【応募する前に熟読すべき!】期間工を支える失業保険とは?|バイト・求人探しはcoper

【応募する前に熟読すべき!】期間工を支える失業保険とは?

更新日:2017/11/01 12:10:21

[:contents]

期間工(きかんこう)とは、自動車工場や電子部品製造工場などで勤務する契約社員のことを指し示すことが多いです。

1980年代の頃には、農閑期の農業従事者が仕事がないので、出稼ぎとして従事することが多いので、安い費用で働いていたことが多かったです。

その後、就職できないフリーターや日本に来たものの就職できない日系ブラジル人などの外国人労働者の割合がだんだんと増えていきました。

2000年以降になると、様々な法令の改正がなされ、間接的に雇うことになる人材派遣業による派遣が活発化していき、2010年代に入ると、自動車業界に変化が起きました。

リーマン・ショック後の第2次安倍内閣のアベノミクス(三本の矢)の影響が、大きく出るようになったため自動車会社では、需要に応えるための生産拡大と設備投資による生産力増強が必須のこととなり、期間工の募集は増加の傾向を示すようになりました。

そして、期間工の仕事が知られるようになり、また想像以上に待遇が良いので、若者達に大変知れ渡るようになりました。

その流れで失業保険の関係も良く知られるようになったということです。

というのは、家電や寝具を含めて住居が、寮とかの使用で、ほぼ無料で使えるといった破格の待遇と、満了金(雇用期間満了毎に支給されるもの。一般的なボーナスに近い)などを加算すると、同年代の人たちよりも、短期では収入が高いということもあり、募集するとすぐに応募が集まるというのが、今の期間工の採用状況であります。

半年勤め上げたら、会社都合で失職しても失業保険がもらえるので人気の一つになっています。

~期間工 半年 失業保険で、知られる期間工の実際の業務とは。~

期間工の業務は、現在の日本では自動車業界が大半を占めています。

したがってその実際の仕事となると、自動車業界の製造工程の一端を担うというのが基本の形になります。

また、待遇面で非常に厚遇されると言えるでしょう。

失業保険は一年以上働かないと貰えないのですが、期間工で契約満了だと自己都合ではなく会社都合になるのであれば6ヶ月以上でも受け取れるのです。

所謂「期間工 半年 失業保険」の関係で知られている事柄になります。

ラインの変更で突然1年契約が半年で打ち切られるということは実際にあるので、なかなかありがたい仕組みになっています。

自己都合だと1年以上にはなります。

さて、実際の業務ということになると、二輪、四輪、汎用製品の部品製造から完成車として市場に送り出すまでの過程で働くことになります。

多くの自動車メ-カ-では、最初の方ではプレス、そして溶接、完成車組立、ラインが流れてエンジン組立や機械加工という生産ラインを取っています。

例えば溶接であれば、型に運びこまれた金属部品をはめこんでそれを溶接するというのが分担業務になります。

ただ溶接に関しては自動機がきちんとつけてくれるので、溶接作業のスイッチボタンをポチッと押すと機械がシ-ケンスに従って金属と金属を合わせてくれるのです。

その最初のセッティングがずれていると、溶接がうまくできないので、ライン担当者は都度,微妙な配置をするのです。

乱暴な言い方をすると、部品を運ぶ、はめる、ボタンを押すをずっと繰り返すことになります。

それで終わりです。

作業は比較的単調であるが、修業を積んだ職人的な技術は要求されないので、少しOJTを受けると出来るようにはなります。一人前になるのに、半年は必要ないです。

それでいて、1年勤めたら失業保険適用対象になるのは、すばらしいことだと言えるでしょう。

~期間工のメリットとデメリット~

メリットは、一番は経済的なことになるかと思います。

というのは、自動車関連企業大手であることが多く、寮や食堂が完備されていることが多く、生活のために使ってしまうお金は自然と少なくなります。

そうなると、貯金がしやすい。

一年で100万円貯めることもものすごく珍しいことではありません。

それに、正社員ではないので責任という概念でつぶされるということは有りません。

確かに、最初は長い単純作業で疲れることも多いですが、上司から毎朝ノルマの未達成に対して説教を聞かされるということも有りません。

また、自動車企業は大手なので、「〇〇のラインで働いていました」というのは、期間工満了後の就活を開始した時に、大変有効なセ-ルスポイントにもなるのです。

逆にデメリットということになると、配属先を選べないということになるでしょう。

正社員でもあまり自由はきかないですが、期間工の場合、どこに配属になるかは全く分からないし、自分に合わなくても他のところに変えてもらうということはほとんどなされません。

だから、厳しい職場にたまたま配属になってしまったら、そうでない職場になったものよりは不運だということになる場合もあります。

ただ1年以上働かないと失業保険は使えないので、半年あたりでやめるのは勿体ない!満了までは働かないともったいないですね。

~期間工を、正社員はどう見るか。~

自動車会社正社員からは、期間工はどのように見えているかを知っておくと接し方とか、仕事の進め方で困らなくて良いと思われます。

基本的にラインは一つのチ-ムで、成果を力を合わせて出していくようになっています。

一方ラインは、最初の工程、半ばの工程、後半の工程、そして最後の工程になっていることが多いです。

そのどれもが難易度が同じかというと、そうではなく、難しいところもあれば、それほどでもないというところも混在しています。

その為、ラインリ-ダ-は、難しいところはベテランで失敗の少ない優秀な社員を配置します。

期間工は、過去の経験がないのですから、難易度の低いところに配置されることが多いです。

特に最初は必ずそうです。

だから、仕事がきついというのは、慣れていないからが多く。

むつかしい仕事だからということはあまりありません。

正社員達は、ラインの生産性が落ちると、上から叱られるから、一生懸命に期間工に仕事を教えてくれます。

彼らにすると、期間工には一日でも、早く一人前になってほしいと思っていますし、怒鳴りつけても、結局遠回りになることは良く知っているので理不尽なことはほとんど言わないように変わってきています。

まとめ

期間工は正社員ではなく決まった期間のみ働くという特別な働き方です。

そのためすぐに失業保険を受け取れることはできませんが1年たてば仕事にも慣れ、貯金もしっかりでき失業保険もうけとれる。最高の働き方です。

仕事は2週間くらいで覚えて、半年と言わず1年間はしっかりと契約通り勤め上げて、そのうえで失業保険を受け取るというのがベストな働き方でしょう。

ぜひ一生懸命期間工として働きながら失業保険をてにいれましょう!



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録