【例文集】工場の履歴書の志望動機例文集〜一般系から正社員、派遣、バイトまで|バイト・求人探しはcoper

【例文集】工場の履歴書の志望動機例文集〜一般系から正社員、派遣、バイトまで

更新日:2017/11/02 14:09:44

仕事の応募をする場合、必ず用意しなければいけないのが履歴書です。工場の仕事に応募する場合の履歴書も、応募する雇用形態が正社員か派遣かバイトかによっても変わってきます。

また、事務などの一般系職種や、製造現場で働いている技能系職種かによっても書き方や重視しなければいけないポイントは変わってきます。

理由としては、雇用形態や職種によって求められる要素が変わりますので、面接担当者が求める要素をアピール出来るかで印象アップにもつながります。

実際に工場に応募する履歴書を書く場合に、志望動機などどういう風に書いたら良いのか、具体的な例文集を交えて解説いたします。

 

工場へ応募する際の履歴書の基本的な志望動機の書き方・考え方

仕事に応募する場合に、必ず書類選考や面接があります。そして書類選考の場合には、事前に履歴書を用意しなければいけません。

特に工場の仕事の応募で履歴書を作成する場合、志望動機が特に重視されます。

なぜなら、工場の仕事の採用において、面接担当者は過去の職歴や資格よりも、やる気や応募者の人柄を重視する傾向があります。

そのため、工場の仕事の中でも、期間工のように決められた期間を働く仕事の募集の場合、まじめに仕事に従事出来る人物か?期間を満了出来るか?ということを志望動機で判断されます。

そのため、工場へ応募する際は、履歴書の志望動機で募集の職種に対するやる気とまじめさをアピールすることで、採用率のアップにつながります。

 

工場へ応募する際の履歴書で広く使える一般的な志望動機例文集

最近では、工場の期間工で働いたことがある人たちの体験談をネットで数多く目にします。中には、実際に期間工の募集に応募して、合格した人の履歴書の志望動機を公開している人もいます。

ここでは、実際に工場の募集に応募した、合格者の志望動機の書き方の事例をもとに、工場の応募の履歴書で使える志望動機の書き方について解説していきます。

「工場における生産作業に興味があり、また、自宅から近く通勤が容易なため、時間を活用できると考え、志望致しました」

参照:教えて!goo

この方の場合、まず初めになぜ工場の仕事に応募したのかという理由として、「工場における生産作業に興味がある」ということを伝えています。

工場の仕事はそこまで難しい仕事ではありませんが、黙々とした作業となるため向き不向きが分かれます。そのため、応募理由があいまいな人は、仕事が長続きしないかもしれないと見られかねません。

そこで、この方のように具体的に興味を持った理由や、通勤面で魅力を感じたということを志望動機として書いた方が、あいまいな応募理由の人より、面接担当者の印象が上がります。

理由は近いから、1時間でも多く働きたいから応募させていただきました!!!

参照:教えて!goo

職場が遠い人よりは近い方が長続きする印象を与えられますし、実際に通勤時間で仕事を選ぶ人も少なくありません。

しかも、この方はただ近いから選んだというわけではなく、工場で働きたいという意欲が文面に表れていますので、難しいことを書くよりもシンプルでもやる気が伝わります。

 

工場が求めている人物像って、どんな人?

履歴書を書く時には、誰もが少しでも自分の良いところをアピールしようとするものです。

しかし、採用を決定する人事担当者は、どれだけの長所を書き並べても、その人が今の自分の会社にとって、必要か必要でないかを瞬時に判断できると言います。

それは、企業側が求める人物像がはっきりとしているからです。

そして、一度、採用したからには、少しでも長い期間、仕事を続けて欲しいと思っているからです。

工場にも様々な作業がありますが、一番求められているのが、オンライン作業に従事できる人でしょう。

オンライン作業は長時間、単調作業を行うことで、集中力と丁寧さ、また責任感が強く、精神的にタフな人が向いています。

また、数人でチームを組み、一つの製品を完成させるので、協調性も大切でしょう。

同時に時間管理をできる努力を惜しまない気持ちが必要です。

人事担当者は、履歴書一枚から、その人物像を探し出す専門家です。

志望動機に、自社の会社の製品についての感想や、仕事の条件に対する考え、自分の性格などを几帳面に、かつ客観的に見れているかどうかが大きなポイントとなるのです。

 

正社員の工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

同じ工場の仕事の応募でも、雇用形態がバイトか正社員で、履歴書の書き方は変わってきます。それは、面接担当者の採用時に求めるレベルが、バイトか正社員で大きく異なるからです。

言うまでもなく、正社員であれば会社側は長く働いける人材を採用したいという思いがありますし、会社で活躍する優秀で真面目な人材を採用したいという思いもあります。そのため、正社員希望者は、バイトや契約社員よりも人物面や仕事に対する意欲などを厳しく見られてしまいます。

それらを書類選考や面接という短い時間で判断するのに、履歴書の志望動機欄に書かれた内容は特に大きく影響してきます。そのため、正社員の工場へ応募する際は、履歴書の志望動機は簡潔に、自分の応募意欲や真面目さをアピールする必要があります。

『お客様の手元に安心・安全な商品をお届けするという役割の一端を担いたいと思い志望致しました。』

参照:Yahoo!知恵袋

この方は、正社員の募集に応募するため、バイトや期間工の募集では許されるような「条件面で応募しました」ということは一切書かず「会社が世の中で貢献したい役割に対し共感し、自分もそういう仕事をしてみたい」という気持ちが文面から現れています。

正社員募集の場合、会社のビジョンや業界に将来性を感じ、その仕事を自分もやってみたいという気持ちを伝えることが重要になります。

 

派遣での工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

派遣で工場の仕事に応募する場合、まずは派遣会社に登録に行ってから仕事を紹介してもらいます。今回は派遣で実際に工場のお仕事に合格した方の事例をもとに、応募する際の履歴書の志望動機について解説いたします。

最初に勤めた工場は新幹線やバスなどに使用するアルミ部品を製造するところでした。どこかの求人サイトから応募したことがきっかけで「テクノサービス登録」→「数日後担当となる営業マンと現地集合」→「顔合わせと工場見学」→「数日後就業スタート」とあっという間に仕事が決まってしまいました。

参照:未経験から始める!派遣体験記

実際に派遣から工場の仕事への応募で採用された方の体験談を見ても分かる通り、派遣会社の場合、まず最初に派遣会社に登録する際に派遣会社に履歴書を提出します。そして実際の就業先である工場には、履歴書を提出しないことがほとんどです。

そのため、派遣会社が採用し工場に紹介されれば、ほぼ派遣会社の信用で合格するというケースも存在します。つまり、派遣で応募する場合には、工場向けの志望動機というよりも、派遣会社のコーディネーター、または営業担当者に向けた志望理由のアピールとなります。

派遣会社の営業マンは、営業なので当然売り上げ目標があります。そのため、あまり人柄等を選びすぎて派遣社員を紹介出来ないと毎月の売り上げ目標に影響が出ますので、ある程度の部分は大目に見て採用してくれる可能性があります。

工場に提案する際に、派遣社員として落とされる要素があった場合であっても、面接時や事前の打ち合わせで派遣営業マンがフォローしてくれる場合もありますので、直接雇用で落とされて派遣で受かって働いている人も、会社によっては存在します。

 

バイトでの工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

工場の仕事で応募する際に、正社員かバイトか派遣社員かで、履歴書の志望動機の書き方は変わってきます。

バイトの場合、正社員よりは履歴書に書かれている内容を厳しく見られませんが、それでも派遣社員と違って直接雇用となりますので、きちんと面接担当者が履歴書の志望動機をチェックします。

ここでは、実際にバイトの面接で合格した人たちの履歴書の志望動機例をもとに解説いたします。

「御社の提示されている条件が自分の希望する条件と合い、自宅からの近い事もあり、長く勤められると思い志望しました。また、こつこつと作業するのが得意なため、力を発揮できると思い志望致しました。」

参照:Yahoo!知恵袋

バイトの志望動機であれば「なぜ応募しようと思ったのか?」「どういうところに魅力を感じたのか?」ということが書いてあれば問題無いと思いますが、この方の場合、以下のように志望動機をアピールしています。

この書き方を参考に「なぜ応募しようと思ったのか?」「どういうところに魅力を感じたのか?」を志望動機にまとめましょう。

  • なぜ応募しようと思ったのか?
    ⇒条件が自分の希望する条件と合っている
  • どういうところに魅力を感じたのか?
    ⇒自宅からの近い事もあり、長く勤められると思った
    ⇒こつこつと作業するのが得意なため、力を発揮できると思った
期間工は、逆に志望動機は「お金の為」と言った方がいいです。
お金の為の方が必死に働くし、残業もしますから。

参照:Yahoo!知恵袋

こちらも「なぜ応募しようと思ったのか?」「どういうところに魅力を感じたのか?」が給与面で条件が合っていたということで志望動機としています。

バイトの履歴書の志望動機であれば、この内容でも問題はありませんが「お金の為」という短い文章では、面接担当者によっては不採用となりますので、「給与面等、募集で拝見した条件が探していたお仕事の条件に合っていた」位、丁寧に書くことをオススメします。

 

未経験の工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

未経験で工場の仕事に応募する場合、志望動機の欄にはどういったことをアピールすると良いのでしょうか?

一口に未経験と言っても、まったく似たような仕事の経験が無い場合と、工場での仕事の経験はあるものの、募集する工場の仕事内容や、製造している工場のタイプは未経験という場合もあります。

募集内容に実務経験や資格が必須項目で記載されていれば、未経験では応募出来なかったり、採用されない可能性はありますが、特に募集の必須条件に経験や資格の記載がなかったり、未経験歓迎の記載があれば、工場未経験でも合格可能です。

ここでは、工場で働くことが未経験の方の履歴書の志望動機例をご紹介します。

人と対面する応用的な業務よりも、集中力、忍耐力のある自分には、ラインで黙々と生産をする作業が合っている。自分の製造したものが世の中に出ていろんな人に使ってもらえるのが嬉しい。

参照:OKWAVE

この例では、人とのコミュニケーションを必要とする仕事よりも、黙々とした作業が自分には向いていると感じたということを志望動機の一つとして挙げています。

また、この仕事をすることで得られる達成感に興味を持ったことが伝わる文章から、未経験でも仕事を頑張ってくれそうなモチベーションが伝わる内容になっています。

 

高校生が工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

工場の募集の中には、高校生歓迎の求人も少なくありません。

そのため、高校生が工場の仕事に応募する際の履歴書の志望動機について解説します。

高校生の場合、職務経歴はありませんし、純粋に学校との両立の中で働けるバイトとしての志望動機を書けていれば問題ありません。

特に高校生であれば、卒業時には進学するか就職するケースがほとんどですので、面接担当者も、それまでの間、きちんと両立出来そうかどうかを、履歴書の志望動機の内容や面接の印象で判断します。では、高校生が工場に応募する際の履歴書の志望動機の書き方を、例文をもとに解説いたします。

「自宅から近く安定して仕事を続けていける環境に魅力を感じたため」

参照:Yahoo!知恵袋

高校生の場合、バイトと学校を両立するために、シフトと職場への距離、時給がすべてと言っても過言ではありません。

そのため、仕事内容の魅力を語るよりも、シフト面で魅力を感じた、バイト先として通える距離であることで応募しましたという内容が無難です。

 

製造業系の工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

工場の募集といっても、縫製工場や食品工場まで様々です。製造業系の工場に応募する場合、履歴書の志望動機にはどういうことを書いたら良いのでしょうか?実際の応募者の事例をもとに解説します。

私は、将来を見据え、安定した収入を得るために岩手で働きたいと考えております。
貴社は、最先端の医療品を製造しており、社会的信頼を得ています。私は、貴社の一員として働くことで、多くの患者の皆様が安心して使用できる安全な製品づくりに携わり、生き甲斐を感じながら生活していきたいと思い転職を志望いたしました。

参照:教えて!goo

この方の場合、応募する会社が製造する製品や業界に対し、魅力を感じたことで応募したことが履歴書の志望動機として表れています。そして自分の今後のキャリアプランと会社の将来性を重ね合わせ、長期的に真剣に働きたいという気持ちも現れています。

製造業系の工場に応募する場合、やはりモノづくりへの関心やモチベーションをアピールすることはとても重要で、そういった仕事に対するこだわりや熱意が伝わる文章にすることで、面接担当者の印象が良くなります。

 

※2017/06/26更新!生産管理系の求人へ応募する際の履歴書の書き方・考え方・例文

生産管理の求人に応募する際にはどの様な事に気をつけて履歴書を書けば良いのでしょうか。工場の業務の中でも生産管理に特化して書き方・考え方について説明し、例文を示します。

 

生産管理はどの様な仕事なのか?

生産管理とはそもそもどの様な仕事なのでしょうか。

生産管理とは工場の中でも会社の生産計画に基づいて工場での製品生産をコントロールする職種の事で、工場の過剰在庫や在庫不足を防ぎ、製品をつくる際の不良品を減らしたり、無駄に材料を使いすぎる事を防ぐ役割です。

つまり生産管理が上手く行かなければ、在庫を持ちすぎたり、逆に在庫が不足していて売るものがなくなったり、不良品が多ければ会社の利益を圧迫したりとメーカーの経営に大きな影響を与えるポジションです。

この様な事からものづくりの現場に携わりたいと考える人とっては、とてもやりがいのある仕事だと言えます。

 

生産管理の求人に応募する際のポイント

上記の様に生産管理はメーカーの経営にとって重要なポジションなので一般的に高待遇になる可能性があります。よって、企業としても生産管理にはしっかりとした人材を採用したいと思います。

経験者の場合は生産管理としての経験をアピールしましょう。前職の生産体制と応募する工場の生産体制の違いを考慮した上で、どの様に応募している会社に貢献できるかという事を説明するのが良いでしょう。

なお、その際には前職ではどの様な現場改善を行って、どの様な成果を上げたのか定量的に説明できるようなエピソードを複数用意した上で、生産管理としての実績をアピールしてください。

また、未経験者であっても生産管理として働く事は可能です。

特に近年では製造原価を抑えたり、消費地の近郊で商品を生産する為に様々なメーカーが海外に工場を設立しています。

この様な点から言えば、語学力が堪能であったり、現地の人と円滑にコミュニケーションが取れたり、海外工場のマネジメントに携われそうな人材は工場で生産管理として働いた経験がなくとも重宝されます。

また、この様な経験が無い場合でも、何かの事象について定量的に分析、改善提案ができる人や、社内での折衝、調整能力が高い人は生産管理として必要な資質があるので採用される可能性があります。

 

生産管理に応募する際の履歴書の書き方

生産管理の仕事に応募する際の履歴書の書き方としては上記に基づいて大きく3パターンに分かれます。

1つ目は経験者が応募するパターンです。その際に企業が採用のポイントとして考える事はどの様な実績があるのかという事です。企業側は経験者についてほぼ即戦力になるかどうかを考慮して採用するべきか否かを考えるので、

  • どの様な生産体制の工場でどの様に働いていたのか
  • 生産体制を改善した実績はあるのか
  • 前職の仕事の仕方に囚われず自社に合わせて柔軟に働いてくれそうか

という3点を中心に履歴書を見たり面接を行ったりするはずなので、履歴書でも生産管理としての実績を中心にアピールを行ってください。

経験者のPRの例としては

新卒として車の部品メーカーの生産管理として働いていましたが、自動車の製造の全体の生産管理に関する経験も積みたいと思い御社を志望しました。前職では生産余日管理を中心に業務を行っており、社内システムに変更などに携わり製造工程のリードタイム短縮に関して改善を行った所納期遵守率が80%から90%に向上しました。

の様に具体的なエピソードと共に即戦力になれる事をアピールしてください。

未経験者の場合は海外工場のマネジメントに携わる事を念頭に置いて語学力を元にアピールする場合と、分析力、提案力、調整力などをアピールするパターンがあります。

 

語学力をアピールするパターンとしては

前職では御社の工場がある、●●国との貿易業務を行っておりました。●●国には現地での新規の取引先開拓や既存客へのフォローアップに3か月に1回程度出張しておりました。私が担当になったのは3年前でそこから新規取引先40社、取引額5億円を●●国で開拓しました。●●には現地の友人もいて、是非●●国で働きたいです。

の様に、仕事で工場がある国での活動実績や現地の文化や習慣などにどの位理解があるのか、現地人との交流があるのかなどをアピールし生産管理について未経験であってもコミュニケーションが取れるので海外工場のマネジメントに役にたてる事をアピールしてください。

また、分析力、提案力、調整力をアピールするパターンですがこの場合は生産管理としての素質を持っている事をアピールする為に、分析力、提案力、調整力がある事をエピソードと共に紹介します。

例えば

前職では約200アイテムの部品を扱っていたのですが、顧客の部品の注文がある時期に法則性がある事を見つけ出し、無駄な営業を減らした結果、既存顧客の売り上げを変えずに、必要な時間を50%に削減できました。この削減した時間を新規開拓や既存顧客への新規商品のアピールに使った所、売上が昨年対比140%アップしました。また、そこから一営業部隊を任される事になったのですが、メンバー毎に苦手な商品があったり、苦手な仕事があったので個別に指導したところ、メンバーの売り上げの平均が120%アップしました。

の様に、与えられた業務を分析して改善業務を行って実績を上げたエピソードや、部下や同僚と何かに取り組んで実績を上げた経験について数字を元に説明し、分析力、提案力、調整力がある事アピールしてください。

 

勤務形態や職種ごとの履歴書の書き方・考え方・例文

勤務形態や職種によっても履歴書の書き方を変えた方が採用の可能性が高まります。勤務形態や職種毎にどの様な点に注意して履歴書を書けば良いのでしょうか。

 

自分の過去の経験が応募する職種で活きるのか?


まず注意するべきなのが自分の過去の経験が応募する職種で活きる事がアピールできるかという事です。例えば、車などの工場の生産ラインに応募する場合、アーク溶接の経験があったり、溶接技能者資格を持っていると有利になりますし、工場の倉庫などで働く場合は、フォークリフトの運転経験があったり免許を持っていると有利になります。この様に自分の過去の経験や資格、免許が応募する職種で活きる事をアピールした方が採用確率が高まります。

 

各職種毎の書き方のポイント


どの様な工程を行うのかによって職種が変わります。工程には旋盤・鍛造・溶接・研磨・組み立てなどの様に様々な工程があります。ただし、求人情報ではどの工程で働くかを厳密に指定していない事も多く、「生産に関する業務」などの様に求人を出している場合も多いので、企業側で適性を見極めた上で工程毎に配属されると考えた方が良いです。

履歴書を書く場合には、どの工程に配属されるか分からないので、工場で働いた経験がある場合はどの様な工程に携わったのができるだけ具体的に記載してください。

例えば、

溶接の職種を志望する場合
前職で、工事現場の溶接工として働いていましたが、今回工場での溶接に挑戦してみたいと思い、御社を志望しました。

研磨の職種を志望する場合
前職でも微細加工に携わっていたのでバリ取り、研磨の作業は高精度で行う事ができます。

組み立ての職種を志望する場合
自動車の組み立て工場で期間工として働いていましたが3年間の任期を満了しました、体力には自信があります。

の様に体力や、職人としてのスキル・資格などをアピールしてください。

なお、工場で働いた事が無い場合に一般的にアピールするべきなのは、重工業製品の組み立ての生産ラインでアピールするべきなのは体力、検査・検品系の仕事の場合は目の良さ、研磨・溶接などの場合は手先の器用さなどです。

組み立ての職種を志望する場合
小学生から高校までずっと野球をしていて、今でも週に3回ジムでトレーニングしています。体力には自信がありますし、重労働であっても対応可能です。

検品系の職種を志望する場合
コツコツと作業を進めるのが好きで、御社の出している食品が好きなので志望しました。趣味は掃除で窓枠やドアの持ち手など細かい所まで注意をして掃除をする様に心がけています。細かい所に目が届く性格だと思っています。

研磨・溶接系の職種を志望する場合
プラモデルを作るのが昔から好きで手先は器用だと思います。プラモデルに限らず完成度を追求する事が好きで、研磨・溶接などの地味だと思われがちですが製品の成否をわける重大な仕事に携わりたく今回求人に応募しました。

の様に志望動機をアピールしてください。

 

勤務形態毎の書き方のポイント


職種だけではなく、勤務形態によっても履歴書の書き方のポイントが変わるので注意してください。

まず、工場の場合よくあるのが夜勤などの変則的な勤務体制です。昼型の人間が夜勤を行うと、眠気で作業ミスが発生したり、体力が維持できないので欠勤する事が想定されるので夜勤の求人に応募する場合、夜型人間の方が有利となります。

例えば

24時間営業の飲食店で20時~28時まで週4日、2年間勤務していました。夜であっても集中力を落とすことなく作業する事ができます。

の様に夜でも仕事の効率が落ちないという事をアピールしてください。

他にも、工場特有の勤務形態としては、期間社員として寮で生活しながら工場で働く期間工という勤務形態もあります。期間工の履歴書でアピールするポイントは期間満了できるという事です。

企業は期間工を採用する際に一番気にする事は重労働ではあるが、途中で辞められないかという事なので、体力や真面目さをアピールする必要があります。

例えば

日頃から体力維持に気をつけており、週末には合計10kmのランニングを行って体力維持に努めています。一度決めたことは守るタイプでこの10kmのランニングを行う事も決めてからもう3年経ちますが1回も休んだ日はありません。御社でも期間満了まで勤める所存です。

という風に途中で辞めない、期間満了まで勤め上げる事をアピールしてください。

この様に勤務形態毎にエピソードと共に、その勤務形態に合わせられる事をアピールしてください。

 

企業の立場に立った場合見えてくる履歴書対策

また、履歴書を書く際には企業側の立場を考える事によって採用確率を高める事ができます。 細かい事情などは応募しようとする各社によって変わりますが、ここでは一般的な企業側の採用に対する考えを説明した上で履歴書対策について説明します。

工場を運営している企業は工場で作っている商品を誰かに販売する事によって売上をあげています。つまり、企業が工場に求めている事は、商品の在庫が多すぎず少なすぎず計画や需要通りに商品をきちんと生産してくれる事、無駄な材料の消費や不良品などを出さずに商品の製造原価を抑えてくれる事、以上の2点が企業の関心となります。

と言う事は工場において、生産計画に合わせて商品を生産する為に必要な人材をきちんと確保しておく、製造工程のミスなどは極力無いようにするという点は重要な事になります。よって生産管理にきちんと業務改善ができる人材を据えておいて、生産ラインには生産計画にのっとって業務をしてくれる人材を置こうというのが企業の基本的な考え方になります。

つまり、生産管理には在庫を適正化したり製造原価を減らす能力が求められますが、生産ラインの人材には真面目でマニュアル通りに従ってくれれば多くの能力を求められる事はありません。

企業の生産ラインの業務の多くはマニュアル化しているので、そのマニュアル通りに商品を製造してくれるかというのが企業の関心となります。つまり、生産ラインに関わる応募者に企業が求める事は、突然辞めずに長く勤めてくれる事、遅刻やバックレなどの生産計画が狂う様な事をしない事、仕事でミスを連発して製造原価をあげない事の3点だけなのです。

人口減少と景気の回復に伴ってどこの会社も採用に苦戦していますし、工場の場合生産が売り上げの為の生命線となり、人材が足りない場合はすぐに採用する必要があるので、業界未経験や職歴が無い場合でも上記の3点を満たせば良いので積極的に採用を行います。

この様な点から工場向けの履歴書対策として言える事は2つです。1つは工場の履歴書は、誤字・脱字が無いように丁寧に書く、経歴をごまかさない、きちんと必要事項を記入するなどごく当たり前の事をするだけで良いのです。よって、この企業に受かるかなどと考えずに自分が働きたい企業に応募してしまうのが良いでしょう。

2つ目は当たり前の事をすれば採用されると言っても、突然辞めそうな人、遅刻やバックレ癖などがありそうな人、仕事でミスを連発しそうな人は企業も採用に慎重になるという事です。例えばアルバイトを短期間でコロコロ変えていたり、パニック障害を持っている場合などは、アルバイトを短期間で変えている合理的な理由であったり、きちんと働ける対策などについて説明できる様にしておいた方が良いでしょう。

 

まずは自分に合った好条件な求人の探し方を改めてチェックしよう


説得力のある志望動機や自己PRをきちんと作成した上で、履歴書を作るという作業は意外と時間がかかるものです。よって、とりあえず気になった求人に片っ端から履歴書を送っていると手間と時間がかかりますし、作り込みがきちんと行われていないので採用される確率が低くなってしましますし、その後の面接の事を考えれば更に手間がかかります。

この様な理由から履歴書を書く前に自分にあった好条件の求人を探す必要があります。本章では自分にあった期間工求人をどの様に探せば良いのかについて説明します。

 

期間工求人を探す前に


まず、期間工求人を探す前に自分の中での働く条件を整理する必要があります。大きくは以下の3つの点で

・どの位の期間、期間工として働きたいのか
・いつまでにこれだけ貯金しなければならないという目標金額などはあるのか
・その他に譲れない条件はあるのか

という3つの点です。

1つ目のどの位の期間働きたいのかという事ですが、期間工の雇用期間は短くて3か月長くて3年程度になり、入社時には入社祝金が貰える場合がありますし、契約を満了する度に満了慰労金というボーナスが支払われます。よって、3か月などの短期間働きたい場合は入社祝金などの入社する際に貰えるお金が手厚い求人に応募するべきですし、長期に渡って働こうという場合は、満了慰労金が手厚い求人に応募するべきです。この様な理由から何か月位期間工として働く予定なのかは求人を検討する際に重要となります。

2つ目に考えるべきなのかはどの位貯金をしたいのかという事です。期間工は寮生活なので家賃や水道光熱費、食費などはほとんど会社が負担してくれます。よってお金を貯めやすいので期間工を志望するという人も多く存在します。期間工の場合、各求人で報酬体系がきちんと示されているので働く前にどの程度稼げそうかを明確にイメージする事が可能です。目標貯金額があれば何か月働けば良いのか、どの求人を選べば良いのかの目安となります。

3つ目に考えるべき譲れない条件は、例えば週末実家に帰りたいので関西から離れたくないという勤務地に関する条件や、女性なので女性寮が求人しか応募したくない、体力に自信が無いのでトヨタや日産などの自動車を組み立てるメーカーよりもアイシンAWの様な部品を製造しているメーカーで働きたいなどの様な条件の事を指します。

この様な3つの条件を自分なりにまとめた上でそれに従って求人を選んでください。


 

期間工求人案件、求人情報の見方・比較方法


続いて、期間工として働く上でのまとめた3つの条件を元にどの様に期間工の求人案件を比較すれば良いのかについて説明します。

まずは、3つ目の譲れない条件を元に求人をざっくりと絞り込みます。例えば、働く工場の都道府県や仕事内容によって検討する求人を絞り込むという事です。これについては紙の求人媒体ではなく検索が簡単なインターネットの求人サイトを使って絞り込んだ方が楽です。

その後、絞り込まれた求人を比較して自分が応募するべき求人を選ぶことになります。求人情報で見るべき事ですが、重要なのは3点で、日給もしくは時給はどの位なのか、入社を決めると入社祝い金などの特典があるのか、満了慰労金の仕組みはどの様になっているのかの3つを比較してください。

期間工の求人ですが一般的に寮費や水道光熱費などはどこの会社も無料が基本で、食費については各社待遇に差があり寮の食事が無料であったり工場で格安で食事ができたりと様々な違いはあるのですが、手元に入ってくるお金に与える影響はそれほど大きくありません。この様な理由から3つの報酬を使って求人を比較します。

求人を比較する際に判断材料となるのが、期間工として働く期間と、貯金したい目標金額です。期間工の求人の場合、日給はいくらで、入社祝金はいくらで、満了慰労金は何か月毎にいくら貰えてという事が明記されているので、それを元にだいたい何か月働けばいくら位貰えそうなのかを計算してください。

そうすれば、どこの会社で期間工としてどの位働けばどの位稼げるのかが分かるので、それを元に決められた期間で一番お金を稼ぎやすそうな求人か、一番短期間で目標金額を貯金できそうな求人を選べば良いでしょう。

同じ会社の求人であっても直接雇用と派遣会社では待遇が違っていたり、派遣会社間も待遇に差を設けている事があるので、どこの会社で働きたいかを決めても必ず、同じ会社でもう少し待遇が良い派遣会社はないのかを調査してください。

また、期間工の求人の条件は頻繁に更新されますがインターネットで検索をすると過去の求人情報がそのまま掲載されている事もあるので、気になる求人は必ずまだ有効なのかをチェックしてください。

 

受かりやすい求人と落ちやすい求人


求人の中でも受かりやすい求人と落ちやすい求人というものはあるのでしょうか。一般的に他の仕事と比較すると期間工の仕事は成り手が少ないので受かりやすい仕事であるという風に言われています。しかし、採用予定人数以上に応募する人が多いと、落ちてしまう事もあります。

落ちやすい人は期間工という仕事は重労働なので期間満了まで勤め上げられそうか不安な人材で例えば40代以降の人や、持病があったり過去に大病を患った経験がある人、周囲に迷惑を掛けそうな、刺青がある人や、借金がある人は落ちやすいと言われています。

よって、落ちやすいと言われている人で希望の求人が不採用であった場合は受かりやすい求人を探す必要があります。期間工の中でも落ちやすいと言われている求人はトヨタなどの満了慰労金や時給が高い高待遇で自動車メーカーの中でも大きい企業です。この反対が受かりやすい企業で、三菱自動車の様なメーカーは高齢であっても採用してくれる可能性が高いと言われています。

なお、受かりやすいからと言って極端に待遇が悪いというわけでもありません。例に挙げた三菱自動車は3か月という短期間から働く事ができますし、入社祝金の金額は他社より高めに設定していて、寮での食事は三食無料なので短期間だけ働きたいという人にはうってつけの求人となっています。

この様に売上規模の大きくて待遇の良い会社ほど落ちやすい傾向にありますが、受かりやすい企業でも極端に待遇が劣るわけではないので安心してください。


 

期間工求人に特化した求人サイトはあなたの強い味方


この様に、期間工求人の探し方について説明してきましたが、期間工求人を探す際には期間工求人に特化したサイトを利用する事によってお得な期間工求人を探しだす事ができます。代表的な期間工の求人サイトについて紹介するので、期間工求人を探す際にはぜひ利用してみてください。

(1)期間工.jp
株式会社アウトソーシングという大手の人材派遣会社が運営している期間工に特化した求人サイトで、株式会社アウトソーシング経由で応募できる期間工の情報について丁寧にまとめられています。
株式会社アウトソーシングは多くの期間工を自動車メーカーに派遣しているのでアウトソーシング独自の特典があって、メーカー直接雇用よりもお得な求人が色々存在します。期間工として働きたい会社を決めた場合でも期間工.jpを見て、もう少し待遇がよくならないかを必ずチェックするようにしてください。

(2)工場WORKS
正確には、期間工の求人サイトではなく、工場・製造業向けの求人サイトなのですが期間工をはじめとして工場・製造業関係の求人が数多く取り扱われています。このサイトの便利な所は検索の細かさで都道府県別に求人を検索できるのはもちろんの事、「組立・組付け」、「鋳造・鍛造」、「検品・検査・調整」などの様に職種毎に検索できたり、「ワンルーム寮」「日勤のみOK」「正社員登用あり」の様にこだわりの条件で検索する事も可能なので、期間工求人の中からまず自分の希望に合った求人を選ぶ際には便利なサイトです。

(3)はたらくヨロコビ.com
(1)で紹介した期間工.jpと同じく株式会社アウトソーシングが運営する期間工求人サイトです。株式会社アウトソーシングは株式会社ORJなど株式会社アネブルなど様々な派遣会社が所属しているアウトソーシンググループの一社であり、ここではアウトソーシンググループで扱っている求人についてチェックする事ができます。期間工に関する求人が充実しているのはもちろんの事、様々な製造業に関する求人が掲載されています。

(4)工場求人ナビ
アウトソーシンググループ以外にも期間工向けの求人サイトを持っている会社はあります。例えば、同じく工場向け派遣の大手の日総工産株式会社が運営する工場求人ナビもその一つです。これを利用すれば日総工産で取り扱っている期間工の求人情報をチェックするのはもちろんの事、都道府県別に期間工の説明会を検索できるのでとりあえず説明会が自分の都道府県でどのタイミングで行われているのかをチェックするのには便利なサイトです。

以上の様に、期間工の求人を探す際に便利な求人サイトを紹介してきました。期間工の求人と一口にいってもメーカー別であったり、メーカーでも工場別に求人が募集されていたり、どの派遣会社を利用するか、どのタイミングで応募するかによっても待遇が異なるので、上手に期間工向けの求人サイトを活用して自分にあった求人を見つけ出してください。

 

職務経歴書のベストな書き方とは…

それでは、次に職務経歴書についてのベストな書き方について考察します。期間工の求人に応募する場合は、過去に期間工として働いた経験があると採用面接で有利になるので是非履歴書だけではなく面接で期間工としての能力をアピールできるベストな職務経歴書も用意してください。

 

期間工へ応募する際にベストな職務経歴書とは


まず、職務経歴書の書き方です。これについては決まったフォーマットはありませんが、
① いつからいつまでどこの会社で働いていたのか
② どの様な業務に取り組んでいたのか
③ その職務での実績などのアピールポイント
の3点をわかりやすくまとめてください。期間工として長年働いている場合はおそらく、色々な会社での職務経歴があると考えられますが、様々な経験をしている方が期間工としての優秀さをアピールできますので、是非すべての経歴書を職務経歴書に書き込んでください。ただし、期間工として働いていた経験があったとしても任期途中で辞めている場合はマイナス評価になる場合があります。任期途中で辞めている場合は、途中で辞めた合理的な理由を説明できる様にしておいてください。

 

職歴がまったくない場合の職務経歴書の書き方


職務経歴がまったくない場合はどうすれば良いのでしょうか。その場合、いっそ職務経歴を書かないというのも一つの手ですが、その場合なぜ働いた事が無いのかを面接で聞かれる可能性が高いし、自己PRを全て口答で行わなければならないので面接の難易度があがります。

経歴がない場合の職務経歴書の書き方としては、正社員だけではなくアルバイトや派遣社員として働いていた経験も込みで職務経歴書を書く方法が考えられます。

また、職務経歴書とはつまり自分を採用する事が相手の企業にとって利益になる事をPRする為に相手に提出する書類ですので、何かしら仕事に役立つ資格を持っていれば資格をアピールするのも良いですし、何かスポーツなど仕事以外で実績をあげた経験があるならそれをアピールするのも良いでしょう。この様に職歴が少なかったり、まったく無いので職務経歴書の見栄えが悪い場合は足りない部分を資格や自己PRなどで埋めてしまえば良いでしょう。

 

期間工としての職務経歴が無くても職務経歴書は作るべきか


期間工としての職務経歴がないので、職務経歴書を書いても結局役に立たないのではないかと考える人もいますがそうではありません。本質的に期間工の求人をだしている会社が雇いたい人は期間工の経験が無くても良いので、契約期間満了まで勤め上げてくれる、社会常識があってミスやトラブルなく生産計画通りに作業をしてくれる人なのです。

例えば運送会社で働いていた経験があったとしてそれを職務経歴書に書くと、面接官の立場からすれば運送という仕事は一般的に体力が必要な仕事なので、運送会社で働いていたという事は、期間工として働くために必要な体力は十分に持っているのではないかと思うわけです。

他にも、倉庫で在庫品の管理業務をしていたという場合は、この人はフォークリフトを運転できるのではないか、なら工場の倉庫管理で人が不足しているならこの人を採用しようと思うわけです。

他にも、出版会社で校閲作業を長年やっていたという場合、体力面では劣るかもしれませんが、車の検品作業に置いてマニュアル通り細かい所まできちんとチェックしてくれるのではないかという風に思うわけです。

この様に期間工としての職務経歴が無いからと言って職務経歴書を用意しないのではなく、自分のどの様な職務経歴に面接官が興味を持つか分からないので、期間工としての職務経歴が無い場合でも職務経歴書は用意しておいた方が良いでしょう。

 

履歴書の志望動機から見る工場への有利な転職を進めるための10カ条


工場への転職を有利に進める為にはどの様な事をアピールすれば良いのでしょうか。工場に転職をする際に有利になるために気をつけておきたい志望動機の10カ条について説明します。

 

工場転職が有利になる志望動機~1カ条「面接官が納得できる動機にしよう」


まず、一番重要なのは面接官が志望動機を聞いた時に納得できるような志望動機を作るという事です。志望動機は本当かどうかが重要ではなく、相手が納得できるかどうかが重要となります。

例えば、「御社の企業理念に共感をしたので御社を志望しました。」という志望動機を聞くと、多くの人は表面的だなと思ったり、あんまり志望動機を考えなかったと思います。それよりも「御社の製品が好きで志望しました」という話を履歴書で下記、面接で商品の好きなところを説明した方が説得力があります。

面接官は志望動機を聞いて、本当っぽいか嘘っぽいかで志望者の印象を作るので履歴書の志望動機は他人が聞いて納得できるものにしてください。

 

工場転職が有利になる志望動機~2カ条「自分がなりたいだけではなく、相手に利益がある事をアピール」


志望動機は自分が工場に働きたい理由について書くものですが、自分が工場に転職したい理由するだけでは不十分です。例えば、「工場で生産管理に携わった実績を活かして御社の工場のリードタイム短縮に貢献したい」という風に自分を雇う事によって企業にどの様なメリットがあるのかについても面接官にアピールしてください。

 

工場転職が有利になる志望動機~3カ条「過去の実績をアピールする」


工場に限らず転職をする場合は、過去の実績に基づいて企業は転職希望者を評価します。「工場の生産現場で働いていた事がありました。」「工場では働いていませんが、メーカーの営業として働いていたので御社の商材にも商品知識があります。」など自分を採用すれば企業に利益があるという事を証明する実績を面接官にアピールしてください。

この様な理由から、工場転職で有利になる為には職務経歴書も工場向けに作り込んだ方が良いでしょう。

 

工場転職が有利になる志望動機~4カ条「履歴書の志望動機は簡易版」


履歴書に書く志望動機は、面接の事を想定して各必要があります。面接で履歴書の志望動機と一言一句違えずに同じことを言えば、準備してきたなと思われて、心からこの志望動機で自社に就職したいのだろうかと面接官に疑われてしまいます。

履歴書に書く志望動機はあくまでも面接官に話す志望動機を要約したものに留めて、面接では履歴書に書いた志望動機を詳しく説明できる様に、履歴書用の志望動機と、面接用の志望動機を用意しておいた方が良いでしょう。

 

工場転職が有利になる志望動機~5カ条「業務内容をきちんとおさえる」


特に未経験の場合勘違いしがちな事ですが、一口に工場と言っても様々な業務があります業務内容を勘違いして志望動機を書けば減点の対象となります。例えば工場の生産管理の仕事について工場の製品の生産のコントロール、不良品発生率の減少などに取り組む部署で、製品の生産方法の改良などは研究開発が中心に行っている企業があったとして、生産管理の仕事に転職を希望している人間が「御社の生産方法の改良を行って御社の製品製造を効率化します」と言われれば、自社が望んでいる業務じゃないのにと担当の面接官に思われてしまいます。

名前や自分に思い込みに囚われずに、どの様な業務内容を行う人が求められているかについては注意してください。

 

工場転職が有利になる志望動機~6カ条「企業や製品の好きな所を見つける」


企業側の立場から言えば、褒められて一番嬉しいのは自社で作っている商品が褒められた時です。業界未経験であったり、職種の知識を持っていない場合は実績が無いので、転職への本気度はその企業や商品についての熱意を面接官に語る必要があります。

例えば、「御社の製品を10年近く愛用しておりますが、競合他社と比較して壊れにくく、壊れたとしてもメンテナンスサービスが充実しているので前々から素晴らしいメーカーだと思っておりました。」「御社の工場が近くにあったのですが、定期的に地元の人を集めてお祭りをしていたりと地域密着型の素晴らしい工場運営をされているなと思っておりました」などという風に実体験に基づいてその企業が製品に対して好感を持っている事をアピールしてください。

 

工場転職が有利になる志望動機~7カ条「長く働ける事をアピールする」


企業が人を採用して一人前にする為には様々なコストがかかります。例えば求人への応募者を集める為に求人広告を掲載する費用や、採用した人に対して研修などを行って戦力にする教育費、雇った後は支払っている給料以外にも各種福利厚生費を支払う必要があります。この様な理由から、せっかく雇った人がすぐに仕事をしてしまえば、企業にとって採用や教育にかけたコストは払い損となってしまいます。

特に、工場のラインで働く場合は、重労働であったりして、せっかく採用したのにすぐ辞めてしまうという人も存在します。

工場にとって長く働いてくれそうだというのはそれだけ魅力的な事に移ります。アピールできる要素が少ない場合志望動機に「長く働きたいです。」などの一文を入れる事によって面接官に長く働ける人材である事をアピールしてください。

 

工場転職が有利になる志望動機~8カ条「どの様なキャリア形成をしたいのか語る」


履歴書の志望動機に説得力を持たせるには、その会社が好き、その会社に貢献できるというだけではなく、そこに転職する事が自分の利益にもなるという事を説明する必要があります。つまり自分の中長期的なキャリア形成や目的の為にその工場で働く事が良いという事を示す必要があるのです。

例えば、「●●国が好きで●●国でビジネスがしたいと思って、日本で●●国向けの日本語教室で働いていましたが、より●●国の発展に貢献できる仕事がしたいと思い、御社の●●国の工場で働く事を希望します。」

という風に面接官に自分が何をしたいかどの様なキャリアをしたいかを話す事によってその会社の工場で働く事の志望動機の説得力が増します。

 

工場転職が有利になる志望動機~9カ条「同業や似た業種の人に意見を貰おう」

 

これは手間が掛かるのでどうしても就職した企業がある場合に行うべき事です。業界の外から見れば同じ業種は同じ様な事をしていると思われがちですが、特に工場の場合は製品の差別化を行う為に様々な他の業界の人にはわかりにくい差別化をおこなっています。

よって、志望している工場の事を正確に把握するためは就職しようとしている会社や、同業者の工場に勤務している人に話を聞いた上で、その工場の良さを分析して志望動機を書いた方が良いでしょう。

 

工場転職が有利になる志望動機~10カ条「志望動機はあくまでも履歴書の一部だと割り切る」


最後に、この様に工場への転職が有利になる志望動機の書き方について解説してきました、あくまでも志望動機は転職の採用面接を構成する一部分にしかすぎません。つまり志望動機に時間をかけて自己分析が疎かになったり、職務経歴書の作りが雑になってしまっては採用される確率が低下してしまうのです。

また、履歴書を送った時点で不採用になったとしても、他の要素が良かったけれども、志望動機が良くなかったので不合格にしようとは滅多な事が無い限り面接官は考えません。履歴書の審査の時点で不採用になる場合は、むしろ個人の資格や特性、職務経歴が企業とマッチしていない可能性の方が高いのです。

志望動機はあくまでも、採用するかを考慮する際の一部という事を踏まえたうえで、上手い志望動機を思いつかなかったとしても気にすることなく、他の部分で挽回しようという心持ちで採用面接に臨んでください。

 

工場の面接官はいったいあなたのどこを見ているか

面接を受ける前に、面接官がどの様な事を考えて質問を行っているのか、面接官が面接を行っている際にどの様な事を考えて面接を行っているのかが分かればそれに対して対策を行う事によって、採用される確率が高まります。ここでは工場の面接官の立場から採用面接の際にどの様な所を見ているのかについて説明します。

 

面接官はあなたのここを見ている!~内容だけではなく振る舞い方がポイント


まず面接官があなたのどこを見ているかを説明する前に、面接官対策を行う余地がある事と、面接官対策を行う余地がない事をしっかり区別する必要があります。

例えば、工場の採用面接を受ける場合、面接官は工場で働いた経験はありますか?と聞いてくる事がありますが、これについて経験者の方が優遇されるであろうと思って本当は工場で働いた経験がないのにあるという風に答えるわけにはいきません。嘘をついてはいけないという道徳的な理由もありますが、ここで嘘をつけばその嘘がばれない様に他の質問に対してもその嘘と整合性がとれる様に答えを変えなければならないです。そして面接の間に話の整合性がとれなくなると、面接官に嘘をついているなと思われて良い印象はえられません。

つまり、面接官に対する受け答えなどは対策を行う事が可能であっても面接官の質問に対する答えの内容自体は対策を行う事ができないのです。

 

面接官はあなたのここを見ている!~内容以上に雰囲気をよく見ている


この様な事から、面接官の質問に対する回答の中身を事前に練習していたとしても、回答の中身自体は変わらないはずなのであまり効果がありません。工場の面接官は質問に対する答えももちろん見ていますが、自分ではどうしようもないので、面接官が自分を見て思っている自分の雰囲気のイメージを良くしようとコントロールした方がよいでしょう。

 

面接官はあなたのここを見ている!~雰囲気を見ているという事は外見と雰囲気をみているという事


面接官は面接した際に受けた印象を元に一緒に働けそうか、職場にこの人が加わる事によって良い影響がありそうか、この人は仕事ができそうかを判断します。この面接官の印象を形作っている要素は、外見と話し方です。外見と話し方について面接官が見ているポイントがわかればそれに対して対策を行う事によって面接官に良い印象を与える事ができます。

 

面接官はあなたのここを見ている!~面接官に清潔な印象を与えるポイント


面接官は外見の様々な所を見て、その人となりを値踏みしますが項目としては清潔感さえ注意すれば良い印象は与える事が可能です。面接官が清潔感を見ているポイントとしては
・スーツやシャツにシワが無くきちんとクリーニングされたものであるか
・ネクタイは曲がっていないか、過度に個性的な柄をしていないか
・靴はきちんと磨かれているか
・髪や髭は見苦しくないようにきちんと整えられているか
・相手を不愉快にする臭いや香水をつけすぎていないか
・持っている鞄の中身が見えそうなら鞄の中身はきちんと整理されているか
などを基準に面接官は清潔感を判断します。ただし、この清潔感についてそれほど気にする必要がありません。人に不快感を与えない様にごく一般的な身だしなみで面接に行けば及第点が貰えますし、清潔感が著しいので合格になると言った事はありません。あくまでも、一般以下のレベルであった場合のみ減点対象となる要素です。

 

面接官はあなたのここを見ている!~話し方を面接官はよく見ている


面接においてもっとも注意するべきなのは話し方です。面接官が感じる印象はその人の話し方に大きく影響されます。例えば、面接の際に面接官に一番持たれてならない印象は、面接の為に嘘をついているという印象です。

面接はある種、企業と雇われる側の騙しあいの要素があるので面接官は採用希望者に騙されない様にと考えています。この様な面接官から嘘をついていると思われてしまえば、この人は信用できない人だと言う印象になり一気に採用確率が減ってしまいます。この様な理由から面接では面接官に対して本当の事を言っている事をアピールする必要があります。

 

面接官はあなたのここを見ている!~自信を持って話しているのか


面接官に嘘をついていると思われない為には、自信を持って話す事が有効です。例えば声が小さかったり、語尾を~でしょうか。という風にしてしまうと、この人は自分の発言に自信はないのだろうか、何か嘘をついてそれを隠しているのではないかという風に疑われてしまいます。相手の目を見た上で、本当にそうかなと思っていても自信を持って話す事が面接官から好感を得る為の第一歩となります。

 

面接官はあなたのここを見ている!~変に準備していないか


真面目な人の場合、事前に面接での想定質問を挙げて、その質問に対する回答を考えて暗記しておくという方法もありますが、実はこれは良い方法ではありません。事前に練習しすぎると、普通の話し方と比較して、言葉の間やアクセントが変になってしまうので時間に用意していたという事が相手にばれてしまいます。

この事に面接官が気づくと、練習に基づいて回答しているだけで、この人は本当に本音を言っているのだろうかと疑ってしまいます。回答の方向性だけでは事前に決めておいても良いですが、具体的な話の内容については不自然にならない様にその場で出てくる言葉で面接官と話をした方が良いでしょう。

以上の様に、面接官がどこを見ているのかについて説明してきました。面接官はその人との面接を元にその人を評価するわけですが、その人の雰囲気が面接官の印象に大きく影響します。雰囲気は大きく分けると、清潔感と話し方にわかれます。清潔感とは身だしなみを綺麗にしているというごく一般的な事で、過度にできていても得点にならないので、著しくできていない場合以外は気にする必要はありません。重要な要素は話し方で、応募者が嘘をついているのではないか、本心を話していないのではないかと注意深く観察しようとします。面接官に本当の事を言っている事を理解してもらう為には、自信を持って答えたり、事前に質問の答えを作りすぎない事が重要です。

 

その他の志望動機例文

 


76 :FROM名無しさan:2014/01/22(水) 08:13:50.31
期間工の志望動機なんてほとんどが稼ぐ目的だからなw
歯が浮くような「もの作りに興味があって」とか「可能性を試したい」よりは
正直に書けばいいと思う

77 :FROM名無しさan:2014/01/22(水) 08:19:03.72
期間工の志望動機は金がほしいからでOKと聞いた

参照:【期間工】質問スレッド Part31【期間従業員】


これから期間工の作業に応募する場合、期間従業員を目指す意気込みを履歴書の志望動機としてアピールする必要があります。

面接官や採用担当者にとって、最初に履歴書の情報で印象が決まってしまいますので、「お金を稼ぎたい」という志望動機でも問題ありませんが、「お金がほしいので応募しました」だけだと印象が悪く、つっこまれてボロが出る志望動機もおすすめ出来ません。

そのため、「体を動かす仕事が好きで給与面で魅力を感じたので応募しました」位が望ましいと思います。

 


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/18(水) 15:22:05.81 ID:rLZhLmYC0.net
志望動機やPRについて大体こんなこと書いたってことを参考までに差し支えなければ頼む
あと、何か特記しておくことや注意しておくこととかある?
例えば、あれやっていなかったから失敗したとかそういうの


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/18(水) 15:29:05.34 ID:3a4v7xyY0.net
資格の話出てるみたいだけど俺乙種全部とかフォークリフトもってるが関係なかったぞw

>>47
おれは正直に他の期間工に比べて寮や給料面で待遇が良かったので選びましたって言った
志望理由も同じようなこと書いたな

あ、面接のとき屈伸できるかとか指の欠損ないか確認される
指ないと作業できなからな

参照:自動車期間工に行きたいんだけど、なんかバネ指になるらしいじゃん?


この2chの書き込み情報では、期間工の募集での志望動機で、正直に「他の期間工に比べて寮や給料面で待遇が良かったので選びました」と履歴書に書いたとありますが、期間従業員の募集で、定型文で高い志を語ったとしても、面接官に突っ込まれたときに具体的に答えられなければ逆効果です。そのため、実際にどうしてこの作業の募集に応募したのかを求人で惹かれたポイントや、ホームページで確認出来る魅力的な情報を挙げる方が採用担当者に刺さる志望動機として有効です。

 


金銭面を目的として期間従業員の採用試験を受けない方がイイと思います。
面接例「僕は(中学時代または高校時代)に○○部に所属していました。そのため体力にはとても自信があります。私がトヨタ期間従業員採用試験を受験した理由はトヨタ車やトヨタの従業員に対する健康面や安全に対する思いがとても高い事に私はとても魅力を感じました。
また、私は○○の時よりモノづくりにとても興味をもっています。今までに○○などを作ったことがあります。トヨタの工場のラインで安全・安心な車を生産していきたいと思い私は採用試験を受験しました。」でどうでしょう?

参照: Yahoo!知恵袋


過去の工場でのモノづくりの経験をもとに、期間従業員に興味を持ったというキッカケの部分と、履歴書に書く志望動機には、他の製造業の会社と差別化出来るような会社の魅力を記載するという発想が参考になるポイントと言えます。

期間工は業務自体は単純作業ではありますが、面接官も採用担当者も自社に誇りを持っていますので、そこをきちんとリサーチして褒めつつ、志望動機に絡めることで好印象につながります。

 


しっかり稼ぎたいので多少きつくても働きたい事、
体力に自信があって身体が丈夫(急に休む事態にならないであろう)な事、
仕事を覚えたら長く働きたい(自分からさっさと辞めるつもりは無い)事、
このあたりをアピールできれば平気なんじゃないでしょうか。

私は実習でしかラインに入ったことはありませんが、
握力よりも足腰の強さが求められる配置でした。
手指は…エアツールを握れる程度の力と器用さがあれば平気でしょう。

水泳をなさっていたのなら持久力はお有りでしょうから
あとは体調管理が出来ることが伝われば落とされる口実は無いですよ。

突然の病欠が一番困りますからね。

参照:【OKWAVE】

こちらのOKWAVEでの期間工募集に対する志望動機のアドバイスとしては、期間従業員という仕事の特性上、採用担当者に対して「突然の病欠しない人物である」ということが伝わるアピールが重要だと書かれています。

そのため、履歴書の志望動機欄には体力面や細かい作業が問題なくできるということを、面接官に対してアピールした内容を入れることが重要です。

 


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:24:01.812 ID:VUN3jCvH0
自分には職人的な仕事が向いていると思いました ← 100点の回答
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/03(日) 23:25:15.167 ID:T9ovM14L0
>>37
実際コツコツ作業は向いてると思ってる

参照:工場の志望動機ってなにがいい?NC旋盤らしい


工場での作業は職人的なコツコツとした作業が多いため、コツコツとした仕事が苦手な人は長続きしない可能性があります。そのため、パートやバイトで工場の募集に応募する場合には、面接官や採用担当者も、職人的な作業が向いている忍耐強い人材を採用したいと考えています。そのため、履歴書の志望動機に「性格的に職人的なコツコツとした作業が自分に向いている」ということをアピールすることが効果的です。

 


32 :彼氏いない歴774年:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:GlpK2r50
>>29
私は派遣会社での登録&面接だったから、お金を貯めるためって理由にしたよー

参照:工場で働いてる喪女


パートやアルバイトで工場の作業に応募する人のほとんどが、仕事内容に魅力を感じたり、スキルアップ、キャリアアップを求めて応募するわけではなく、通勤やシフトが自分の希望に合っていて、給与面で条件を満たしているからという人が大半です。

そのため、面接官や採用担当者へのアピールとなる履歴書の志望動機にもパートでの応募の場合、「お金を貯める目標があり、給与面やシフト面で条件に合ったので応募しました」でも問題ないと思います。

 


体力に自信があるというのは最大の理由になりますよ。
企業が求める人材はいくら頭が良くても休みがちだったり、体が弱くては
仕事にも支障がきますし、続かずすぐ辞めてしまう人もうまくいきません。
それと、家から近いというのも企業にしてみれば通勤手当の問題も軽減できます、今はコスト削減しっかり働いてくれる元気な人は重宝されると思います。
だからあまり色んな事を考えずに思われたままの志望動機で良いのではないでしょうか?

やる気と体力と根気です。成功を祈っています。

参照:【OKWAVE】


面接官や採用担当者が工場のスタッフをパートやバイトで採用する場合、一番重視するのは勤怠面です。そのため、パートやバイトで工場の作業に応募する際の履歴書の志望動機欄には、体力面や根気強さ、自宅が近いから通勤面で負担が少ないことなどもアピールポイントとなります。

 


「御社の提示されている条件が自分の希望する条件と合い、自宅からの近い事もあり、長く勤められると思い志望しました。また、こつこつと作業するのが得意なため、力を発揮できると思い志望致しました。」

と言うのはどうでしょうか?性格の欄はそんなにたくさん書かなくていいのではないでしょうか?先方さんの指定履歴書じゃないですよね?でしたらせいぜい2つに絞って、「社交的」「明朗快活(明るい)」「根気がある」といった感じではどうでしょうか。私でしたら、自分の事をあまり「私は素直です」とか「私はけじめがあります」とか自分では言いたくないです。(図々しい気がして)

頑張ってくださいね。

参照: Yahoo!知恵袋


パートやバイトで工場での作業に応募する場合でも履歴書の提出は必須となります。その際の志望動機や、面接時に聞かれる志望動機で、上記アドバイスにあるような自宅から近かったためといった応募のきっかけを素直に書いても問題ありません。

しかし、採用担当者や面接官にアピールするためにも、きちんと自分の長所や前向きなアピールポイントを伝える必要があります。

 

製造業系の工場へ応募する際の履歴書の志望動機例文集

 


(3)貴社の製造の○○は材料にこだわっており、
その為私が試食した時にはとてもおいしかったです。
素材にこだわってこそあのおいしい味が出せるのかと感心し、
就職する覚悟を決めた次第です。

→興味・関心を抱くきっかけだったのですね。
もし記述するならば、例として、
「貴社製造の商品は○○の点で材料・品質にこだわっており、
この美味しい味をより多くの人に広め、
お客様を喜ばせたい気持ちから志願しました。」
という内容にしてみてはいかがでしょうか?

食品は、多くの人が口にするわけですから、
メーカーでは購入されるお客様のことを第一に考える必要があると思うのです。
どのような思いでその企業は食品を製造しているのか、
これは企業理念につながりますよね。

まずは自己分析をしてみて、
フリーターで学んだこと、自分の強みを探して
希望する部署を絞ってみると良いと思います。

ご健闘をお祈りいたします。
参照:教えて!goo


製造業系の工場求人に応募する際の履歴書の志望動機として、その工場が扱っている商品についてホームページなどでチェックし、企業理念や品質に対するこだわりなどに触れることは、採用担当者の関心を惹くことにもつながるので重要となります。

製造業勤務を目指すのであれば、応募する会社のホームページのチェックは必須で、「この会社で勤務したい!」というキッカケや意欲をなぜ持っているのかを志望動機欄で表現する必要があります。

 


私がお菓子工場を志望した理由は、もともと小さい頃からお菓子の製造という仕事が身近であり、仕事の内容にもやりがいを感じられると思ったためです。私の母はお菓子関係の工場に勤めており、小さい頃からお菓子製造の話聞いていて大変身近な仕事でした。また、調理師学校の授業の中でお菓子を作る機会もあり、その中でお菓子を作ることに楽しさを感じ、仕事としてやっていきたいと思いました。自分の作ったお菓子でお客様に笑顔を届けられる仕事は大変やりがいのあるものでもあると感じます。ラーメン店でアルバイトをしていたときに培った体力や食品衛生の意識なども活かしていけると感じ志望した
参照:教えて!goo

製造業勤務の求人に応募する場合、必ずなぜその仕事で勤務したいと思ったのかを志望動機として簡潔にまとめなければいけません。今回の例文のように、なぜその会社の募集なのかということを、一歩踏み込んで熱意を伝えることで、合格率が上がります。

 


根気よく続ける仕事が好きなので、物作りの仕事に就きたいと思い、様々な仕事の中でも、車が好きなので自動車に関わる仕事を就きたく応募しました、これまで製造の仕事は未経験ですがプレスオペレーターに必要な知識や技能を身に付けて自動車メーカーから信頼される品質の高い部品を製造出来るよう努力します。
参照:教えて!goo

これから製造業勤務を目指して応募する場合、経験があるか無いかでも志望動機の書き方は変わってきます。そのため、未経験でも努力して仕事を覚えたいという意欲や、なぜ、この仕事を応募しようと思ったのかという、応募のキッカケになる魅力に感じた部分を絡めてアピールすることで、人事や採用担当者からの印象は良くなる可能性があります。

 


昔から細かい作業が得意で、集中して物事にあたる事が出来る能力があると思ってます。ライン作業経験はありませんが、生真面目に職務に挑む姿勢を生かせる職場だと思い応募しました。
参照:教えて!goo

製造業勤務の募集に対する志望動機の案として、この方のアドバイスでは、冒頭からなぜこの会社のこの募集に応募したのかという理由として、自身の適正をもとにアピールしています。また、そのあとの自己PR文でも、未経験ながら前向きに取り組みたい意欲が伝わる志望動機になっていますので参考にしましょう!

 


昔から何かを創る事が好きで※プラモデル等、製造業で働きたいと思い応募しました。目と体で遣り甲斐を感じ、日々向上心を持って職務に挑める職場と思っています。製造業経験はありませんが、集中力と持続力、体には自信があります。勤勉に職務に向き合いたいと思います。
参照:教えて!goo

製造業勤務の求人において、一番面接官が重視するのはきちんと仕事をこなせる真面目さと勤怠面になると思います。その点、で集中力と持続力、体には自信があります。という部分と勤勉な部分がアピールされており好感が持てる志望動機です。

 


工場における生産作業に興味があり、また、自宅から近く通勤が容易なため、時間を活用できると考え、志望致しました
参照:教えて!goo

上記の例では業務内容と通勤面で惹かれたことを志望動機として挙げていますが、製造業勤務の工場での作業に興味があることは採用担当者にとっても好印象につながります。また、通勤が近いということは、遅刻や欠勤のリスクが下がりますので、こちらも志望動機としては有効な情報となります。

 


私の強みは、お客様の視点に立って仕事に取り組むことができることです。

前職の携帯電話の販売職では、来店されたお客様一人一人に合わせて応対するため、2つのことを心掛けてきました。
1つは、お客様の要望に応えられるだけの商品知識を着実に身に付けること、2つ目は、お客様一人一人に合わせた提案をするために、お客様との対話を特に重視して仕事にあたりました。

その結果、来店されたお客様の要望に合わせて臨機応変に対応するとともに、クレームであっても、どの点がご満足いただけていないのかまでお話をしっかり伺うことを重視して業務に取り組みました。
そして、お伺いした内容から、お客様の不満が解消できる商品やサービスを、お客様一人一人の立場になって考えて提案することを心がけ、出来る限りの対応をしてきました。
(1日に何台売れたなど、数字で表せることがあれば、具体的な数字を入れてください。)
例えお客様にとって満足いただける結果にならなくとも、「一生懸命対応してくれてありがとう」とおっしゃってくださったときには、頑張ってよかった、と仕事を通じてやりがいと充実感を得ることができました。

これら前職での業務に取り組む姿勢から、業種は異なりますが、貴社の工場の業務管理スタッフ職においても、お客様の立場に立った商品を生産する観点で前職の経験が活かせることと思っております。
また、早く仕事を覚えて戦力になれるよう目指し、その後も工場で働いておられる方々の立場になって、仕事の業務改善や提案ができるよう、一生懸命仕事に取り組んでいきたいと思っております。
参照:教えて!goo

過去の経験を踏まえて志望動機をきちんと書くことで、応募した製造業勤務でどういう風に働こうと考えているのか?という点に関して、思ったことをまずは長くなってもいいので書き出し、何度も下書きを書いて見直しながら、ベストな志望動機を書きましょう!

 


私は御社の掲げるポリシーに惹かれて志望しました。
私はかつて吹奏楽部に所属しており、そこで全体の協調が大切であると痛感しました。また良い演奏のために常に演奏技術の上達に向けて自ら考え、それに向けて努力する方法を学びました。

この経験を活かすことで、貴社に入社できた時には周りを良くサポートすること、自分のスキル向上に努力すること、その結果として御社の役に立てるのではないかと思い志望いたしました。
参照:教えて!goo

志望動機を書く場合、製造業勤務を真剣に考えているという気持ちが感じられなければ意味がありません。そのため、働ければどこでもいいという風に取れる志望動機はNGです。そのため、この事例にあるように、応募する会社のことをホームページなどで調べ、この会社で勤務したいという気持ちが伝わる志望動機を書きましょう!

 


もくもくとする仕事が好きなので、工場勤務は几帳面な自分に合っていると考え、志望いたしました。未経験ですが精一杯頑張ります
参照:教えて!goo

製造業勤務経験を活かして別の製造業に転職を考えている人に対するアドバイスで、自分が今回の募集で求める人物像に合っている人材であることがさりげなくアピールされている志望動機例です。未経験者の場合アピールできることも少ないので、シンプルにやる気の伝わる志望動機でアピールしましょう!

 


工場見学をさせていただき、安心安全の食品提供の徹底さに
 自分も消費者として共感を感じました。
 私も、是非御社にて、消費者に安全安心を提供する仕事に
 携わりたく応募させていただきました。
参照:教えて!goo

事前に工場見学が出来る大企業の工場の製造業に応募する場合、志望動機として工場の掲げる安全安心などのテーマに共感した内容を志望動機に記載することも効果的です。

 


私は幼い頃より機械が好きで工場に興味を持っておりました。
高校一年の時に御社の工場を見学する機会に恵まれ、
アルミサッシの製造過程に興味を覚え、御社で働きたいという意思を
強く持つようになりました。
御社の製造技術や設計力はもちろんですが、
環境保全、地域・社会への取り組みなどの社会貢献にも魅力を感じております。
私は我慢強く負けず嫌いで頑張り屋だと自負しております。
御社に入社することができましたら、精一杯努力して
少しでも御社のお役に立つことが出来るよう日々精進する所存です。
参照:教えて!goo

志望動機を書く場合、そもそも製造業勤務に対する関心を持ったキッカケを記載することが有効です。また、その応募する会社のアピールポイントをホームページなどでチェックし、どういう部分に共感したのかということも明確に記載した上で、志望動機を作成することでより熱意が伝わります。

 


私が御社を志望した理由は
私が物心がついた時には父がたばこを
吸っていました。父にとってはたばこは
なくてはならない物であり
私にとってはとても身近にある物でした。
なので、求人の一覧を見た時に
御社に目が止まり
とても興味を持ちました。
その後会社見学に行かせてもらいましたが
工場の大きさや多くの最新鋭の機械、
とても衛生的な工場内などを目にし
御社の一員として御社に貢献したいと
心から思ったので御社を志望しました。
参照:教えて!goo

製造業勤務で志望動機で、自分たちの仕事に魅力を感じてた具体的なエピソードを絡めた理由は単純に嬉しいということがわかります。誰しも、自分たちが携わっている仕事の魅力や、工場の魅力が伝わる志望動機は採用に向けて有利に働きます。

 


私は第三次産業で働いておりましたが、将来を見据え、安定した製造業への転職を考えておりました。
特に貴社は、最先端医療品と言う先取性や社会的貢献度が高いモノ作りをなさっておられ、私も貴社の一員として、多くの患者様が安心してご使用になれる安全な製品作るに携わることで、仕事に誇りや生き甲斐を感じながら勤労したいと思い、貴社への転職を志望致しました。
参照:教えて!goo

これから製造業勤務で応募する際に、なぜ今回転職を考えたのかということと、会社の魅力に圧倒されて転職を決意したという理由がきれいにまとめられている点が参考になります。ついつい転職時には、前の会社に対する不満などを言ってしまいがちですが、マイナスはあってもプラスは無いので控えましょう。

 


私が御社を志望した動機は、社員一人一人が情熱を持って業務に取り組んでる姿を知り、私の体質にあった会社だと感じたからです。
私も向上心なら誰にも負けない自信があります。
御社は今以上のサービスを多くのお客様に提供できるよう日々精進されており、そのために、年収100億達成とエリア拡大を目標に掲げむ姿勢は素晴らく、私もその一員になりお役に立ちたいです。
私が御社に入社できましたら、御社がお客様を第一に考えるように私も真心ある接客を心がけ御社の発展に真剣に努めます。
参照:教えて!goo

製造業勤務を目指す人が志望動機を書く場合、まずはきちんと応募する会社の情報を調べて理解することが重要です。それを踏まえたうえでこの志望動機のように、今回の転職でどういう仕事をしたいのか?それに対してなぜこの製造業の仕事をしたいのかという熱意をまとめましょう!

 


以前は工場で検品作業を担当し、不良品を世の中に出さないよう責任を持って仕事をしておりました。
自動車部品製造と言う人命に直結しかねない責任のある仕事をハローワークで拝見し、ぜひ自分の以前の経験を活かして貴社に微力を尽くせたらと思い応募させていただきました。
カメラと自動車と言う違いはありますが、前職で培った仕事に対する責任感を活かし、初心に戻り一生懸命頑張ります。

12 :名無しさん@引く手あまた:2008/05/02(金) 13:38:39 ID:ipAUfNyt0
スマソ最後の行間違えた

カメラと自動車と言う違いはありますが、前職で培った仕事に対する責任感を活かしつつも、初心に戻り一生懸命頑張ります。
参照:■■志望動機が書けないPart8■■

製造業勤務に応募する場合、上記志望動機例にもあるように、過去の経験からどういうスキルを活かすことが出来るのか?ということを志望動機としてアピールすることがとても効果的です。過去の経験を活かして頑張りたいという熱意が伝わる志望動機はインパクトも強く、やる気が伝わります。

 


機械を扱う事や工具を持った作業が得意で、
前職でも建機に関わる業務を担当し、~~資格や~~を経験しました。
建機故障時など修理担当者に迅速に対応してもらう事が多く、
無事に修理し感謝の言葉をもらっている姿をよく見かけ、
やりがいを実感できる職務だと思いました。
参照:■■志望動機が書けないPart8■■

製造業勤務を目指し志望動機を考える場合、あまり立派な言葉や難しい言葉をつかう必要はありません。まずは前職での経験でアピール出来ることをアピールし、その後は応募する会社の魅力をホームページなどから見つけ、きちんと自分の言葉でその職場で働きたい気持ちを表現しましょう!

 


生産拠点統廃合により、工場の閉鎖が計画されているため。
通勤に便利な職場で、その分、これまで以上に仕事に打ち込み
たいと考えたため。(退職理由)
安全を最優先に、安定した生産活動ができるよう力を尽くしたいと
思ったため志望しました。5Sを推進し、他の模範となる作業行動
習慣を前職で身につけています。働く仲間と思いを一つにして
貴社の目標達成のために大いに力を発揮したいと考えております。
参照:■退職理由・志望動機スレPart17■

なぜ、前職を辞めて転職を考えたのかという理由を明確にし、今回の応募に至った理由をきちんと明記することで、応募意欲が伝わります。また、工場内で働く人たちが持つ常識的な理念を志望動機に盛り込むことで、採用担当者の共感を得やすく、好意的な印象を与えられる可能性が高いので、工場内での用語を知っている人は、そういった用語も取り入れた志望動機を作成しましょう!

 


御社の提示されている条件が自分の希望する条件と合い、自宅からの近い事もあり、長く勤められると思い志望しました。また、こつこつと作業するのが得意なため、力を発揮できると思い志望致しました。
参照:Yahoo!知恵袋

基本的に工場や製造業の志望動機はシンプルで問題ないと思います。工場で勤務する際に、どういう心構えで働こうと考えているかなど、意気込みをアピールすることで採用担当者に対して応募意欲が伝わります。

 


私は、黙々と作業をしたりこつこつと何かをするのが好きで、忍耐強く、向上心も強いので工場の作業に向いていると思います。また、アルバイトでは2年ですが清掃業務に勤めておりました。特別な事情がない限り、長く勤務する自信はあります。
参照: Yahoo!知恵袋

製造業勤務の募集に応募する際に、忍耐力や向上心はとても重要で、その部分をアピールすることで、勤怠が重要で根気強さが求められる工場の募集では重視される要素です。そのため、短期募集でなければ、長く働けることもアピールポイントとして文章に盛り込みましょう!

 


私はこれまでレストランスタッフとして職の提供、品質管理、在庫管理などを取り組んで参りました。
その中で、砂糖は欠かせない食品材料の一つで砂糖はどのように作られているのか興味があり、転職活動をしていたところ御社の求人に目が止まりました。
御社では○○という社訓を掲げ、○○という取り組みを行っていることにとても共感しました。
私も御社で今までのレストランで培った品質の管理、安全衛生などを活かして働きたいと思い志願いたしました。
参照: Yahoo!知恵袋

この志望動機では、過去の経験を活かして製造業勤務で働きたい意欲が感じられる文章が表現されています。特に品質の管理、安全衛生などの共通点を見つけ出し、志望動機に盛り込むことで採用担当者にアピール出来るエピソードは効果的です。

 

応募方法・雇用形態による工場の履歴書の志望動機の違い

今回ご紹介したとおり、同じ工場の募集でも雇用形態によって、履歴書の志望動機の書き方は変わってきます。

デスクワークの正社員募集と違い、工場のアルバイトだからあまり履歴書や志望動機は見られていないだろうと軽く考えて応募する人も少なくはないと思いますが、合格を勝ち取るためには、志望動機の内容はとても重要です。
期間工のように、長期での契約ではない募集に対し、正社員で仕事を探していることをアピールしたり、長期で働きたいということをアピールしても、期間をきちんとまっとうしてくれそうな人材を求めている面接担当者には志望動機として適していません。

つまり、同じ工場の募集であっても、それぞれの募集で求められている求人内容のニーズに応えた言葉を、きちんと履歴書に志望動機として伝えられているかが重要なのです。

 

面接での注意事項はある?せっかくのチャンスを台無しにしないために

無事に書類選考が通ったら、人事担当者と面接になります。

面接は、その人の誠実さや人格を判断する材料として、使われます。

書類審査は苦手だけど、面接まで行けば、絶対に自信がある、と言う人もいますよね。

そう、人事担当者と話をするのが得意な人もいます。しかし、逆に、人との会話が苦手な人も多いでしょう。

面接では、とにかく明るく会話ができるようにしましょう。

何か質問をされて、わからないことがあれば、黙ってしまうのではなく、その場で正直に、「わかりません。申し訳ありません。」と言う方がよっぽど印象は良いはずです。

会社に対する知識を持っておくのは必要ですが、わからないことは、今から勉強する、と言う気持ちをしっかりと伝えれば良いのです。

面接の良い点は、本心を言っているかどうかを判断してもらえることです。

また、「何か質問はありますか?」と聞かれたら、積極的に知りたいことを聞きましょう。

前向きな姿勢を見せることが、仕事への意欲と判断してもらえます。

せっかく、書類選考が通ったのに、面接で不採用になることほど、もったいないことはありません。

ぜひ、真摯な姿をアピールできるように、シュミレーションしておきましょう



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録