coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

【これで乗り越えられる!】工場の仕事が苦痛で仕方ない人必見のモチベーションアップ法

工場での仕事、オフィスワークなどと比べて楽なこともあれば、辛いこともあると言います。

黙々と仕事をするライン作業などは、ひたすら機械や部品と向き合うのと同時に、単純作業や体力仕事による苦痛、と言う自分の感情とも向き合わなければなりません。

ほとんどの工場では、自分のペースでは仕事ができませんから、これが辛いこと、苦痛の原因になることは少なくないのです。生産計画によるノルマもありますし、ライン作業ならば自分の前後の工程に入っている人との作業の絡みがどうしても出てきます。

立場によって、人間関係にトラブルが生じることもあり、これも苦痛の種だったりします。工場での仕事にも、人により向き不向きはあります。それでも、何らかの事情で、工場での仕事を選ばざるを得ない人もいるでしょう。

工場での仕事に感じる苦痛、何とか上手に乗り切りたいものです。


工場での仕事は何が辛い?苦痛の種を理解しておけば気持ちに余裕が出る 

工場での仕事のどんな部分に多くの人が苦痛を感じやすいのか、辛い原因を先に理解しておくと、気持ち的な余裕がかなり違ってきます。

また、絶対的に自分が苦手な作業内容の工場・工程ならば、最初から避けることもできますからね。まず、非常に細かい作業が要求される場合です。ルーペとピンセットを使って、微細な部品を組み立てたりするような仕事です。

もしくは、指先の感覚と目視で、製品の細かな傷を見付ける製品検査のような仕事もありますね。集中力と根気が足りないと、終日苦痛を感じるでしょう。次に、働く人の職人技が要求されるような場合。小さな町工場などは要注意で、仕事についてゆけないと、ひたすら下働きをするか、時間を持て余してしまい、これが辛い時間になります。

そして、ライン作業に入る場合です。大きな製造工場に多いですね。スピード感を持って、自分が担当する部品を正確に取り付けたりする仕事です。単純作業を1日に何百回も繰り返しますが、作業ミスをしたり、仕事が遅れたりすれば、自分の前後の工程の人に迷惑をかけます。最悪、生産ライン自体を止めてしまって、工場に損失を出させることにもなります。

仕事中は常にプレッシャーがかかるので、苦痛を覚える人もいるのです。あと、その人の基礎体力で差が出ますが、重い部品を取り付けたり、運んだりなど、力仕事をしなければならない場合ですね。大型機械や、自動車などを生産する工場の仕事に多い苦痛でしょう。最後は、工場の作業環境自体が辛い場合です。高温多湿や大音量、臭気、振動などを常に感じながら仕事をする工場は、決して少なくありません

鋳物作り、プレス加工、掘削・研磨、溶接、塗装などの仕事です。もちろん、これらの仕事に関わる人は、保護具を身に着けて作業しますが、これがまた蒸し暑かったり、重かったりして、新たな苦痛の種になることもあり得るんですね。 

 

あなたは精神面が弱い?肉体面が強い?工場の仕事の苦痛タイプを知ろう

 

このように工場での仕事であり得る苦痛の原因を整理してみると、プレッシャーや周囲の人との関係など精神面のものと、筋肉疲労や蒸し暑さなど肉体面でのものとに分けて考えることができますね。

あなたは、どちらのタイプの苦痛に弱いでしょうか。

両方のタイプの苦痛に弱い人もいます。10代ならばともかく、20代以降になっていろいろな経験を重ねてみれば、薄々自分でも気付いていると思います。

これは良い、悪いという問題ではありません。向き不向きの問題であり、その人が持つ適性・個性なのですから、否定せずに素直に自分の個性を受け止めれば良いのですね。

これを理解した上で、自分に合った工場・工程を極力選べば、苦痛が少なくて自分が楽ですし、仕事も長続きして辞めたいと思わなくなるのです。間違っても、人の噂や一般論だけに惑わされて、仕事をする工場を選ばない方が良いです。自分の感覚が大切です。

例を挙げると、自動車メーカーの工場での組立ラインの仕事は辛い、苦痛を感じやすい、と一般的には言われます。屈み込んで正確に小さな部品を取り付けたり、重い部品や道具を持っての立ち仕事だったりするためでしょう。それでも、「仕事を始めたばかりは体力的に辛いけれど、慣れてしまうと苦痛を感じなくなる」「身体が自動的に動くようになれば、むしろ楽な仕事と感じる」などのコメントする人も確実に一定数いるのです。

こんなコメントをする人は、組立ラインの作業に適性があり、工場での仕事を辞めたい、とはきっと思わないのでしょう。 

 

期間限定で割り切れば、工場での仕事に感じる苦痛も乗り切れる? 

ところで、自動車メーカーや関連部品メーカーの工場での期間工、最近は短期でまとまったお金を貯めることが可能な仕事という理由で、急激に注目されるようになりました。

年齢・性別・学歴・経験不問で採用され、1年間で300万円程度、3年間で1000万円程度の貯金をする人はザラですから、今のご時世に人気なのも頷ける話です。しかし、この期間工という仕事、別の見方をすることもできます。

正社員として工場に就職すれば、基本的にはずっと同じような仕事をすることになります。他方、期間工という立場で工場に就職するならば、契約期間が満了するまでの仕事です。最短で3ヶ月、長くても6ヶ月です。

期間限定で、かつ目的意識があれば、仮に工場での仕事に多少の苦痛を感じたとしても、乗り切れるとは感じませんか。

まとまったお金を短期間で稼ぐため、と割り切って仕事をする訳ですね。自分に合わない仕事に従事して、いつまで続くか先が見えない状況は辛いものです。もちろん、期間工の仕事が合っている人も中にはいます。そのような人は正社員として登用され、工場で後進の指導に当たることもあります。

期間工は、最初の1ヶ月間で多くの人が辞めたいと考え、実際に脱落する人も多く出ます。それでも、最初の1ヶ月を乗り越えると、工場の仕事環境にも慣れて、肉体面の苦痛をあまり感じなくなり、辞めたいと思う人は急激に減るようです。

ちなみに、体力的に不利になりやすい女性や中高年の期間工は、どこの工場でも配属や仕事の内容は考慮されます。


やっぱりモチベーションアップにはこれ!工場の仕事の苦痛も吹っ飛ぶ期間工の給料と待遇

ここまで見てくると、期間工の工場での仕事は、最初の辛い1ヶ月を乗り切ることがポイント、と言えそうですね。期間工の給料・待遇を見ると、この最初の苦痛を乗り切る価値は十分ありそうに感じます。期間工が仕事をする自動車メーカーや関連部品メーカーの工場は、大手企業ばかりです。性別や年齢、学歴に関係なく、年収は350万~450万円程度です。残業や休日出勤の状況により、これくらいの幅が出るんですね。現在、年収200万円以下をワーキングプアとするケースが多いのですが、この世帯比率は最新調査で約23%だそうです。期間工の年収は、非正規労働者の割に恵まれていることは確かです。しかも、どこの工場でも、希望する期間工全員に、家賃・水道光熱費無料の寮を提供しています。その上、食事補助のある工場も多いです。加えて、高額の入社祝い金や皆勤手当、満了慰労金なども支給されますので、年収400万円程度でも1年間に300万円ほど貯金できる、という生活環境になるんですね。工場での仕事の当初の苦痛を乗り越えるためには、期間工の給料・待遇面での魅力が、大いにモチベーションになるのではないでしょうか。ちなみに、東京都内の大手企業や外資系企業で仕事をしていて、年収で1000万円を超えているような正社員であっても、1年間に300万円を貯金に回せるような人は滅多にいないものです。


 

まとめ~工場の仕事は苦痛ばかりではありません

 

工場での仕事ならではの苦痛、そして辞めたいという思い、少し経験したことがある人ならば、分かっていただけることでしょう。経験したことがない人でも、額に汗して仕事をするのが、工場勤務のイメージでしょうね。精神面、肉体面、自分が何に苦痛を感じやすいのか、向き不向きを見極めた上で、少しでも苦痛を感じ難い工場・工程を選ぶことが、仕事が長続きするためには大切です。また、期間限定であれば、仮に多少苦痛を感じても乗り切れる人は多いものです。加えて、給料と待遇が良ければ、辛い仕事でも乗り切るモチベーションになり得ます。期間工も最初は肉体面で辛い場合が多いですが、1ヶ月程度を乗り切ると仕事の環境にも慣れて、苦痛を感じ難くなる人が多くなります。 




 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ