coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

KYB株式会社について徹底的に知らべてみた!実は期間工も扱っているんだよ!


KYBの期間工って知ってる?

岐阜県に工場を構える大手部品メーカーです。元々はカヤバ工業株式会社という名前でしたが、2015年にKYB株式会社へと商号を変更しました。

国内外で自動車部品の大手メーカーとして知られる会社ですが、普通車ではなく主に鉄道、航空機、建設用車両などの部品を製造しているのが特徴であり、中でもショックアブソーバーは日本シェア第1位を誇っています。

 

期間工と言えばTOYOTAやホンダなどの普通車を製造するメーカーが一番に頭に浮かんでくると思いますが、Kybのような建設車両や航空機の部品を製造しているメーカーにもたくさんのお仕事があります。

特にKybでは「キャリア採用」というものを行っており、長年の経験で身につけた高い技術を持った期間工の方々を積極的に採用しているようです。

 

新卒や未経験者の採用も行っていますが、どちらかというと、すでに期間工としての経験を積み重ねてきた方々に注目して欲しいメーカーです。

期間工は長くとも3年ほどしか同じメーカーで働けませんので、満了後に次の勤務先を探している方も多いはず。

そんな方にKybという会社を知ってもらおうというのが本稿の趣旨です。

 

ではネット上の口コミを参考にしたKybの評判や、会社の大きな特徴である「キャリア採用」について詳しく解説していきたいと思います。興味のある方はじっくり読み進めてみてくださいね。

 

まとめもありますので、時間がない方はまとめ項目だけでもチェックして頂けるとKybという会社の概要だけでもつかめるとおもいます。

 

そんなKYB株式会社の評判は?

さて、それではさっそくKybの評判について解説してみましょう。

期間工の求人を出している会社としてはあまり知られていないのか、Kybを取り上げた記事は非常に少なく、ブログなどで紹介している方もほとんどいらっしゃらないようです。

 

というわけで、元社員の方が口コミを投稿するサイトを参考に評判をまとめてみました。

以下を参考にして、Kybという会社の特徴をつかんで頂ければと思います。

 

<小見出し>【KYB株式会社の良い評判】

・会社の業績に関わらずボーナスはしっかり出る。

・昇給システムがわかりやすく、この先の収入を予測しやすい。

・多様な業種にわたって仕事をしている会社だけに会社に安定性はある。

・日本シェアの高い自動車部品だけでなく、耐震ダンパーのような他業種の業績に注目が集まることもあり、特定の需要による会社の成長に期待している社員も多い。

・会社によっては非常に取りづらいと言われる有給休暇もしっかりとれる。

・定年まで勤める人が多く、65歳をすぎてもニシアスタッフとして働くこともできる。

 

【KYB株式会社の悪い評判】

・現場には外国人労働者も多い=言葉の壁を感じることもしばしば。

・社内ではフレキシブルな仕事が少なく、現状の業務を淡々とこなすだけの場合が多い。

・会社の空気になじめない人が多いイメージ。人を選ぶ可能性がある。

・一般的な年功序列による体制のせいか上司への意見・提案が通りにくい。

 

【KYB株式会社のどちらとも言えない評判】

・自己啓発の度合いによって上登ることも下に落ちることもある。良くも悪くも自分のやる気次第。

・残業は少ないとの声が多い。楽だとも言えるし、期間工としては稼げないので辛いとも言える。

・同業種の他メーカーに比べると給料はやや低め。しかしその分居心地の良い会社で私生活とのバランスが取りやすいという意見もある。

 

良くも悪くも安定した会社、といったイメージが強いようですね。

革新的な業務内容などは無いが安定した仕事と充実した福利厚生を受けられるというのが大きなポイントのように見受けられます。

長く勤める人が多いということですから、長く期間工として勤めてきた方々が腰を落ち着けるには良い会社なのかもしれません。

 

ここにご紹介した口コミは元社員の方々の体験談を元にした意見ですから、2chやブログなどで紹介されるものとは少々毛色が違います。2chなどは愚痴も多いですからね……。

ですから良い点も悪い点も事実に近いことが語られているのではないかと思います。

Kybへの応募を考えている方や他社との比較をシている方は是非参考にしてみてください。

 

KYBで行われているキャリア採用ってなに?それって期間工と違うの?!

続いては最初にお伝えしたKybの「キャリア採用」について詳しくご説明しましょう。

まずキャリア採用というのは、新卒者や未経験者ではなく企業側が求める一定の経験を積んだ方々を採用することを指します。経験者採用という言い方をすることもあります。

 

キャリア採用という表現が増えてきたのはつい最近のことです。

新卒者や未経験者とは違い、一定の技術を要する方を採用するわけですから、そのことに配慮して「中途」という表現をやめキャリア採用と呼ぶようになった、ということのようです。

単純に中途採用をキャリア採用と言い換えただけの場合も多いようですが、同時にその会社が「技術者としての人材を求めている」というアピールをしている意味も含んでいます。

 

今回ご紹介しているKybも積極的に即戦力になり得る「技術者」を歓迎しており、特に技術部門のキャリア採用に力を入れているようです。

技術部門とは主に設計、設備管理、検査などを行う生産系の技術のことで、まさに期間工が積み重ねてきた経験そのものだと言えます。

 

Kybの公式ページにあるキャリア採用の募集要項を見てみると、残念ながら給料については詳しく明記されていませんでしたが、昇級は年1回、賞与が年2回、年間休日120日以上、福利厚生も充実、となかなかの高待遇のようです。

寮や社宅もありますし、口コミにあったように安定した職場環境が約束されています。

 

当然、採用にあたっては書類選考から面接→筆記試験→適性試験→最終面接といくつもの審査を受ける必要があります。

ですが、長く期間工として勤め上げてきた自分のスキルを活かす場所として考えると、十分にチャレンジする価値があるのではないかと思います。

 

よく期間工は役に立つ技術があまり身につかない、などと言われることがありますが、Kybのように期間工の技術や経験を求めている会社もあるんです。

せっかく身についた技術を有効活用してみたいとは思いませんか?

 

まとめ

⇒いかがでしょうか、Kybという会社は長く期間工としての経験を積んできたみなさんを歓迎している会社です。期間工の方々が技術を活かしたいと思うなら知っていて損は無いと思います。

 

以下にKybの特徴をまとめてみましたのでおさらいしてみましょう。

 

  • Kybは自動車部品メーカーとしては日本シェア1位を誇るほどの大企業であるということ。
  • Kybでは新規、未経験者だけでなく技術を要した人材の採用「キャリア採用」に力を入れている。
  • キャリア採用では特に技術部門の募集が多く、まさに期間工のスキルが求められている。
  • 同業種に比べ決して給料が良いとは言えないが、安定感のある会社としての強みを持っている。
  • 安定性はあっても、残念ながら仕事に柔軟性があるとは言えない。
  • 年功序列による会社の体質によくなじむ人もいればそうでない人もいる。

 

と、Kybの特徴はこういったところでしょうか。

 

他の自動車メーカーと比べるとこれといって特徴が無いようにも思えますが、一つの分野で日本一のシェアを誇る自動車部品や、各方面に大きな注目を浴びる耐震ダンパーなどを作り出している点は大きく評価できます。

単純な給料面だけでなく、この先の人生を総合的に考えた場合には十分に考慮に値する企業なのではないでしょうか。

技術を活かせる職場をお探しの方は是非ご一考を。dddddd

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ