coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

【スクープ】町工場の社長の給料について徹底解説!

年収1000万超えるための企業とは?

国税庁の調査によると、日本人の平均年収はだいたい400万円前後。年収1000万円以上の所得者は全体の4.3%ほどだそうです。
年収1000万円超えとなると相当ハードルが高いということがわかりますね。

その年収1000万円をクリアできそうな業種・職業は以下の通り。

・医師
・金融関連
・商社
・マスコミ関連
・弁護士
・その他一部の専門職。

そしてこれらの他に、「トヨタ」「パナソニック」「ソニー」「ホンダ」などのいわゆる超大手企業などの一部の社員も含まれます。
「トヨタ」や「ホンダ」のような自動車メーカーの場合は他の超大手企業に比べると入社自体はそれほどハードルが高くないかもしれません。
というのも、自動車メーカーの製造系のお仕事の場合、期間工と呼ばれる契約社員からの「正社員登用制度」があるからです。

期間工として大手メーカーに入社するのはそれほど難しくありません。
正直なところ、一般的なサラリーマンになるよりも遥かに簡単だと思います。
ただ、仮に製造系のお仕事で正社員になれたとしても、そこから年収1000万円を稼げるようになるのはかなり大変なはずです。

超大手企業とはいえ、年収1000万円以上の給料をもらっているのは会社全体のほんの一部の技術者や役職持ちの人たちですから、期間工からそこまで登りつめるのは大変な努力が必要になるでしょうね。
あくまで不可能ではない、という話です。

医師や弁護士となると国家試験に合格しなければなりませんし、よしんば試験に合格したとしても必ず年収1000万円以上の職に就けるとは限りません。
他の職業や業種も特殊なスキルや高学歴が必要なところがネックですから、やはり年収1000万円というのは相当難しいようです。

 

それなら町工場で働こう!給料比較!

さまざまな形式で紹介できるように行っていきます。
中小企業 社長 年収 平均
役員報酬 相場
零細企業 社長 年収
上場企業 社長 年収 平均
社長 年収 決め方
役員報酬 平均
役員報酬 平均額
上場企業 役員報酬 相場
社長 年収 ランキング
会社 役員 給料
上記のものをいれて説明を行ってください

⇒上で挙げたような特殊なスキルを持った職業や超大手企業に就職するのは至難の業ですから、
年収1000万円を稼ぎ出すのは容易なことではありません。

では目標の年収額を少し減らしてみてはどうでしょう?
年収1000万円が到底無理だとしても、平均年収の約1.5倍ほどの年収600万円ならば可能性がグーンとアップします。
しかもそれほど入社の難易度の高くない仕事でその金額をクリアできそうな職業があるんです。

それが「町工場」!

町工場とは、トヨタなどの超大手企業が直接経営する工場ではなく、大手企業からの下請け業務などを請け負う小さな工場のことです。
実はトヨタのような超大手企業で期間工になれば、日本人の平均年収である400万円はわりと簡単にクリアできます。
しかし年収600万円となると期間工のような契約社員には難しく、正社員となってそれなりの年齢に達しなければ難しいラインになってきます。

しかし町工場の場合は少数精鋭の職場も多く、会社の業績が直接社員の給料として帰ってくるという特徴があるんです。

こんな記事があります。
参考:残業ゼロで年収600万円超えの町工場!

 

記事で紹介されている吉原精工のような例はごく一部だと思いますが、町工場のメリットは会社の利益が社員一人一人に帰ってくるという点です。
大手企業でみなさんが技術を磨いても収入への影響はそれほど望めないかもしれませんが、町工場の場合はみなさんの技術力向上がダイレクトに収入へ反映される可能性があります。
逆の言い方をすれば職人技を磨かなければ高い収入は望めないということにもなりますが、向上心の高い人ほど収入アップの可能性があるとも言えます。
元々高い技術を持っている人ならすぐに結果が出せるでしょうし、非常に頑張りがいのあるお仕事ですよ。

 

町工場ってどんな規模の会社なの?

一言で町工場と言っても会社の規模は様々だと思います。
会社の分類敵には中小企業になりますが、吉原精工のような社員が数人の零細企業のような会社もあれば、社員を数十人抱える町工場などもあるでしょう。

経営規模にこれだけの差があると、社長の給料や役員報酬などもピンからキリまでありますからデータはあまり参考になりません。
むしろ実際に町工場で働く方の意見や体験談を元に給料を推測したほうがよっぽど参考になると思いますよ。

 

町工場の年収について

町工場で働いた場合の年収についてはいろいろな意見があります。
年収が250万円~300万円という低い水準ばかりだと言う人もいれば、上でご紹介した吉原精工のように年収が600万円を超えるという人もいます。
それなりの規模の企業の役員クラスなら年収1000万円以上の社員もいるようです。

町工場は社員の技術力が収入に直結しているような特徴がありますので、入れ替わりが激しく、大した技術を要求しないような職場だと給料はかなり安くなってしまうようです。
対して、熟練の職人さんが退職して空いた穴を埋めるための求人だったりすると、最初から給料が高い場合もあるようで、やはり高い技術を持っているほど高い収入になりやすい傾向があります。

 

町工場の役員を目指す?

町工場で働く場合の特徴に、努力次第で役職が付きやすいという点があるかもしれません。
というのも、町工場は少数精鋭で業務を行っているところが多いので、役員だった職人さんが定年退職して、その代わりに社員を役職付きにするケースがありそうだからです。

大手企業の場合だと、何千人もの従業員が働く中でほんの一握りの「役員」となるのは非常に難しいでしょうが、少人数の町工場の場合だとその可能性は非常に高いように思います。
もちろん大手企業に比べれば役員報酬などは少ないでしょうが、目標が近い分頑張りがいがあるのも確かです。
町工場で役員を目指すというのも選択肢としては十分ありでしょう。

 

町工場で働くなら期間工でも良い?!

期間工といえば、トヨタやホンダを代表する自動車メーカーの工場で働く人々のことです。
その給料水準は以外と高く、トヨタの製造に携わる40代社員の平均収入は社員全体で年収700万円以上。
正社員を除いた期間工だけだともっと平均は下がりますが、それでもかなりの高水準であるのは間違いないでしょう。

一方町工場はというと、先に述べたように企業ごとに幅がありすぎ平均年収はあまり参考になりません。
しかし大手工場のライン作業と違っていろいろな作業をすることが多いので、「技術の向上が望める」というメリットがあります。
さらに、自分の技術力の向上が会社の利益、ひいては自分の収入に直接繋がっているという点も大きなメリットと言えるでしょう。

大手メーカーで期間工として働くのも良いと思いますが、自分の技術や向上心に自信がある人ならば、むしろ町工場のほうが高い給料を目指せるのかもしれません。
自分の希望に合った求人がなかなか見つからないとお悩みの方は、町工場で期間工になるという選択肢を考えてみてください。
頑張り次第で年収1000万円も夢ではないかもしれませんよ?

 

まとめ

年収1000万円を目指すのは、一般的な会社員ではかなりの難易度です。
ある程度の年齢水準を満たす必要がありますし、社内でも一握りの役職につき役員となる必要があります。
しかしご紹介した町工場の場合だと、みなさんの身につけた技術力次第で比較的早い時点で年収1000万円に達することも可能かもしれません。

日本にほんの数%しかいない1000万円以上の所得者に憧れるのならば、町工場という可能性に賭けてみるのも一つの手だと思いますよ。
すべてはみなさんの頑張り次第です。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ