横浜の工場で働くなら絶対に選択肢に入れた方がいい日産の期間工求人について解説!|バイト・求人探しはcoper

横浜の工場で働くなら絶対に選択肢に入れた方がいい日産の期間工求人について解説!

更新日:2017/11/01 10:42:02

◇神奈川在住の方必見!横浜の工場なら日産の期間工!

横浜で働こうと考えているのであれば、多くの収入を得ることができる日産の期間工がおすすめです。

今回ご紹介する日産の期間工は、多くの給料が得られるというだけでなく、ほかにも働く上で魅力的なポイントが多くあります。

 実際に働いている方の声など、メリットだけでなくデメリットなんかも詳しくご説明しますので、工場で働きたいと考えている方はぜひご覧になってみてください。

 

◇まずは日産の横浜工場について解説!

 

日産の横浜工場では時給1,200円で働くことができます。

時間外労働で得た給料以外にも、皆勤手当や赴任手当、食事補助などの諸手当が加算されるので、月収は30万円以上にもなります。

契約の満了時には慰労金も受け取れるため、短期間で多くの貯金を作り出すことが可能です。

休日も土日休みの週休2日制が取り入れられており、ゴールデンウィークやお正月、お盆といった長期休暇も確保されているので、肉体的にも精神的にも無理のない仕事をすることができます。

寮についてはテレビや冷蔵庫、冷暖房が完備された1人部屋へ入れます。

加えて寮費、光熱費、水道代が無料であるため、初期費用だけでなく、生活費もおさえて働ける環境です。

また日産の横浜工場には、期間工でも利用可能な社員食堂もあります。

1食150円~299円という格安の料金で食事をとれるので、生活する上での支出はほとんどありません。

さらに、契約期間が最短で6ヶ月であることも魅力の1つとして数えられます。

期間工は体力がいる仕事であり、合う合わないは確実にでてくる問題です。

しかし契約期間が短くゴールがはっきりとしているため、作業に対するモチベーションが保ちやすく、合わないと感じた場合でも期間満了までは頑張ろうと思える仕事です。

日産の横浜工場は、6ヶ月で貯金するという目標を掲げて、挑戦してみても良い職場といえます。

 

◇日産の横浜工場はどこの寮に住むの?

 

期間工として就職した場合に住む寮は、横浜工場から約3kmの位置にある大口寮か工場から約19km離れている戸塚寮かのどちらかになります。

大口寮はコンビニやドラッグストア、スーパーなどが徒歩圏内にある買い物に困らない環境です。

大口駅からも近く、交通の便が良い立地といえます。

寮には食堂があり、朝食は180円、夕食は345円で食事をとることができます。

工場にも食堂があるので、1日を通して食事を準備する時間を省けます。

戸塚寮は近くにスーパーがあるものの、住宅街に囲まれた場所に位置しているので生活するには少し不便な環境です。

駅まで徒歩20分程の距離があるため、車や自転車といった移動手段が欲しいなと感じてしまう立地です。

寮の特徴としては、共同で利用することとなるお風呂に、サウナが付いていることが挙げられます。

サウナ好きの方にとっては仕事終わりに気持ちよく汗を流せる嬉しい設備といえます。

それぞれおすすめの特徴がある寮ですが、共同のトイレだったり共同の洗濯機だったりと、不便に思う部分がないわけではありません。無料で住めるのだからと、ある程度気持ちを割り切って生活することが大切になります。

 

◇横浜工場勤務の人が語る日産について

 

ここでは実際に勤務されている方からインターネットに寄せらた声を基に、日産の横浜工場の実態についてご説明します。

まずはじめに、もっとも気になる給料についての情報です。

寄せられていた口コミには、平均して30万円ほどの給料を受け取ることができていると書かれています。

いろいろな手当てがついての給料であるため、残業時間もほどほどであり、無理なく稼ぐことができるようです。

給料についての追加情報としては、加工の部署がもっとも稼げる場所だといいます。

平均的な給料に7~8万円程プラスした額をもらえるとのこで、繁忙期には40万円を超えることもあるそうです。

多くのお金を稼ぐことを目標にしている方にとっては、うってつけの部署ではないでしょうか。

次に気になった情報は、寮から工場までの通勤時間についてです。

大口寮も戸塚寮も通勤には適さない位置にある、との意見が寄せられています。

徒歩やバス、電車などをつかって30分であったり1時間であったりする通勤時間は、仕事を続ける上でストレスになるようです。 

都心に近いことがある程度の救いになっているようですが、日産の横浜工場で働こうと考えられている方は、そういった通勤の状況を踏まえて検討しましょう。

 

◇日産の横浜工場で働くには?また正社員登用はある?

 

日産の横浜工場で働くためには、面接審査を通過する必要があります。

面接は新子安駅から徒歩7分の位置にある『日産ウェルフェア』という会場で、9時~15時の時間帯に行われます。

 面接会の日程については、HPに記載されている求人に予定が載せられていますが、募集人員に達し次第終了、または予告なしの中止・変更といった条件付きのものです。

面接日に予定されている日付は多いですが、日産の横浜工場で働こうと考えるならば早めに面接を受けた方が良いといえます。

面接日には写真付きの履歴書と筆記用具が必要になりますので、前もって準備するようにしてください。

服装についての指定はありませんが、スーツを着ていくのが無難です。面接で落とされるということもあるため、軽い印象になってしまう私服は避けましょう。

無事に面接を通過した場合、次に気になるのは正社員への登用制度があるかどうかですが、残念ながら日産の横浜工場では正社員への登用制度は設けられていません。

しかし、正社員への登用が全くないというわけでもなく、採用された方のなかから1~2%の方が正社員へと登用されているのがその実態です。

1度に100~200名の方が採用される募集において、正社員へ登用されることは狭き門といえるものですが、日産という大手企業に就職できるかもしれないということを考えれば、その望みにかけてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

◇まとめ

 

月に40万円を稼ぐことも可能な日産の横浜工場は、短期間でまとまったお金を作りたい方にとって適した職場といえます。

寮から会社までの通勤時間がストレスになるなどのデメリットはありますが、月40万円という数字はデメリットを考えてなお応募するに足る求人といえるものです。

最長で2年11ヶ月、最短で6ヶ月という期間を貯金する期間と割り切り、それぞれがもつ目標のため、日産の横浜工場で仕事をしてみてはいかがでしょうか。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録