coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

【ダイエットや健康面で最適?!】工場で仕事をする期間工のカロリー事情が凄かった…

 

工場で仕事をすると、時間当たりのカロリー消費が多くなって、効果的なダイエットになります。

その上、期間工ならば、短期間で予想以上の貯金もできてしまうんですね。

デスクワークの経験しかない人が初めて期間工になって、自動車メーカーや関連部品メーカーの工場で仕事をするようになると、「1ヶ月で4kgも痩せた」「契約期間を満了したら、昔買って穿けなくなってた細身のジーンズが簡単に穿けるようになってた」などの感想がよく聞かれます。

加えて、寮生活などをすれば、規則正しい生活リズムと、食堂でのバランスの取れた食事、間食をあまりしなくなるなどの効果も相まって、カロリーの摂取もコントロールされ、一層ダイエットには最適な環境だったりします。

ライザップに高いお金を払ってカロリー制限と筋トレをするよりも、期間工として工場で仕事して、3食キチンと食べて、お金を貯めながらダイエットする方が賢いかも知れません。

 

痩せれて大金も稼げる工場の高カロリー仕事はダイエットの究極系

 

決して大食いでもないのに、しかも毎日忙しく仕事をしているのに、なかなかダイエットできなくて悩む人がいます。男性よりも女性に多いタイプでしょうか。

試しに、仕事別の1時間当たりのカロリー消費を見てみましょう。ダイエットが上手く行かずに悩んでいる人は、思わず転職したくなるかも知れませんよ。

たとえば、事務職ならば34kcal/h 、農畜産業は68kcal/h、工場での軽い仕事も68kcal/h、大工仕事になると170kcal/h、店舗・空港などのスタッフも170kcal/hです。体育教師・ジムインストラクターになると204kcal/h、整体師・マッサージ師も204kcal/hです。そして、工場での仕事になると272kcal/hになります。ちなみに、建設現場の仕事や、トラック運転手で340kcal/hですから、自動車メーカーや関連部品メーカーの工場で仕事をするのは、相当なカロリー消費になることが分かるでしょう。

しかも、1日に7~8時間は仕事をし、食事の時間も決められていますので、ダイエットには効果的な環境です。それでも、カロリー消費が大きい仕事は、体力的にキツイ仕事でもある訳で、何十年も続けられるものではありませんね。その点、期間工であれば最短3ヶ月、契約更新が続いても最長2年11ヶ月の仕事です。

ダイエットをしながら、短期で高額の貯金をする、という明確な目標を持てる人ならば、工場での期間工の仕事もターゲットに入ってくるのではないでしょうか。 

 

【良いことずくめじゃん…】工場の仕事は辞めたあともカロリー消費の基礎代謝が養われ太りにくくなる

このように見てくると、期間工として工場で仕事をすることは、時間当たりのカロリー消費も多いので、ダイエットにも効果的だろうと、容易に想像がつくことでしょう。

しかも、徐々に基礎代謝も上がってきますから、契約期間を満了して工場での仕事から離れたとしても、以前のように簡単には太らない体質になっている可能性も高いのです。

自動車メーカーの工場などで期間工が就く仕事は、常に基礎代謝を上げるような作業環境が多いためなんですね。

たとえば、プレス工程では鋼板を型抜きしてクルマの屋根やドア、床などを作りますが、1年中長袖と保護具を着用するため、常に暑さと戦いながらの仕事です。

サウナスーツを着用して作業しているようなイメージなんですね。 塗装工程では埃防止のため、1年中ツナギ作業服を着用する上、有機溶剤を用いるため防毒マスクまで着用しなくてはなりません。

おまけに、乾燥炉の熱気が立ち込める中での作業になります。サウナルームで仕事をするような感じでしょうか。

そして、期間工の7割が配属される組立工程のライン作業では、腰を曲げて屈むことを繰り返したり、上向きで手を使うことを繰り返したりします。

スポーツジムでエクササイズしながら仕事をするようなイメージかも知れませんね。これならば、嫌でもカロリー消費は多くなりますし、基礎代謝も上がります。 

 

ということは…カロリー消費の高い工場の仕事はダイエットを目指す女性に最適!

工場で仕事をする期間工と聞くと、男性だけの職場をイメージする人が多いようです。

男性比率が圧倒的に高いのは確かですが、期間工全体の1~2割は女性であると考えられます。

特に自動車関連部品メーカーの工場などでは、多くの女性期間工が仕事をしています。

絶対的な体力では男性に敵いませんが、細かいパーツを組み立てたり、製品検査をしたりという仕事は、男性よりも女性の細やかな感覚が活きます。

また、自動車メーカーの工場でも、比率こそまだ少ないですが、女性期間工が仕事をする光景はすっかり珍しくなくなりました。

特に体力とスピード感を求められる、組立工程のラインでの仕事を担当するのは、さすがに男性が圧倒的に多いです。女性期間工は配給や製品検査など、体力的に楽な仕事を受け持つケースが一般的です。

それでも、事務職や販売職に比べれば、工場での仕事は、ずっとカロリー消費が多いことは確かです。女性期間工の場合、どこの工場でも体力などを考慮して配属されることが普通ですし、セキュリティが良い個室完備の女子寮が無料で用意され、生理休暇も認められることが一般的です。

仕事についての心配はあまり要らないでしょう。

 

 

女性でも働ける工場のお仕事はカロリー消費だけがメリットではありません。

では、女性が期間工として工場で仕事をするメリットは、カロリー消費によるダイエット効果だけでしょうか。決して、それだけではありません。まず、高給と高額の貯金が期待できますね。

例えば、自動車メーカーや自動車関連部品メーカーの工場で期間工として仕事をすると、年収で400万円程度、1年間で300万円程度の貯金ができることは普通のことです。

期間工の給料や待遇に男女差、年齢差、学歴差はありません。年収の4分の3もが貯金に回せるのは、家賃・水道光熱費無料の寮が完備され、食事補助がある工場が多いからなんですね。

しかも、期間工から正社員への登用に積極的な企業も増えてきていますから、頑張って仕事をする甲斐が一層増えます。

オマケに、期間工として工場で仕事をする女性はモテる、という役得も付いてきます。上長や周りの男性期間工も気を遣って、優しく接してくれる人が多いようですから、カロリー消費をしながらの仕事にもハリが出ますね。

女性比率が高い仕事に就くよりも、工場での仕事の方がノビノビできて精神的に楽、と言う女性期間工は少なくないんです。 

 

 

まとめ~ダイエットはもちろん、健康にも良いカロリー消費の高い工場のお仕事

 

工場での仕事はカロリー消費が多く、かつ基礎代謝も上がることから、ダイエットには最適なことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

つまり、スポーツジムに通うのが仕事で、それでお金をもらえるようなイメージでしょうか。今までダイエットが上手くいかなかった人には、オススメの仕事の選択肢とも言えます。特に女性であれば、短期集中型の期間工もオススメです。

高給・好待遇に加えて、まとまったお金を短期で貯められるので、学費や起業・開店の資金を期間工の仕事で稼ぐ女性も珍しくなくなりました。

工場での仕事はカロリー消費が期待できるだけではなく、プラスアルファのメリットがとても大きいのも特徴なんですね。 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ