coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

ジヤトコ期間工について給与手当待遇について全解説【Part2】

この記事は「静岡にある大手工場での期間工の求人?それなら、ジヤトコ株式会社は狙い目?」の続きとなるpart2記事です。

ジヤトコの期間工についてより詳しく知りたいという方は上記の記事からご覧ください。


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

こんにちは、ご意見番です。

今回は部品メーカーのジヤトコについてお話しします。

 

期間工が働くジヤトコの工場の場所は?

ジャトコではなく、まぁジャコトと読むんですけれど、ジヤトコと読むいわゆる‘ヤ‘が大文字になってるんですね。という読み方のところは放っておいて。

静岡県富士市に本拠はあります。

期間工で働くときに静岡県内ですと、掛川それから富士市、あと富士宮市の3ヶ所が地区として選ばれます。

本拠は富士市の方の神原地区の方になるんですけれど、そちら本当、海にものすごく近いです。

正直、東海地震来たら津波に飲み込まれます。

そういう場所です。一方で、富士山噴火したら富士宮とそこの神原地区は溶岩にもやられる危険性はあります。

っていうところで、いわゆる自然豊かで綺麗なところなんですけれど、自然にやられるかもしれないっていう場所ですね。

掛川地区の方は、海から、海岸線から約10キロ弱離れてますので、よっぽどの津波じゃない限りは大丈夫でしょう。

あと拠点の方は静岡に外せば、京都にもあるみたいですね。っていうところで、ジヤトコの働く場所というところは、静岡県が本拠にあります。

 

ジヤトコは元々日産の系列会社?!部品について解説

もともとは、日産の系列会社みたいなところで日産向けのAT(automatic transmission)変速機を出しています。

スバルやスズキ向けにもCVT(Continuously Variable Transmission)を、スバルとしては共同開発、スズキには販売という形で出したこともあります。というところで、上から見てまいりましょう。

ジヤトコは期間工の方では、女性が採用されているっていう部分が珍しいっていうところで募集をしているみたいです。

ATの生産っていうのは、組立ラインとあとはその検査ラインに別れるんですけれど、組立になると一番大きいところが外側の部品、だから側、ですね。メインケース、サイドケースとか、ケーストゥンバードとか言われる、その外側の張りぼての部分、そこはだいたい鉄製だったりアルミ製だったりします。

デカいのはそれで、じゃあ重いのは何かって言うと、ギアとかあとはプーリーと呼ばれる軸になる部品、そこの部分はずっしりします。

あとは、トルクコンバータ、エンジンとトランスミッションのエンジンの力をトランスミッションに伝えるときに使うものなんですけれど、それがとても持ち辛くてさらに重いので、慣れないうちはさらに手がプルプルしますっていうので、トランスミッションは部品単位としては小さいんですけれど、重い部品もあります。

とかいっても、組立ラインの方はなるべく異物も気にしないといけないので、実はクリーンルームみたいな感じの冷房完備のところでやったりしますので、組立ラインはとてもやりやすいです。マツバ組立ライン以外は普通にスポットクーラーでも35℃とか外は40℃で働いているっていう中で、組立ラインは涼しいところで作業ができます。しかも、いわゆる空気を綺麗にしないといけないので、床も綺麗にしないといけないっていうことで、空気が本当に綺麗で作業がしやすいです。身体にいいです。

一方、検査ラインはジヤトコ産のところは私自身が見たことがないので、それは申し上げられないのですが、私が経験したトランスミッションの検査ラインっていうのは、ほんとにオイル浸しでオイルミストが舞っているような場所で、それで作業着が変色するような場所でずっと作業していましたので、暑いし臭いし大変でした。っていうところで、組立ラインだと当たりです。

 

期間工の求人情報について

未経験者も多数働いていて、年齢層も広がっています。時給は1050円と期間工にしては低めで、月収は26万から28万円。

なんですけれど、このあたりは富士市は地方都市のさらに地方都市。

富士の近くは隣に清水があってその奥に静岡があるんですけれど静岡は清水が地方都市。

昔は静岡市、清水市になったものが静岡市に合併して清水区になったっていうものですけれど、そのワンランク下げた感じ。

なので、何もないっていう程の田舎でもなくて、大都会っていうわけでもなく田舎なんですけれど、田舎の割には何かしら結構あるっという印象の田舎がその富士市です。

掛川の方を翻ってみますと、掛川は幹線道路沿いの工業団地になりますので、通うのは大変なんですけれど、通ったあとは何かしらできます。

富士宮は、本当に富士山五合目の向かう道の途中で分岐して帰る工業団地にありますので、陸の孤島です。

こうゆう場所は生活費が安いので寮もいいんですけれど、なんといっても借りても安いのでちょっと奮発しても外で借りるっていうのも選択肢の一つがあるっていうことを覚えて頂けるととてもやりやすいと思います。

さらに構成部品が小さいので身体の負担も小さい。

満了慰労金は6カ月で30万円支給。

皆勤手当ては月に2万円。なので、半年だと何もさぼらないと2万円×6カ月と30万円で5万円の手当てということになります。

作業は楽なのに募集があるということは、もしかしたらこの田舎の何もなさに耐えられなかった人から辞めていくのかもしれません。

逆に水が合った人にとってはとてもやりやすい職場になります。

静岡全般に言えるんですけれど、夏は海からの風に冷やされて、冬は海からの風で温められて、温度差が小さいのでとても過ごしやすいです。

組立はいわゆる部品の、構成部品を1つ1つセットしてクラッチを入れたりとか、軸を入れたりとか、ギアを入れたりとかして最後閉じるみたいな形になるんですけれど、ここは手作業ながらもギアの噛み込み具合というのが、製造のノウハウが詰まっていて、少しギアの入れ方のズレがあるだけで検査工程で異音が発生したりとかしてしまうようなすごい慎重にものを運ばないといけない部分です。

ですので、その製造のマニュアル、いわゆる指導っていうところはその部分については厳しくなるので、品質について厳しい部分、厳しくない部分について注意をしてください。

 

休日の過ごし方は?

静岡県の工場だから休日に温泉巡りを楽しめるというところで、温泉王国静岡県内っていうところで富士市なんですけれど、富士自体にはあまり温泉はないですが、静岡県は探せば結構温泉があります。

ただいっぱい圧倒的にあるのは伊豆です。

伊豆は富士からさらに東に行き、沼津が丁度伊豆半島の付け根になります。

東京からとか、神奈川から行くのと違って、沼津から入ると何がいいかっていうと人の数が逆方向、人の向き、車の向きが逆方向にあるため、圧倒的に空いているということです。

快適に色んな温泉地が行けるようになるので、とても素晴らしいです。

観光地も一緒に、伊豆に限らず富士山もありますし色んなところが有り得ます。

なので、アウトドアやあとは車を持っている人という分で考えると、とてもいい場所です。

単純に自転車とかしか持ってなくてバスで会社、工場との間を行き来するだけの人にとっては、そのメリットは生かせなくなりますので、単なる田舎かという感想だけをお持ち帰りになると思います。

バイクでも十分そのメリットを生かせますので、バイクか車を中古で手に入れるっていう風な覚悟をもって勤められる方はとてもいいところだと思います。静岡は本当にいいところです。

 

手当や待遇について

各種手当てについて説明がされていますが、6カ月勤務の満了金 30万円、皆勤手当て2万円の他に交代手当て、いわゆる夜勤の場合は1日2000円。

残業深夜勤務は割り増し30%。休日出勤は割り増し40%。昇給制度があります。

これは自動車メーカーとか他の期間工比べてもだいたい同水準です。

時給1050円っていう割には、高い値段がとられるのはそれは同じで、月収例26万円から28万円っていう部分についてはそれ込みになりますので、自動車メーカーだとそこがもう少し高くて30万円とか32万円とかになったりするんですけれど、条件としては同一という、値段は違うんですけれどいわゆる込々でその月収を考えるっていう考え方は同じになります。

さらに赴任旅費は会社負担。有給休暇あり。

シフトは、休日は基本土日になるんですけれど、5勤2休、4勤2休、週休2日制とこもありますけれど、その前提にまず休日出勤の割り増し40%っていうところを前提にしているっていうことは、暇じゃない場合はほぼ毎週、休日出勤があるので休みというよりもまずは休日出勤ありきで考えて、週休は1日だという風に考えた方が現実的です。

期間工でも寮の駐車場は無料。自動車通勤は認められている。寮は個室。富士山が見えるっていうことなんですけれど、じゃあ、この寮がどれくらい新しいのか、広いのかっていう部分については、面接で聞くのか他の情報サイトで確認するのかを確認して、自分が住めそうだっていうものを確認した方がより現実的に物事を見ることができると思います。

期間工の働く場合の健康診断はどこの期間工でもあります。

ジヤトコというよりは、エンジン、トランスミッションを製造する工場全般に言えるのは、対オイル性です。

オイルで肌が荒れる人にとっては、もしかしたらその検査のところでNGになるかもしれません。

なんかオイル検査みたいなものがあったりします。アレルギーとかあって本人も辛いでしょうから、これはお互いのためになるものです。

 

まとめ

まとめのところになりますけれど、ジヤトコというよりは、ジヤトコはトランスミッションの生産メーカーでトランスミッションがエンジンに比べて得るものが小さい、だから部品が小さい。

なので体力的仕事は比較的楽、楽じゃない部署もあるっていうところ、先ほど言ったトルクコンバータであるとか、ギアをはめるラインであるとかは重いです。

重くないところは女性も働けるんですけれど、そこのクラッチであるとか、ギアをはめる間のところは精密機械っていう側面も持ちますので細かい作業も要求されます。それをラインの速さでやることですから、そのストレスも考慮してください。ただ、そのストレスに慣れたら組立は涼しいので楽になるでしょう。

期間工は資格もスキルも必要ありませんが、健康でなければなりません。っていうところで、健康には気を付けてください。

静岡の寮は海や夜景が見えて綺麗です。これは神原地区のことをもう指していますね。海が見えるということは逆に言えば、津波の時には逃げる場所を真っ先に確保しないといけませんので、バーターの部分は注意しなければなりません。

車通勤ができます。ということと、温泉旅館が多数あるのでドライブは楽しいものになります。っていうところ。これは間違えなく楽しいです。なので、ワークライフバランスという意味では、他の自動車の期間工と違う一線を隔したものになるということについては間違いありません。

以上、ジヤトコについてお伝えしました。

***********監修プロフィール***********

期間工ブログライター:ご意見番さん

元スバル期間工・元トヨタ期間工

30代男性・東京都在住

自動車業界での経験が豊富

特に期間工業界の専門家としての立場から、当ブログの記事の監修をお願いしています

**************************************

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ