coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

24時間稼動の工場を選ぶ際に読むべき!!注意点やメリットなどまとめてみた。

工場には、24時間稼動している場所があることを知っていますか?企業によっては、24時間製造を続けなければならないので、必要な作業員を確保して24時間稼動しているところもあるんですよ。深夜でも工場が動いているなんて、信じられないかもしれませんね。

でも24時間稼動を行っている工場はそれなりにあって、場合によっては交代制で仕事をすることもあるでしょう。24時間稼動について理解していれば、仕事について考えていけるようになりますよ。

 

24時間稼動の工場の働き方は?

 

24時間稼働を行っている工場は、大体2交代か3交代を採用しています。1人の人が24時間仕事をするなんてことはできないので、仕事上問題のない時間帯である、3交代をベースとして考えていることが多いです。

 

24時間稼動の場合の2交代制のメリット、デメリット

 

2交代の場合は、日中の仕事と夜間の仕事に分かれています。メリットとしては、次の仕事までの時間が長く取られることです。日中の仕事をしている人は、次の仕事までの余裕が生まれますので、ゆっくり休むことができます。夜勤の人には仮眠時間が用意されていて、2時間以上の睡眠時間を確保した上で仕事ができる仕組みとなっています。

夜の仕事をしている人でも、仮眠を取ることができる点では安心できて、睡眠時間がずれてしまうこともありません。安心して休み、そして夜の仕事を続けていけるようになりますので、2交代のメリットもそれなりにあります。

 

デメリットとして挙げられるのが、夜勤の勤務時間が非常に長く設定されていることです。日中の仕事であれば変わりませんが、夜勤の場合はかなり長く設定されているので、場合によっては長時間の勤務をさせられます。会社によって変わっていますが、夜勤の人は負担が大きいとされている方法です。

 

24時間稼動の場合の3交代制のメリット、デメリット

 

3交代の場合は、8時間毎に区切りをつけて仕事をしてもらう方法を採用しています。3交代のメリットは、仕事時間がある程度決まっていることです。8時間という範囲が設定されていますので、それ以上の仕事をする必要はありません。つまりそんなに長い仕事をしていくこともないので、深夜の仕事だったとしても負担は小さくなります。

もう1つのポイントして、ある程度仕事時間が決められている会社も多くあることです。この人はこの時間帯というように、割り振りがされているので、変な時間帯に設定されることがありません。

 

一方でデメリットが多い方法とされています。まずは深夜の休憩時間がかなり短く、作業が困難となっている部分です。2交代では寝ることもできますが、3交代ではできません。深夜帯も普通に作業をしていくこととなります。

更に、8時間仕事が行われた後、8時間休んでまた仕事というシフトを作られる場合もあります。これは1日に16時間仕事をしていることと同じ状態になってしまい、勤務時間が長くなり負担も大きくなってしまうのです。

 

一定時間だけの稼動の工場のメリットデメリットは?

 

規定されている時間だけ仕事をしていくところは、会社が決めている時間だけ仕事をしていく形となります。メリットとしては、ほぼ夜勤がないことです。夜に仕事をしている工場は、交代制を採用していない限り殆どありません。つまり日中だけ仕事をして、夜は自宅でゆっくりできるようになり、負担がかなり減らされるようになります。

体力的にも厳しいことがありませんし、休憩時間もしっかり作ってくれるところですので、一定時間だけ仕事をする工場は楽なことが多くなっています。

 

しかしデメリットとして、残業が多くなる傾向もあります。作業が終わらない場合は、残業をして仕事をしてもらう形が取られますので、何時間も仕事が延長される場合もあります。仕事が終わらない場合、休日出勤も増えてしまうので、仕事量次第では休みが減ってしまう傾向もあります。

 

せっかく働くなら24時間稼動の工場で、期間工として働こう!

 

どうせ工場で仕事をするなら、24時間体制のところが良いでしょう。24時間のどこかで仕事ができるようになれば、深夜手当などによって給料が増える可能性もあるからです。特に期間工という仕事については、仕事時間が固定されていることも多くなって、3交代のデメリットを減らせる可能性があります。

期間工の場合は、指定されている時間だけ仕事をする形になります。仮にこの時間に仕事をしていくのが難しいと思えるなら、契約期間が終わったら辞めてしまえばいいので、長く仕事をしていく必要もありません。短期間だけ仕事をして、交代制の仕事を体験できるようになるでしょう。

 

期間工の場合は、ある程度慣れてくると作業がしやすくなり、交代制だったとしても生活習慣を作りやすくなるでしょう。正社員の可能性も出てきますので、長く仕事を続けるメリットも大きくなります。

 

まとめ

 

24時間稼働という工場も多くなっている現状があり、大企業を中心として採用している方法です。交代制の仕事の場合は、かなり負担が大きい可能性もありますが、交代する方法によって違いが出てきて、シフトの影響も出やすいと考えてください。

期間工の場合は、交代制の仕事が非常に多くなっています。交代制に対応できない場合は、契約を更新しない方針も取れますので、工場での仕事を考えている方にも安心できます。比較的待遇がよく、休みの時間もしっかり得られる期間工なら、交代制にも対応しやすいでしょう。




 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ