ていこうか」といった心配もありませんね。

 

【私服で大丈夫!】服装自由な期間工とは?

 工場勤務の期間工では、服装に関してあまり厳しい規定がないところが多いので、それほど気にしなくても大丈夫です。ただし、食品・精密機器などを扱う工場では、厳しい基準を設けているところがあるので、面接のときに詳しく聞いておきましょう。

 期間工は、作業着は会社の方から提供されます。私服でもOKというところもありますが、作業着の方が、汚れを気にすることもないので安心です。また、クリーニングを会社でしてくれるところもあります。

 作業着が支給されることで、服装面での金銭的な出費が無くなり、働くうえで経済的です。さらに、寮に入って住み込みで仕事ができるというのも、期間工の最大のメリットではないでしょうか。というのも、寮費は無料、水道光熱費も無料、送迎のバスも無料というところがほとんどだからです。

 食事も格安でボリュームのあるものが用意されています。仕事で疲れて帰ってきたら、すでに用意されているお風呂に入って、ご飯を食べて、あとはプライベートタイムを楽しむことができますね。

 寮に入っていれば、日常生活での出費はほとんどないといえます。そのため、派手に遊ばなければ、お金はどんどんたまっていきます。期間工は、各種の手当がつくので、一般のサラリーマンよりも高い給料をもらっている人が多くいます。

 3年間、節約しながら満了まで頑張って、満了手当をもらって1000万円以上貯めたという人もいます。貯めたお金で、自分のお店を開くなど、新たな人生のスタートを切る人も少なくありませんよ。

 

期間工を考えている人に。面接で困らない為の服装とは?

ここまで、実際に期間工で働く場合の服装について、細かくご紹介してきました。でも、期間工としての服装を心配する前に、きちんとした服装で面接を受けて、まずは期間工として採用される必要があります。そんな期間工として働きたい人が、面接で困らない為の服装のルールについても、ご紹介します。

期間工の面接には、スーツで行く人や普段着で行く人もいます。しかし、そこは企業の採用面接ですから、面接官の人には不快感を与えないような服装を心がけるようにしたいものです。必ずしもスーツで行く必要はありませんが、俗に言うビジネスカジュアル的な服装は、最低限守りたい服装のマナーです。

全体的には、清潔感ある服装を心がけていれば、問題ありません。まさか、汚れた服で面接に行くような人は居ないと思いますが、期間工として働きたい!という熱意が見て取れるような、きちんとした服装を心がけるようにしましょう。中には、期間工の求人情報の募集要項の中に、面接で着ていくべき服装のアドバイスがあったりするホームページもありますので、是非それらをチェックするようにして、面接に臨みましょう。

  

まとめ

新しい仕事に就くときには、どのような服装をしたらいいのか気になるところですね。工場での勤務は、基本的に作業着になりますが、詳しい規定などは面接で聞くようにしましょう。

 期間工で寮生活をしてしまえば、あまり服装を気にすることはありません。まわりもみな同じ作業着を着ているので、通勤でも普通に作業着です。洋服代がかからないので、とても経済的ですね。

 もし、期間工に興味があるなら、派遣を介しての求人がおすすめです。担当スタッフが、あなたの求める期間工の仕事を有利な待遇で見つけてくれます。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ