coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

ホンダ期間工鈴鹿製作所を希望ならこれだけは押さえとけ!

鈴鹿といえば日本が世界に誇るテクニカルサーキット「鈴鹿サーキット」が有名ですね。
何十年にもわたりモータースポーツの最高峰F1グランプリが開催されていることでも、鈴鹿といえば世界に知れた都市といえるでしょう。
こうした自動車に縁の深い場所に、F1エンジンでもおなじみの「本田技研工業株式会社」が工場を所有しています。
日ごろは工場でホンダ車の製造に携わり、休日はサーキットでホンダ車を走らせる。
こうした工場で働けることは、ホンダファンならたまらない条件かも知れません。
このホンダの鈴鹿製作所で仕事をするにあたり、収入や休日、寮での生活など、気になることをすべてチェックし、不安を解消しておきましょう!

鈴鹿製作所とは?

鈴鹿製作所は、ホンダ車を製造する工場で、主にN-ONE、N-BOX、N-WGN、フィットなど、ホンダの主力車を製造しています。
設立は1960年と古く、世界中にあるホンダの工場へ部品を供給している中心的役割を果たす工場でもあります。
「鈴鹿」というだけで、自動車にも価値がつくような気がしますね。
その名の通り、鈴鹿サーキットからもほどちかく、車好きにはたまらない工場といえます。
周辺には、「ホンダウッズ」という環境保全施設があり、オオムラサキやカブトムシの生態系の研究がされています。
工場での排水を利用して環境にやさしい工場であることのアピールも。
こうした工場で働けるのは、自動車好きだけでなく、自然が好きな人にもうれしい環境です。

鈴鹿製作所の寮はきれい?

住み込みで働くにあたり、寮の生活環境は最も大切な部分。
これが悪いと長くは続きません。
鈴鹿製作所の寮環境はどうなっているのでしょうか。
鈴鹿製作所の寮は、比較的工場に近く、徒歩やバスで10~15分程度。
工場と寮に食堂があり、双方とも専属の栄養士がメニューを作成します。
部屋は個室。
住吉寮は和室で6畳、古めかしいイメージですが、エアコン、寝具、押し入れが備え付けでシーツ交換は無料です。
エスポワールは洋室で8畳。
洗濯機も無料で使用できます。
乾燥機は有料。
浴室は綺麗な庭が見える大浴場。
周辺にはショッピングセンターや病院もあり、鈴鹿サーキットもすぐ近く。
電車で50分で名古屋にも出られます。
住吉寮は、壁がベニヤで仕切られているそうで、騒音が気になるとのこと。
冷蔵庫、テレビがないのも、ほかの期間工と比べるとデメリットですね。

収入はいくらくらいになる?

基本給は勤務6ヶ月までは日給10,200円。
6ヶ月以降は10,400円。
交替勤務手当・時間外勤務手当・深夜手当・食事補助等が支給。
過去のホンダでの勤務経験を考慮して、経験者手当が最大10万円支給。
特別手当というものもあり、規定に従って一律10万円が支給されます。
契約満了者に対しては、満了一時金が支給。
3ヶ月で9万円、6ヶ月も9万円、9ヶ月で15万円、12ヶ月も15万円、15ヶ月で17万円。
それ以降、18、21、24、27、30、33、36ヶ月は17万円が支給。
35ヶ月合計は184万円!
月収例は6ヶ月未満が28万円。
6ヶ月以上は29万円。
残業を一日1時間程度した場合の例になります。
寮費は無料。
食堂で食べる昼食代は無料。
食事補助も支給で、生活費はかなり助かります。

残業はある? お休みは取れる?

ホンダの鈴鹿製作所では、1勤が6:30~15:15まで。

2勤が15:05~23:30まで。

3勤が23:20~6:40まで。

こうした三交代制のうちの1勤、2勤の二交代となります。

残業が少なく、お休みも取れる反面、期間工としては収入が減るということ。

それでも前述のとおり月収例は28万円にもなりますから、悪い額ではありません。

残業が一時間程度で、週休二日がしっかりと休めますから、プライベート充実させることもできます。

とくに自動車好きな方であれば、鈴鹿は自動車都市ですからお休みも楽しめると思います。

まとめ

ホンダ、鈴鹿製作所の期間工についての情報を見てきました。

こうして調べてみると、ホンダ自体は環境をよくする努力をしているように思えます。

ただ、古い寮の壁がベニヤで仕切られていたり、資金面で追いついていない部分は否めません。

さらに、ホンダの期間工は、期間工側の質が悪いことが言われており、寮でのマナーなど、ほかの企業に比べるとかなり落ちるようです。

とくにエスポワールなどの比較的新しい寮はともかく、住吉寮ではそういったマナーの問題がなんども取り上げられているようです。

こうしたことのないように、入寮したら、ほかの人の迷惑を考えて行動するようにしてください。

ホンダの期間工は、「稼ぐ」ということをメインにするとデンソーなど残業の多い企業には劣ります。

ただ、「自分の時間」を確保でき、そこそこの収入が見込める意味では、非常に良い環境といえるのではないでしょうか。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ