coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/15

工場のライン作業で安定した仕事を!正社員になるためのルート

なかなか景気の良くならないこのご時世、安定した仕事を得ようと考える人は多いと思います。

それでも求人を見ると経験者優遇やスキル保持者優遇といった形で、良い待遇を求めるとなかなかいい結果に結びつきませんよね。

しかし、そんな中でも、未経験でも特殊なスキルを持ってなくても、良い待遇を得られる求人はあります。

それが期間工です。

そして、この期間工は、期間を決めてしっかりと安定して働けるというだけではなく、ここから正社員になることも十分に可能なのです。

工場作業員で期間採用と聞くと、労働時間も長く、仕事もキツイのではないかというイメージがありますね。

しかし実際は、決められた時間で勤務し、同じチーム内で作業を助け合い、清潔な住む場所まで提供してもらえる職業です。

いきなりは無理ですが、一定期間務め、試験に受かれば工場労働者から大企業の正社員への道も用意されています。

期間工や、意外と身近にある正社員登用について調べましたのでこれから順に見て行きましょう。

◇期間工として工場で働くメリットとは?

生産工場のライン作業に就くというと、自分のせいでライン作業に遅れを発生させてしまわないかという不安があるかと思います。

たいていの部署では、作業はチーム制で行われていて、遅れている工程は先輩やベテランの仲間ががフォローに回ってくれます。

作業内容も、パーツの組み立てや組み付け、塗装などを分担し、同じ作業を繰り返すので、最初は時間のかかっていた作業も日増しに作業速度は上がり、遅れることもなくなってくるので心配はありません。

給与は契約期間でもらえる手当に差が出たりもしますが、月換算すると30万台から多い人だと50万近くになる場合もあります。

さらに寮の費用や光熱費が無料なのに加えて、寮にも工場にも社員食堂があり、勤務先によっては食事費用の補助まであります。

もらえる額だけでなく、暮らしに必要な出費が抑えられ、しっかりと貯蓄ができるのも期間工の魅力ではないでしょうか。

◇工場で働いて正社員にホントになれる?

工場ライン作業の募集要項に、正社員登用制度ありと書かれている企業はたくさんあります。

ですが本当に工場の期間工から正社員になれるだろうかという不安はあるのではないでしょうか。

2017年6月現在のトヨタ自動車の期間工募集のホームページには、2016年年度の正社員登用実績377名と明記されています。

マツダ自動車も過去5年実績641名、スバルは794名(期間不明)など、各メーカーともに採用実績を載せています。

2008年のリーマンショック以降、正社員登用は難しかった時期が続きましたが、ここ数年は景気の向上とともに正社員への道が開けてきているようです。

大企業の工場ラインの期間工なんかと諦めずに、欠勤なく決められた仕事もこなし、効率が上がるように意識して作業に取り組めば、現場の上司はちゃんと見てくれていると思います。

そこで正社員採用希望の手をあげれば、まぐれではなく、むしろ登用の可能性は高いのではないかと思います。

◇正社員になる前に非正規で!非正規の待遇って悪いの?

期間工は非正規社員の工場勤務というということで、待遇や職場環境が悪いのではないかと思われがちです。

実際のところは、労働時間はしっかり管理され、毎日シフトに沿った勤務のようですね。

もちろん残業はありますが、時間管理され、やった分は給料に跳ね返ってきます。

住むところに関しては、寮費無料、光熱費無料はどこの企業の募集でも当たり前となっています。

無料の寮ですが、昔のように一部屋に何名も住まわされることもなく個室。

正社員と同じ建物の社員寮に入居することもあり、綺麗な部屋が多くなっているようです。

休日も決められた分はちゃんと休むことができ、給与も30万から、部署によっては、50万以上の人もいるので他の職種と比べてもかなり条件は良いと思います。

工場でのライン作業員として真面目に、意欲を持って仕事に取り組めば、正社員への可能性は十分あります。

むしろ中途採用の試験をいきなり受けるよりは期間工を経験した方が有利ではないでしょうか。

◇応募方法は?面接は大変??

期間工として働く方法はそれほど難しくはありません。

応募自体は例えば自動車メーカーなどの募集に直接応募してもいいですし、派遣会社の紹介制度を利用してもいいと思います。

どちらの窓口も採用までの手順は同じです。

書類提出と面接がありますが、あまり高度な内容の質問をされる事はないようです。

期間内しっかり務めるという意気込みと仕事に対するやる気のアピールができればまず問題ないでしょう。

派遣会社から紹介で入社すると、作業内容や雇用条件は同じなのに、派遣会社から入社祝い金など特別手当がもらえたりしますので、よく調べて活用しましょう。

直接雇用にはない特別手当で最大30万も支給している派遣会社もありますので。

面接で落とされる可能性のある人は刺青のある人や、不健康なほど太っている人、消費者金融などに借り入れのある人など。

健康面や、職場での様々なトラブルを避けたいという思惑があるようですね。

【まとめ】

自動車メーカーなどの大企業の工場で、期間採用のライン作業員として働く期間工という仕事。

さらに期間工の先にある正社員登用という希望について調べてみました。

正社員の可能性は特別なものではなく、真面目に勤務し、やる気さえあれば誰にでもチャンスはあります。

大手メーカーの期間工は正社員登用への希望もあるだけでなく、給与面の待遇は十分良い方ですし、生活環境についても申し分のない待遇の職業ではないのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録