coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務!ライン工の人間関係での悩みとは?

女性のライン工の人間関係とは?

工場のライン工として働き始めると、様々な人間関係に悩むことも出てきます。
例えば、食品工場などでは、女性が多い職場ですが、女性特有の仲間意識の強さから人間関係が難しいところがあります。女性ばかりの職場だと、いくつかの派閥的なグループ意識があるようで、作業中だけでなく、休憩時間にもそのグループでの行動に、初めて入ってきた人は戸惑い、また疎外感を感じるのです。

派閥グループに入っていないと、仕事のこともなかなか聞く雰囲気になれなかったり、作業の内容も変えられるなど、いろいろなやりにくさを感じることがあるでしょう。作業場には男性の上長がいることが多いですが、困ったことがあって、この上長などに相談すると周囲の女性グループから一斉に批判を浴びたり、白い目で見られたりということもあります。

では、そんな状況を変えるにはどうしたら良いのでしょうか?
まずは作業場の人間関係をさりげなく観察をして、どのグループの誰が力を持っているのかを判断します。それがわかったら、その力を持っている人の言葉、行動をチェックします。その人の逆鱗に触れることはどんなことなのか、またその人が気に入る行動とはどんなことなのかを探りましょう。
力を持っている人に仕事をちゃんとしていると認められると、一気にやりやすい環境になります。

 

自動車期間工の場合

現在は、自動車業界の工場が多く募集されていますが、その中でも期間工の仕事は魅力がありますね。高い収入や、無料の寮での生活など、短期間でお金を稼ぎたい人にとっては興味のある仕事だと思います。しかし、ここでの人間関係に不安を感じる人が多いのも事実です。その理由として、寮生活を含めて、長時間同じ職場で過ごす仲間との人間関係をうまくやれるのか心配になるからです。

自動車工場のライン工の仕事は、数人でチームを組み、一つのラインを築いています。そのライン工程をスムーズに効率的に作業が行われることで、残業もなく終えることができるのです。ライン工の一番辛いところは、周囲との調和がとれなければ、仕事が進まないということです。新人の人にとっては、プレッシャーとなることも多いでしょう。

次々と流れてくる部品に加工を加えたり、組付けを行う作業には、ある程度のスピードが求められます。この作業スピードが適正に守られないと、周囲の仲間に迷惑をかけてしまいます。ラインが止まってしまうこともあるので、ライン工は常にピリピリした空気があるとも言えます。

 

人間関係でトラブルが起こったら

もしも作業中に人間関係でトラブルが起こったりすると、機械を使っての作業なので、それが大事故につながる場合もあり、とても危険です。また、作業場の雰囲気も悪くなり、長時間の勤務時間が辛いものになるでしょう。周囲の目が気になって、余計にミスを重ねてしまう原因にもなり兼ねません。

同じライン工程で人間関係がうまくいかない事例が生じたら、上長に相談することをお勧めします。上長はその作業場をうまく回すのが仕事ですから、人間関係のぎくしゃくした状態を改善するための努力をしてくれるはずです。相手を悪く言うのではなく、どうしたらうまくやっていけるのかをアドバイスしてもらいましょう。

それでも人間関係がこじれてしまったら、ラインを変えてもらうか、勤務時間を変えてもらうなどの配慮を求めましょう。人数が多い工場であれば、ラインの変更や、勤務時間のシフト変更などは難しいことではないでしょう。

 

ただし基本的には自分も努力をすることが前提

人間関係は一方的にどちらかが悪いということはありません。相手の良い点などを探す努力をするなど、できることはしてみましょう。また、なるべく自分から心を開いて人を受け入れるというスタンスでいれば、大きなトラブルを起こすことなく、人間関係をスムーズに築くことができるはずです。他人との会話が苦手であっても、同じ職場で一緒に過ごすことが多い期間工は、一人でも多くの人と仲良くなっておいた方が絶対に得なのです。自分のやり方次第で周囲の雰囲気も変わってくると知っておきましょう。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ