coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務の派遣って有給使えるの?

政府も働き方改革…と称して、様々な取り組みを提案しているようですが、残業ばかりでプライベートの時間が取れないような働き方をする時代は終わり、しっかり働いてしっかり休みというのが、これからの日本の働き方の主流になるような気がします。

 

そんな情勢を背景に、今回の記事では「工場勤務の場合の有給」というテーマで、特に工場で派遣で働いた場合、実際に有給は取得できるのか?という事に焦点をあてて、記事をお届けしたいと思います。また同じ工場で働くなら、派遣か期間工、どちらが有給を取りやすいのかなどについても、お伝えしていきます。

 

工場勤務の派遣は有給が取れる?

まず、工場勤務をする場合、直接雇用の社員と、派遣社員で働くふたつの働き方があると思います。では、各々の働き方で有給の取得のし易さは変わってくるのでしょうか?

 

まず、契約社員や正社員などの直接雇用の場合から考えてみます。これらの働き方の場合は、労務管理などがきっちり行われている為、有給取得は問題なく出来る場合がほとんどです。もし職場によって有給が取れないや、会社が認めてくれない、などのトラブルがある場合は、最寄りの労働基準監督署に相談される事をお勧めします。さらに、工場の中でも大手の企業ともなると、労務問題が発覚すると社会問題にも発展する為、最近はよほどのブラック企業ではない限り有給はスムーズに取得できているようです。

 

一方派遣社員として工場に勤務する場合、有給は付与されているものの、実際には取得できないケースがあるようです。これは、スタッフの働いた時給は、派遣会社の売上げに直結する為です。もし派遣スタッフが有給を申し出ることになれば、その給料は派遣会社が負担しないといけません。つまり休んだ分の時給は派遣会社から派遣先の工場へ請求する事ができず、派遣会社の費用がどんどんかさみます。したがって、実際の現場では派遣会社に有給を申し出ても、断られたり、独自のルールが課せられて、有給を簡単に取得できないようにしている派遣会社もあるようです。


 

そもそも工場勤務の派遣ってどうなの?

ところで、先でも触れた通り、工場で働く場合は直接雇用や派遣社員など、様々な働き方がある訳ですが、派遣社員として工場で働いた場合、どんなメリットがあるのでしょうか??

 

まずメリットとしては、派遣会社に登録して働く為、もし期間工としての勤務が終了したとしても、派遣会社から違う会社を紹介してもらえるという事があります。つまり「切れ目なく仕事ができる」という点がメリットです。

 

一方で、デメリットは派遣会社によっては、適当な扱いを受ける場合がある、という点があります。直接雇用の社員であれば、なにかあれば会社は親身になって対応してくれますが、派遣会社は何百人というスタッフを抱えています。その為一人ひとりにそれほどかまってられない…というのが実状です。したがって、会社での悩みだとかトラブルが発生しても、適当に処理されてしまうケースがあるのです。

 

工場勤務で派遣をするなら期間工がおススメ?

ここまででお伝えした通り、有給取得の面でも労務上の扱いの面でも、派遣社員より直接雇用の社員のほうがメリットが多い事はわかりました。

 

そこで、みなさんに注目していただきたい働き方があります。

 

それは「期間工として工場勤務をする」という働き方です。期間工とは1年や2年という期間を決めて、大手自動車メーカーなどの直接雇用社員として働くスタッフの事を指します。期間工なら直接雇用の契約社員ですから、有給も取得しやすいですし、また労務上も派遣社員のように軽く扱われることもありません。さらに期間工はその待遇の良さでも定評があります。年収は400万円以上を狙えますし、寮も無料で利用できます。そのような高待遇の期間工で、しっかりと有給をとりながら仕事ができるとしたら、メリットは大きいですよね。

 

工場勤務の期間工なら有給をとりやすい?

有給制度は会社が決めているものではなく、法律で決められているものです。したがって、期間工として働いている場合でも、法律で決められたとおり6ヶ月以上勤務していて、出勤率が80%を超えている場合は、10日以上の有給が付与されます。さらに基本的には、よほどの事情がない限り、会社は有給取得を拒んではいけないことになっています。したがって、期間工でも遠慮なく有給は取得できます。ただし、製造現場では休みのスタッフの仕事は、誰か他の人に代わってもらう必要がある為、少し余裕をもって上長に相談しておく事をおすすめします。

 

有給が取りやすいといわれている企業は?

期間工は、「トヨタ自動車」「いすゞ」「日産自動車」「日野自動車」「デンソー」などの超大手メーカーで募集が行われています。それら大手の企業は、労務管理がきっちりされている為、有給も申し出ればスムーズに取得できます。もし不安な場合は面接時に有給取得について納得いくまで質問しておかれる事をおすすめします。何度もお伝えしている通り、有給制度は労働者としての法律で認められた権利です。きちんと取得できるのが基本ルールですので、遠慮なく申請するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?有給制度の基本的な考え方や、派遣社員の有給の取得事情など、ご理解いただけたでしょうか?期間工の場合は、月給も高い一方で体力的には少し辛い面があるのも否めません。しかし、このような有給制度があれば、辛いときはしっかり休暇をとって休んでリフレッシュする事も可能です。この記事でご紹介したような内容を参考に、一度期間工として働いてみることを検討されてみてはいかがでしょうか?

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ