coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

超簡単!契約社員がライン作業を乗り切る2つのポイント!

工場勤務といえば、ライン作業がメインです。
契約社員でもそれは同じこと。
ライン作業とは「流れ作業」のこと。
ベルトコンベアーやクレーン、ロボットアームなどで流れてくる部品を、組み立てたり、加工して次の工程へ送る仕事です。
もちろん、流れていますから、時間の制限があり、遅れたり、ミスったりすると全工程を止めてしまうことになりかねないプレッシャーのかかった仕事です。
止めてしまうと、誰に何を言われるわけではなくても、視線が気になったり、ものすごいストレスを感じます。
仕事を覚え、慣れてしまえば、身体が勝手にやってくれますから、ライン作業で遅れるということはよほどのことがないとありません。
問題は、仕事を覚えるまで、慣れるまでの期間です。

契約社員は自力で頑張るもの?!

契約社員とは、一定期間工場の社員として働く社員です。

悪く言えば、「工場にずっといるわけではない社員」です。

こうした契約社員は、「使い捨て」として扱われることがあります。

あからさまに「使い捨て」として扱われるところも、ごくたまにあります。

そうでなくて、よく働いていても「頑張ってくれてるけど、おまえに言っても仕方ないしなぁ」といったところはあります。

工場にとって「育てても仕方のない人材」であることは間違いがないわけです。

そのため、「自分で学んで期間中はしっかり働け」という見えない縛りがあるわけです。

最初の研修でも、くらいついて覚えるくらいの気持ちが必要ですし、急に知らない仕事を任されることもあります。

作業が遅れる!仕事が覚えられない! 

必要以上に丁寧には教えてくれないと思って、最初からくらいついて学ばないと、仕事が覚えられないとか、作業が遅れるということが起こります。

丁寧に教えてくれることも当然ありますから、そういうときは運がいいと思って、ますます集中して学びましょう。

ライン作業が止まると、ものすごいストレスですから、「もう辞めたい」となりかねません。

ライン作業の悩みは、「仕事が覚えられない」「仕事が遅れる」「みんなと違って向いてないのかも」といったものが圧倒的に多いです。

一生懸命やろうと思えば思うほど、努力がなかなか報われずに、やっぱり「もう辞めよう」となってしまいます。

一生懸命やってもできないことが、「向いていない」と思う理由になるわけです。

大切なのはこれだけ!ポイントは2つ!

実は、とても簡単なことが原因でそうなっているのです。

1つは「悩みすぎ」、もう1つは「全体が見えていない」ということ。

悩みすぎて一生懸命やることで、全体が見えなくなっている可能性があります。

少し力を抜いて、自分の工場は何を作っている工場なのか、自分の工程はどの部分か、全体の工程を把握することが大切です。

それをふまえて、ライン作業のポイントをご紹介しましょう。

①「順序を把握する」

ライン作業自体は、単純で簡単なものです。

仕事が覚えられない理由は、単純な作業が複雑に絡んでいて、順序が分からなくなっていること。

1つひとつ順序を確認していくことが大切です。

②「意味を理解する」

作業自体は簡単ですが、その意味を理解していないと、順序が覚えられなかったり、とばしてしまったりします。

「その動作は何のためにしているのか」をしっかり考え、きちんと理解しておきましょう。

ポイントはこの2つだけです。

こうしてみると地味ですが、この2つのポイントをしっかりと押さえておけば、ライン作業は簡単にできるようになります。

期間工なら大丈夫? 

契約社員は、研修を適当に済まされたり、教えられていない仕事を任せられたり、できないと叱られたり、ぞんざいに扱われていることもたくさんあるようです。

大手企業の期間工であれば、トヨタや日産が雇用主ですから、比較的そう言ったことは起こりにくいといえます。

そうは言っても、「ずっとこの工場にいるわけではない」という事実からくる扱いの違いはやはりあるかもしれませんが、それは悪意からきているのではないということ。

工場勤務には、どうしても慣れるまでの自分の努力と対策がいります。

これは、工場勤務だけでなくどの仕事場でも同じことです。

知らない仕事をさせられることもありますが、自分で調べて覚えると、一生忘れないものです。

どうしても嫌なら、なるべく大手企業の期間工になって、収入と待遇で乗り切るという手もありますよ。

まとめ

契約社員のライン作業を見てきました。

契約社員は、ずっとその工場にいるわけではないので、「扱い」が違うこともあるということ。

仕事が覚えられない理由は、全体を把握していないことが原因である場合もあること。

ライン作業の2つのポイントは、

  1. 順序を把握する
  2. 意味を理解する

仕事は教えられるより、自分で調べて学んだ方が詳しくなること。

こういったことを見てきましたが、ライン作業は慣れるまでが勝負。

慣れてしまうと、悩んでいたことが嘘のように退屈な仕事になります。

そこから先は退屈との闘いがあるわけですが、まずは、この2つのポイントをおさえてライン作業のプロになりましょう!

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ