coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場の求人なら、正社員より期間工がお得!

工場の正社員求人はとても人気があります。

人気があるので、正社員になりたくても、新卒の採用か、資格や経験のある中途採用がほとんどのようです。

いずれでもない人にとっては厳しい現実です。

ただ、諦める必要はありません。

正社員にはないメリットを兼ね備えた期間工という働き方があるからです。

工場で正社員になりたいけれど、厳しいと感じている方は、思い切って期間工になってみませんか?

ここでは期間工がいかにお得なのか説明しています。

工場求人には正社員のほかに「期間工」があります!

正社員で求人を探している方は、正社員以外の働き方をアルバイトやパートくらいしか知らないんじゃないでしょうか?

期間工が正社員以上の魅力を持っていることをご存じないとすれば、とても残念です。

ですのでここでは期間工のメリットがどのようなものなのかご説明します。

入社祝い金や赴任旅費などの手当が充実

正社員でも手当が厚いところが本当に少なくなってきました。

ましてや新入社員の内からあれこれと手当がつくケースなんて一部の大手くらいしかありません。

しかし期間工ならば採用が決まれば入社祝い金や赴任旅費などが手当としてすぐにつきます。

また勤め続けていると、深夜手当や残業手当、交代勤務手当や皆勤手当など、初月から手当が充実していて、基本給以外のところでかなり稼げます。

寮費が無料のところが多い

家賃が毎月の生活費を苦しめているという方が多いですが、期間工になれば寮費が無料のところがたくさんあります。

無料じゃなくても会社が幾らかの負担をしてくれるので、普通に賃貸マンションを借りるよりもお得です。

手当が充実しているだけでなく、住むところまで無料なんて夢のようですね。

工場求人で稼ぎたいなら正社員より期間工!

正社員の方が生活の安定は求められるでしょう。

ただ安定というのは10年、20年という長い年月で想定した場合です。

ですからもし仮に1年と期間を区切るとすれば、正社員よりも期間工の方が稼げます。

とにかく今稼ぎたいという人ならば、断然期間工を目指すべきです。

正社員になることのメリットとデメリット

正社員のメリットはあくまでも会社に骨を埋める覚悟がある場合に限られるものがほとんどです。昇給もなだらかで、なかなか上がりません。

何年も勤めていて役職に就いたり、資格を長い期間をかけて取得したりすると上がりますが、そこまでになる頃には入社した頃がほとんど思い出せないくらいの時間がたっているでしょう。

手当も住宅手当や家族手当などあるにはありますが、基本給そのものは期間工の方がむしろ多いケースがほとんどです。

生涯を会社で骨を埋める覚悟がなければ正社員になるメリットは余りないです。

期間工になることのメリットとデメリット

期間工のメリットは、給料が良いことです。

基本給だけでなく諸手当が充実しています。また寮費や食事の負担があるのもうれしいですね。

期間工のデメリットは何年も勤めるのには向いていないということです。

また工場が不景気で暇になると真っ先にリストラされる可能性があるなど、決して安定はしていません。

しかし稼げるので、デメリットを補うにあまりあるメリットが期間工にはあります。

期間工から正社員になるにはこれが必須!

期間工から正社員を目指すには、いくつかのポイントがあります。

まず、期間工の特徴をおさらいすると、期間工とは、休まず期間を満了して働くことがとても重要な職種です。

そのため、休まず期間を満了することで、皆勤手当や満了報奨金といった期間工特有のメリットが発生します。

逆に言うと、欠勤してしまうと期間工のメリットは半減するということです。

これは、正社員登用にもそのままあてはまります。

期間工から正社員に昇格するためには、「無遅刻無欠勤」は絶対条件だと思ってください。

ここ数年、期間工から正社員に昇格する人の数が増え続けていますが、それでも狭き門であることには変わりありません。

ですから、「無遅刻無欠勤」は絶対だという心構えで臨んでいただきたいと思います。

次に、正社員登用試験について。

こちらも、正社員登用制度を採用している企業では、一年に一度程度行われています。

だいたい、一年間務めると受験資格が与えられるそうですが、一度目で受かることはなのだとか。

そこで、毎年あきらめずにチャレンジすることが大切です!

とにかく、正社員になるには、まじめに無欠勤の実績をつくり、コツコツと評判を上げて、試験もあきらめずに何度も受けること。

こうしたやる気がとても大切です!

期間工から正社員昇格ありの工場求人!

いくら期間工が稼げるといっても、長期的に見れば正社員になりたいと思うものです。

そう考えればまずは期間工としてしっかりと稼ぎ、何年かした後に正社員になれるような会社が一番ありがたいですね。

期間工からの正社員登用実績多数!トヨタ自動車

トヨタ自動車の期間工求人は満了慰労金や報奨金の累計が35ヶ月勤め続ければ300万円以上になります。

基本給などは別ですから、ありがたい話ですね。

正社員登用制度があり、2016年度の実績が377人ということですから、3年期間工をしてその後正社員になるというはっきりとした目的を持って工場で働くことができます。

デンソーならば地道にやれば正社員になれるかも?

デンソーでは正社員登用制度があり、社内の試験を受ければ期間工から正社員になれる可能性があるようです。

しかしかなり厳しい試験のようですから、簡単に正社員になれるとは思わない方がいいでしょう。

真面目でコツコツとふだんから勉強に取り組める方ならばもしかすると正社員になれるかもしれませんが。

工場の求人探しなら正社員より期間工から!

ここまで読んで、期間工も決して悪いものではないと思いませんでしたか?

手当など正社員に勝る部分もあるので、期間工は十分に魅力的です。

ただ、何が一番の魅力かといえば、正社員よりもはるかになりやすいところでしょう。

正社員のようになるまでが大変ということはなく、最初の面接と健康診断さえ問題なければすぐに働くことができます。

面接もそう難しいものではないので、やる気があって稼ぎたい人には絶対に期間工がおすすめです。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ