coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

3交代制が多い工場勤務!気になる勤務時間は?

工場勤務は交代勤務制が基本

自動車工場や部品工場などで一定期間契約して働く「期間従業員」、いわゆる「期間工」は、給与水準が高いことで人気の仕事です。

無料、または数千円という低価格で暮らせる寮や、リーズナブルな食堂を完備している工場が多いので、生活費を抑えてしっかり貯金することもできます。

とはいえ、工場は夜勤を含む交代勤務制(シフト制)です。週によって勤務時間帯が大きく異なるという、生活リズムの変化に体を慣らす必要があります。

そこで今回は、交代制の種類や勤務時間帯、メリット・デメリットなどについて、口コミも交えてご紹介していきますね。

2交代制と3交代制の違いは?

期間契約社員の求人情報をみると、自動車などの製造に関わる期間工の募集が目につきますよね。内容をよく見ると、高収入・厚待遇な上未経験OKとなっているので、興味を持っている方も多いことでしょう。

ほかと比べて際立って条件のよい期間工ですが、体力が必要なことや交代勤務制であることは応募の前に注意しておかなければならない点です。

ここでまず、工場勤務における2交代制と3交代制についてご説明しておきましょう。

まず2交代制ですが、トヨタ自動車を例にとると、朝6時25分から15時5分までの昼番(1直)と、16時から24時40分の夜番(2直)があります。

1直と2直は1週間交代となっていて、いずれも実働7時間35分。土日は休みです。

3交代制は、6時25分から15時5分までの1直と13時55分から22時35分までの2直に加えて、22時10分から6時50分の夜勤(3直)が加わります。

1直、2直、3直を1週間交代で行い、いずれも実働7時間50分。こちらも土日は基本的に休みになります。

3交代制はこのように、昼番、夜番のほか深夜勤務が加わることが大きな特徴です。

2交代制と3交代制のどっちがラク?経験者の感想をチェック!

2交代制か3交代制かは工場によって異なります。日野、スバル、いすゞ、マツダなどでは3交代制が基本のようです。

ここで、どちらの勤務体制がラクなのか、メリットとデメリットはどんな点なのか、工場経験者の口コミや感想をのぞいてみましょう。

「3交代制は深夜手当が付くからガッツリ稼げる」「深夜勤務はキツイけれど、2交代制よりも給料が高くなるからうれしい」

まず、3交代制は交代制よりも稼げる、という報告が多く寄せられています。22時から翌5時までは深夜手当として時給を25%増しにしなければならない、という法律があるためです。

確かに3週間ごとに1週間の深夜勤務が続けば、かなりの給料アップも見込めますよね。

「3交代制は仕事を次の人に引き継げるから、残業がなくてすむ」「夜番や夜勤のときは、仕事から帰って8時間くらい寝たあとでも、昼の時間帯に自由に動けるのがいい」

夜勤それ自体は大変ですが、終わったら残業がほとんどなく定時に上れるので、そのあとの時間は有意義に使えるというメリットも。

「明け方になると眠さが増すので、ミスをしたら大変だというプレッシャーがある」「体力的に3直はしんどい。ずっと3直なら慣れるだろうけど、1直と2直の交代制だから慣れるのに時間がかかる」「2交代制なら夜勤がないから体力的にラク」

一方、3交代制は深夜勤務が入るのでツライと感じる人が少なくありません。中には生活リズムが不規則になるために、体調を崩してしまう人もいるそうです。

とはいえ、もともと夜型の人と朝方の人とで個人差もあるので、自分の体力や体調と相談する必要がありそうです。深夜勤務を耐えられるなら、3交代制の方が多くの手当が付くので収入は高くなります。

「入社したての頃はツラかったけど、慣れるとけっこう体もついていける」というコメントもありますよ。

夜勤手当や交代時差手当もきちんと付きます!

先ほども述べましたように、深夜勤務になる週は日給が25%アップします。月によっては深夜勤務の週が回になることもあるので、その月は収入が増加します。

繁忙期などには時おり休日出勤を頼まれることもありますが、これを引き受ければやはり25%の休日出勤手当も。

このほかに、交代時差手当というものも用意されています。交代時差手当てというのは例えば、4日深夜勤務をした後2日公休日となった場合、公休日の1日目は早朝まで勤務しているわけですから公休日とはいえません。

このような時差に対する手当が、交代時差手当にあたります。金額は、夜勤1回あたり1,000円から3,000円が相場です。

まずは見学や面接会に参加してみては?

工場での勤務体制について、2交代制と3交代制それぞれについて口コミを交えてご紹介してきました。

みなさんも工場勤務をお考えなら、自分にあった勤務体制を選ぶとよいと思います。気になる工場があったら、ぜひ一度電話や問い合わせフォームなどで、勤務体制などについて詳しく問い合わせてみてはいかがでしょうか?

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ