coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場の派遣社員の面接!どんな服装で行く?

工場系派遣会社について調べる

派遣会社に登録をしていると、様々な仕事を紹介してくれます。中には工場勤務を専門に扱っている派遣会社もありますね。どんな工場で働きたいかによって違いますが、大手の派遣会社では、「indeed」や「工場ワークス」「ジョブコンプラス」などがあります。また、自動車期間工専門の会社では、「Man to Man」や「アウトソーシング」が有名でしょう。

派遣会社に登録をすると、希望に沿った会社を紹介してくれます。期間工で働きたいと思ったら、希望の会社名や工場の場所などを伝えましょう。期間工の仕事は全国で募集があるのですが、基本的にはどこの地域からでも面接は可能です。まずは派遣会社に連絡をして、派遣会社での説明会及び面接を受けることになります。

派遣会社の面接ではそれまでの職務経験や所持している資格や免許などを聞かれるでしょう。またどんな仕事を求めているか、希望条件などを質問されて、いくつかの会社を紹介されるという流れになります。派遣会社から見て、あなたにふさわしいと思われる会社をピックアップしてくれますから、その中から実際に面接を受けたい会社を選びます。

 

地方の期間工の仕事への応募は?

期間工の仕事として済んでいる地域から遠方となる工場で働きたいと思ったら、現地での面接を受けなければなりません。その場合、派遣会社の担当者と一緒に現地で面接を受けることになります。その前に派遣会社の1次面接があるので、派遣先工場の仕事の内容の詳細を聞いたり、疑問点を解消しておきましょう。

遠方の勤務工場での面接に行く際、工場までの交通費は派遣会社が負担してくれます。また、前泊での面接が多いため、工場近くのホテルなどで宿泊することになりますが、この宿泊費も派遣会社が負担となります。派遣会社の担当者にアドバイスをもらって、工場の人事担当者の人との面接に挑みます。

面接が無事に終了したら、3日ほどで合否の連絡が来ます。採用が決まったら、すぐに赴任の準備をしましょう。寮はほとんど寝具や家庭電化製品は揃っているので、体一つで現地に行きます。この時の赴任費用、引越費用も派遣会社が出してくれるところがほとんどなので、安心して準備をしましょう。

 

派遣会社の一次面接とは

企業への就職の前に、派遣会社の行う一次面接に行かなければなりません。そこでは派遣先の仕事の内容や条件を詳しく教えてくれます。夜勤のこと、寮のことなどの情報を集めることができます。しかし、代わりにあなたが期間工としてやっていけるかどうかを判断されます。体力的に問題はないかどうか、長く続けられそうかどうかなどを様々な角度から判断します。

その時の面接で注意したいことは、どんな質問にも はきはきと答えることです。前職を辞めた理由なども聞かれると思いますが、会社都合での解雇なども場合は正直に話してよいと思いますが、人間関係のトラブルやたいぐうえ面での不満は言わない方が無難です。また、やる気があることを伝えましょう。派遣会社が応援したいと思える人材でなければ、派遣先への紹介も雑なものとなってしまいます。

派遣会社への面接は、スーツで行くのが一般的でしょう。やはり仕事のオンとオフをしっかりと分けて考えられる人という印象をつけるにはスーツが一番です。しかし、スーツを持っていない人は、落ち着いた色のスラックスとジャケットで良いでしょう。要は清潔感があり、仕事を意識した服装であればOKです。

 

派遣先での面接に挑む時

派遣会社の面接を終えると、いよいよ派遣先の会社の面接に行きます。この場合、派遣会社の担当者も同行し、面接時も同席することが多いです。面接までに派遣会社の担当者から、いろいろとアドバイスを受けるでしょう。派遣先の会社での面接でも聞かれることはほぼ同じで、応募動機や今までの仕事のことや体力面での自信などに質問が及びます。明るくはきはきと答えられるようにしておきましょう。

派遣先の会社の面接は、派遣会社の面接と同様にスーツかジャケットがふさわしいでしょう。中にはジーンズなどで来ている人もたまにいますが、心象的にはやはり仕事を意識した服装がベストです。靴もサンダル履きなどはもってのほかですが、スニーカーよりは革靴の方が印象は良いでしょう。応募先が工場であっても、面接はビジネスカジュアルが基本です。

身だしなみも気を配りましょう。男性は髭などは必ず剃って行くことです。また、清潔感のあるヘアスタイルであることと、入れ墨やタトゥーはNGです。せっかくの面接ですから、外見で落とされるようなことは避けたいですね。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ