【事務?イベント?コールセンター派遣?】高収入を求めるなら工場の『期間工』一択であるワケ|バイト・求人探しはcoper

【事務?イベント?コールセンター派遣?】高収入を求めるなら工場の『期間工』一択であるワケ

更新日:2017/10/31 18:16:49

高収入で、働ける仕事をしたい!そう思っている人は少なくないはずです。

しかし高収入の派遣では薬剤師や看護、コールセンターなど何かしらの資格やスキルが求められることが多い事が現状です。

資格もスキルも必要なく、未経験でもしっかり稼げる仕事。

できれば寮に住み込みができたり長期の契約にも対応できる仕事......それが期間工です!

工場で勤務をする期間工がどのようなものか、何故最も収入を得ることが出来るのかを紹介します。  

 

高収入、住み込みも可能な期間工とは

期間工(期間従業員)とは、主に自動車の製造工場や機械部品の製造工場などに勤務する働く期間が決められている契約社員のことを言います。

主に、工場の製造が忙しくなる時期に募集が多くなりますが、一年中募集している工場もあります。

期間工を募集している大手の自動車の製造工場や機械部品の製造工場では、寮や食堂が完備されていることがほとんどです。

なので、寮に住み込みで生活しながら仕事をすることができます。

寮に住み込みで仕事をするのであれば、寮と職場が近いことがほとんどなので、通勤にほとんど時間を取られることがありませんので、快適な生活を送れますね。

期間工の主な仕事の内容は自動車や機械部品の製造ラインでの仕事がメインになります。

よく、「期間工の仕事はつらい…」というのを聞きますが、確かに慣れるまでは少し大変かもしれません。

ですが、期間工の仕事はそれほど複雑で高い技術力が問われるような仕事を任されるわけではありません。

ただ、ミスをして作業が遅れてしまうとラインが止まってしまうため、他の作業をしている人に迷惑をかけてしまう可能性があるので、慣れるまでは焦ってしまう人もいるようです。

最初のうちは疲れてしまうかもしれませんが、大体の人がすぐに仕事に慣れます。

慣れてしまえば、ミスをすることもなく、焦ってしまうこともなく、仕事をこなしていける思います。

また、仕事が終われば自由な時間もあるので、自分の好きなことをしたり、体をゆっくり休めることができます。  

 

高収入なら派遣より工場で期間工!

「期間工」は日雇いのアルバイトなどと異なり、一定の期間のなかで企業と直接契約して雇用関係を結ぶ働き方のことです。

自動車系のメーカーなど製造系の工場で、自分が担当する生産ラインの一部を管理するということがメインの仕事になります。

期間工の仕事は就職するにあたってそれほどハードルは高くありません。

未経験や高齢の方でも工場に採用されたという話もよく聞きます。

もちろん経験者はより優遇されますが、これまで経験がなくても期間工になれないわけではありません。

既存の職員から指導を受けられることも多いので、スキルがあまりなくても安心かと思います。

採用にあたっては面接や健康診断もありますが、普通に受け答えをして、日常生活が送れる程度に健康であれば問題ないようです。

派遣会社などを仲介しないでよいこともあり、報酬面はとても良いです。

未経験でも始められる仕事としてはかなり破格だと思います。短期間でしっかりと稼ぐことも目指せるために仕事もプライベートも充実させられます。

 

 

なぜ期間工は稼げる?一般的な高収入な派遣との違い

なぜ期間工が稼げるのかというと、時給や日給が高いだけではないからです。

期間工の基本給は企業にもよりますが、大体日給9000円〜11000円程度が相場です。

ですが、ほとんどの企業が昼夜交代勤務の2交代制度、または3交代制度になっているため夜勤があります。

そのため、夜勤勤務をすれば夜勤手当がもらえますし、残業をすれば残業手当がもらえます。

この2つがもらえるため、期間工では短期間でたくさんのお金を稼ぐことができます。

なので、期間工として勤務する企業を選ぶ場合に気をつけるべきなのは、夜勤勤務や残業がどのくらいあるかです。

応募する前に事前に電話などで確認することをおすすめします。

また、期間工では満了金という制度を採用している企業があります。

これは、慰労金とよばれることもあり、基本的には契約期間満了まで働けば必ずもらえます。  

満了金には、満了慰労金と満了報奨金という2種類があります。

それぞれの説明をすると、満了慰労金とは、契約期間を満了まで働いた人に契約期間に応じて出勤日数分のお金を支給するものです。

わかりやすく言うと、「日額×出勤日数」のお金が契約期間の満了時に支給されます。

満了報奨金とは、契約期間満了まで働いた人に出勤状況に応じて支給されるものです。

1か月間で遅刻や早退、欠勤がなかった場合に「日額×出勤日数」分のお金が支給されます。

日額は企業や契約期間によって異なりますが、この満了金制度も期間工が稼げる理由の1つです。

そして、期間工は待遇においても高収入な派遣の仕事よりも優れている部分があります。

期間工は、派遣会社に派遣されるのではなく、会社に「雇用」される形になります。

派遣である場合は「請負」という形になるため、前もって契約していれば期間内の中途解約をしても問題なく、社会保障もつきません。

ですが、期間工は「雇用」という形になるので、期間工を途中で切る場合は社会保障がつきます。  

これはとても大きなメリットです。  

 

派遣会社の紹介で期間工になると手当がっぽり?!

期間工の報酬は他のお仕事と比べてもかなり高めです。

そんな期間工の求人ですが、今ではネット上に様々な情報もあるため簡単に探すことができます。

しかしできれば派遣会社の紹介のもと応募することをオススメします。

製造系のメーカーの求人を中心に、期間工の求人などを専門に扱う派遣会社もあります。

そこでの紹介を受けることで面接をして、採用されると入社祝い金などの手当てを受け取れる可能性があります。

自力で応募してしまうと特に何もないので、それを考えるとかなりお得だと思います。

また派遣会社は企業の様々な情報をもっているために、より自分に合った企業を提案してもらうこともできます。

その情報は働く場所を決めるときや、面接の際にも役立つと思います。

派遣会社は基本的には無料で登録して利用することができるため、とても便利です。

ぜひ活用してみてください!

 

働き方改革の今だからこそ期間工という選択肢

期間工はとても稼ぎやすい仕事です。

短期間で驚くほど稼ぐ方もいらっしゃいます。そのくらい報酬は高いです。

月収なども高いですが、そこに様々な手当が付きます。内容は働く企業によりますが、入社祝い金や継続勤務ボーナス、満了慰労金など様々なボーナスがでます。

夜勤や残業で働く場合にはその手当てもつき、赴任手当や食事手当などがあるとその合計はかなりの額になります。

確かに体力的には別の仕事よりも大変な面もありますが、収入の良さは少なからぬ魅力です。

また住み込みの寮を利用できることも多いため、支出もかなり抑えることができます。

契約期限の決められている仕事なので、人によっては不安定だと批判的な声もあるかもしれませんが、働き方が多様になっているいまの時代だからこそ「期間工」をやるという選択肢も良いと思います。

期間工で働かれている方には、短期間でがっつりと稼いだお金を元手にFXや仮想通貨、株をはじめてさらに稼いだり、起業の資金にあてるなど賢く利用している方もいらっしゃいます。

期間工として長く働いていて、そのなかで貯めたお金を使って家族を養いながら裕福に暮らしていらっしゃる方もいます。

未経験であってもスタートできる仕事としてはかなり日給もよいので、割り切って働くのもよいです。

確かに正社員ではありませんが、働き方として決して劣るものではないと思います。

また期間工の仕事は企業によっては正社員登用制度があるところもあるので、真面目に働いていると正社員になれる可能性もあります。

この点も期間工の魅力です。

期間工の仕事も稼ぐことはできますが、正社員になればもっと安定的に収入を得ることができます。

長く働くことを考えるとやはり「正社員」になれる可能性があるということは大きな魅力だと思います。

期間工は就職にあたっての条件がそこまで厳しくないので、稼ぎつつも大手の企業の正社員になることを視野に入れることができます。

このように様々なメリットがあることから期間工の仕事を働き方の一つとして考えると幅が広がるかもしれません。

 

期間工と派遣の時給はどれほど異なる?

期間工は最大で3ヶ月で122万円稼ぐことができますと謳っているところなどもあり、その月収は一般の派遣の仕事よりもかなり高いです。

派遣社員の平均月収は業界やスキルや地域によってばらつきはありますが、約27万円と言われています。

(参考:平均年収.jp:http://heikinnenshu.jp/tokushu/haken.html

期間工の場合は入社祝い金や満了慰労金など各種手当を含めてですが、月に平均して40万円以上稼げるとも考えられます。

時給に換算しても(ひと月に23日、毎日8時間働いたとする場合)派遣の場合は時給約1467円ですが、期間工の場合は約2210円とコストパフォーマンスはとても高いです。

これだけ高収入が見込める期間工ではありますが、そこまで危険でキツすぎる仕事というわけではありません。

一定の期間しっかりと働いてくれる期間工は雇う企業側としても貴重な存在のため、これほど報酬が高くなります。

短期間でしっかりと稼ごうとするなら、期間工はとてもよい働き方だと思います。

 

期間工の特徴でもある寮のいいところ!

期間工として働くメリットとして報酬面がよいことに加えて、住み込みの寮を使うことができるという点はとても大きいです。

期間工を募集している企業は自動車メーカーなど大手の企業が多く、働かれる方もとても多いためほとんどの場合無料で寮を使うことができます。光熱費やガス代もただで、安く食堂を利用できるところもあります。

冷蔵庫やエアコンなど生活に必要な家電はだいたい揃っているので、生活に不自由はしません。

必ずしも1人部屋ではないかもしれませんが、個人のスペースもあるのでプライベートな時間も確保できます。

寮とは思えないほど好待遇な住まいもあります。

期間工として長く勤めるのであれば、そこの住環境もとても大事ですが期間工であればその心配も少なそうです。

これだけ報酬が高く、住み込みの寮があるにも関わらず未経験でも始めやすい仕事はなかなかないと思います。

条件が合えばとても良い仕事なので、ぜひ検討してみてください。

 

まとめ

期間工という仕事について紹介してきましたがどうでしょうか。

確かに期間工の仕事内容は単調でしょうし、慣れるまでは大変かもしれません。

ですが、派遣との待遇の違いや、満了金制度、深夜勤務手当と残業手当、寮に住み込みで仕事ができる、など様々な面において期間工として働くメリットがたくさんあります。

現在高収入の仕事をお探しなのであれば、高収入の派遣で働くよりも、工場で『期間工』として働いてみてはいかがでしょうか。    



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録