coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場の5Sってなんだ?!工場勤務するなら知っとこう!

工場の5Sって聞いたことありますか?
この言葉は、製造業では30年も前からいわれていることだそうです。
内容の重要さから、製造業以外にも波及し、今ではあらゆる分野でいわれるようになりました。
その内容は次の5つ。

  1. 整理
  2. 整頓
  3. 清掃
  4. 清潔
  5. しつけ

これらの頭文字をとって「5S」と呼ばれています。
内容を見てしまうと、「なんだ、そんなことか」と思いますよね。
パッとしないというか、あたりまえなことというか。
ところが、この言葉一つひとつについて、きちんと考えたことのある人は何人いるでしょうか。
整理と整頓の意味の違いを正確に説明できる人は果たしてどれくらいいるでしょうか。
こういわれると、不安になる人もいるでしょう。
簡単な内容ですが、きちんと理解している人は少なく、実践できている人はほとんどいないということです。

そういう意味だったのか! 5Sの内容を理解する!

「整理」

整理するとは、簡単にいうと「要るもの」と「要らないもの」にわけて「要らないもの」を処分すること。

整理が苦手な人は、「要らないもの」かどうかを判断できない人が多く、「いつか使うから」と「捨てられない」ことがほとんど。

こうした場合、「いつか使う」のではなく、「いつまでに使うのか」を明確にして期限が来たら捨てるようにします。

だいたい、半年から1年使わなければ、使う機会のないものと見ていいでしょう。

工場では、あまり使わない機械の工程を外注にしてしまうことも「整理」といいます。

「整頓」

整頓とは、収納などを効率よくおこない、必要なものがすぐに取り出せるようにしておくこと。

「あれどこにしまったっけ?」ということのないように、表示ラベルを貼っておくとか、種類別に分けるなどします。

種類別に分け、使用頻度が多いものをすぐに出せるところに、使用頻度が少ないものを奥にしまうのが原則。

使ったあとに必ず元の場所へ戻すとか、関係のない人が見てもどこに何があるかがわかるよう表示しておくことが大切です。

「清掃」

清掃とは、掃除をしてゴミやほこりや汚れのない状態にすること。

さらに、機械の点検や道具の点検なども行い、すぐに問題なく仕事ができるようにしておくことです。

また、作業着にほつれや破れ、汚れがないか、機械に引っ掛けると大事故になりますから、そうしたこともしっかりと確認しておくことです。

現代工場では、食品加工でも、精密機械でも、チリひとつ許されない工程はたくさんありますので、清掃も非常に重要な要素です。

「清潔」

清潔とは、「清潔な状態を保つ」といいかえてもいいかもしれません。

先に書きましたように、食品加工では食中毒の観点などから、徹底的に工場内を清潔に保つこと、作業員自体が清潔であることが要求されます。

製造業には、精密機械や、塗装の工程などでも、チリひとつ、髪の毛一本許されない工程がたくさんあるのです。

整理、整頓、清掃を徹底し、清潔な状態を保ち続けることも、工場には非常に重要といえます。

「しつけ」

しつけというと、「犬のしつけ」などのようでいい気分はしませんが、そういうことではありません。

しつけとは、決められたルールをしっかりと守れるように習慣づけることです。

決められたルールには、個人的な理由は一切関係ありません。

「今日は体調がわるいから」「これくらい自分で何とかできるから」そうした理由は一切許されません。

ルールというものには、「ばかばかしい」と思えるものもたくさんありますが、それはお互いに迷惑をかけないために設定されています。

「ばかばかしい」と思うことでも、それを実行しないことで迷惑をする人が出てくるのです。

なので、細かなこともしっかりと守るように習慣づけましょう。

工場の作業は他では通用しないけど、5Sは他でも通用する!

「工場の仕事は外では通用しないなんの得にもならない作業だ」といわれることがあります。

確かに、ライン作業で行っている職人のような仕事は、ほかでは役に立たないかもしれません。

それは、なにも工場の仕事だけでなく、営業でもなんでもだいたいそうなんですが、あえてそこには触れません。

ところが、この「5S」は、どこに行っても通用する、ある意味「スキル」です。

もし、今後工場を辞めることになって、違う仕事をすることになっても、この「5S」を極めていれば必ず出世します。

これは間違いないです。

ライン作業より、5Sを極めることを推奨したいくらいです!

まとめ

工場の5Sについてみてきました。

あたりまえのように知っている言葉ばかりなのに、意外と新鮮な内容だったのではないでしょうか。

よく、社長自らトイレ掃除をする会社は大きくなるといいますが、ある意味で当たっていると思います。

掃除をすることで得るものは「感謝」です。

感謝を知れば、お客様は増えます。

ただ、会社が大きくなってもトイレ掃除ばかりしている社長では頼りないですがね。

とにかく、「工場の5S」は必ずマスターしましょう!

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ