coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

徹底解剖!期間社員の有給休暇事情とは!!

体調悪くて休みたいけど、満了金がもらえなくなる・・・そんな時は有給休暇!

そんな中休みたいですよね。。。でも・・・ここで期間工の勤務スケジュール(工場カレンダー)で働かなきゃいけないとライティングしてください

期間工の最大のうま味と言えば「満了金」

期間工にとってのボーナスのようなものだとも言われている高額の手当ですが、この満了金を取得するのにはそれなりの苦労があります。

 

自動車メーカーの仕事によく見られる満了金・満了報奨金などの手当は、働いていれば無条件でもらえるというわけではなく、支給されるためにはメーカーごとに定められた一定の条件をクリアする必要があります。

わかりやすい例で言えば、皆勤賞のような特徴があるものなどですね。

極端な話、1日欠勤してしまうだけで全額もらえなくなってしまう手当もあるということです。

 

細かい支給条件などはここでは解説しませんので、各自メーカーごとの募集要項を確認してもらうとして、ここで注意してもらいたいのは「満了金をもらおうと思うとなかなか休めない」ということについてです。

これは期間工特有の悩みの一つだと思います。

ヘタをすると1度欠勤しただけで満了金のほとんどが吹き飛んでしまいますから、1日分の給料がなくなるなんていうレベルの話じゃないんです。

休みたいのに休めない、体調が悪いのに無理して出勤、なんて人も結構いるんじゃないでしょうか。

 

そもそも期間工は工場カレンダーと呼ばれる生産スケジュールに従って勤務していますので、そうそう勝手に休む訳にはいかないんです。もし誰かが無断で休んだとしたら、同じ工程で働く仲間すべてにそのしわ寄せがいくことになります。

欠勤する人間が多いと、場合によっては工場の生産効率自体が低下してしまったりするでしょう。

社会人としての責任の重さをわかっている方ならば、それがどいうことかはわかると思います。

 

こんな感じで、満了金や工場カレンダーの影響で2重に休みを取りづらい期間工ですが、これじゃ体調不良や冠婚葬祭などでどうしても休まなければならなくなった時に非常に困ることになりますよね。

ではどうすればいいのか。

ご安心を!期間工にもちゃんと「有給休暇」があります。

この有給休暇を上手にやりくりすれば、休みたい時にしっかり休みが取れて満了金の支給条件もきっちりクリアできるはずです。

 

というわけで次の項からは、休みたい期間工必見の有給休暇のあれこれをご説明していきます。

 

期間社員でも有給休暇が使える!!○○日も取得可能!

さて、期間社員の有給休暇についてですが、まず始めに大手自動車メーカー「トヨタ」を例にあげて、有給休暇が使えるようになるタイミングと年間に取得できる日数をご説明しようと思います。

 

まずトヨタの場合、入社して半年間は有給休暇を使うことができません。

有給を使えるようになるタイミングは入社半年経った後からです。

入社半年後~1年の間に10日分、さらに翌年に11日分、3年目~満了までに11日の有給休暇がもらえ、入社から満了までの2年11ヶ月間で合計31日分の有給休暇がもらえるということになります。

 

もちろんこれはトヨタの話ですので、他社では入社10日目から有給が使えたりすることもあります。

メーカーごとに若干取得タイミングや取得できる日数が変わるようですから、応募前にしっかりと確認をとったほうが良いでしょう。

 

年間10日も有給があれば、体調不良による急な休みも有給と引き換えにできますし、土日に合わせて有給を使えば旅行などのプライベートな休暇を楽しむこともできるはずです。

期間社員の有給休暇は、満了金・報奨金を上手にもらうためのカギになる、とも言えますね。

 

ただ有給休暇がもらえるとは言っても、それを自由に使えるかというと実はそうでもありません。

と言うのも、工場の仕事はチームプレーが基本だからです。

さきほども言いましたが、誰かが休むと班全体、工場全体にその影響が及ぶ可能性があります。

有給を使うのは当然の権利だとしても、むやみに休暇を取ろうとすると班の仲間に反感を買う恐れがあるんです。

要するに有給休暇を取ろうと思っても仕事場の空気がそうさせてくれないということですね。

 

仕事に差し支えがないように、なるべく早く班の責任者に休暇を取りたいという希望を伝えておくのが無難でしょう。社員の方の裁量次第ではありますが、早めに言っておけばうまく調整してくれるはずです。

 

工場の多くが採用しているライン生産方式は、そもそも極度の効率化から出来上がった生産システムです。当然人員もギリギリの状態で運転している場合が多く、休暇を取りづらいのは当たり前だとも言えます。

 

しかし会社側も、満了金目当てに無理して出勤しようとする社員が出てくることも当然想定していますので、無理に出勤させようとせずに休日出勤した日を平日に働いたことにしたりなどうまく調整をするはずです。

無理して出勤されて風邪をうつされたりしたら本末転倒ですからね。

というか実際にそういう事例があって管理体制を変更したメーカーもあるらしいので、どうしても休まなければならない状況になった場合は素直に社員の方へ相談するのが一番かもしれません。

 

有給休暇を取る際は一気に取ろうとせずこまめに。

そしてなるべく早く責任者の方へ伝えておく、ということを忘れないようにしてください。

現場の空気を読むこともお忘れなく。

 

期間社員でも有給取得しやすい企業とは?

実は期間工ってけっこう有給休暇が取りやすい仕事だって知ってましたか?

とある企業リサーチサイトの調べによると、有給を取得しやすい会社ランキングの上位には数社の自動車会社がランクインしているようです。

特に「ホンダ」はNTTやドコモなどを押しのけ堂々の1位!日本一有給取得しやすい企業として名を轟かせています。

他にもトヨタ自動車なども上位にランクインしており、この2社は自動車会社の中でも特に有給取得しやすい企業として知られているようです。

 

ホンダは会社全体で社員にしっかり有給休暇を取ってもらおうという考え方をしているらしく、年間の有休取得率は毎年99%超えだそうです。

全国平均は48%ほどだそうですから驚異的な数字!

 

期間工には夏季・冬季休暇や年末年始にも連休がありますから、実は自動車メーカーを始めとする製造業はかなりホワイトな企業も多いんですよね。

意外でしょう。(笑

 

しかも噂ではホンダは有給の「買取」もしてくれるという話で、満了時に消化しきれなかった有給を規定額と引き換えてくれるそうです。

もちろんこれは法律違反などではありません。

ただ本来の有給休暇の意義には反しますので、おおっぴらに買取します!なんてことは言えないんだと思います。

あくまで噂レベルの話として覚えておくと良いかと。

 

とにかく、有給をしっかり取りたい期間工にとってホンダとトヨタが2強であることは確かでしょう。

覚えておいて損はないと思いますよ。

 

まとめ

期間工の中には休み返上で働いてとにかくお金を稼ぎたいという人もたくさんいると思いますが、

計画的に休みをとって体調管理を行い、プライベートも充実させたいって人だっているはずです。

 

満了慰労金・報奨金などの支給システムを考えるとそうそう休みは取れそうにないですが、それも有給休暇を上手く使えばかなり改善することができます。

ですから、勤務先次第なところはありますが、期間工は決して休みなしで働いているわけではないんです。。

 

期間工にだって休みはたっぷりあります。

有給休暇を上手にやりくりして、満了金も充実した休暇も両方ゲットしてやりましょう!

 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ