coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

【解説】期間工は住所変更はするべきなの?

期間工で働く時の住所はどうする?

期間工は一定の契約期間限定の社員になります。つまり、永久的に勤務地に住むわけではありません。そのため、期間工にとって、住所変更が必要なのかどうかは様々な意見があります。基本的には住民票は住んでいる住所で登録しなければなりません。引っ越しをして14日以内に届け出が必要なのです。
しかし、期間工のようにいずれ帰る実家がある場合には、実家の住民票をわざわざ移さなくても良いとされています。

ただし、期間工を6ヶ月以上続けるとしたら、やはり住所変更はしておいた方が便利だという人もいます。寮生活を始めてから、新しく何かの手続きをする場合に住所確認の出来るものの提示を求められることがありますね。その時に県外の免許証を見せたら、手続きができないという場合もあります。

けれど、実は住所変更をしなくても、実際にはほとんど生活上困ることはないのです。期間工の場合、会社が保険証を作ってくれますから、住所確認の提示を求められたら、ほとんどはそれで対応できます。気になる免許証の更新も、全国どこの免許センターでも更新手続きはできるのです。

 

後から住所変更をすることは可能?

最初は期間工の仕事が続くかどうかわからないので移さなかったけど、やっぱり後から移したいと思った場合は、住所変更は可能なのでしょうか?住所変更は後からでも可能です。その際には、実家のある住所を管轄している役所から転出届を取り寄せて、現住所のある役所に転入届を提出します。郵送でのやり取りが面倒ではありますが、長期にわたって寮生活を続けるのであれば、手続きしておくことも良い選択かもしれません。

期間工の中には、意外にこのように後から手続きをする人が多いようです。最初はどうなるかわからない仕事だと考えていても、実際に6か月経ち、1年が経つとその気になる人が多いのでしょう。特に遠い地方から赴任している場合はその手続きに面倒くささを感じてしまいますが、先輩たちが後から手続きをしているのを聞いて、自分たちも手続きするという人がいます。

期間工として仕事をする以上、その寮の住所から変わることはしばらくないはずです。場合によっては最長の2年11ヶ月その寮に住むことになります。その間には、近くのレンタルビデオで会員証を作ることもあるでしょうし、免許証の更新もあります。であれば、住所変更をしておけば、いろいろな面で便利なことも確かです。期間工を続ける覚悟ができたら、住所変更を考えても良いかもしれませんね。

 

期間工の住民税ってどうなっているの?

住民税は住んでいる市町村から納付書が届き、支払いをすることになりますが、住所を寮に移した期間工の場合はどうなるのでしょうか?
住民税は納税をする年の1月1日の時点に住んでいた市町村に納付しなければなりません。引っ越しした場合は、前に住んでいた市町村から納付書が届くのです。期間工は、会社に住所変更の申請さえすれば、後は会社が面倒な処理をしてくれます。

会社によっては、住民税を給料から天引きしないところもあります。その場合は自分で住民税を納付しなければならないので、自分の勤める会社がどのような手続きをしているのか、確認しておく必要があります。気をつけなければならないのは、住民税が前年の収入によって金額が決まることです。契約期間を終えて、満了慰労金をもらって退職すると、期間中に生じた収入の住民税が次の年の6月に請求が来ます。

この時の住民税は寮があった市町村に収めることになります、すでに帰省している場合は、納付書を郵送で送ってもらい、コンビニや銀行から払い込めば良いでしょう。

このように、期間工のように一定期間だけ住所を移す人は様々な手続きが複雑ですが、ポイントとして、住所変更をしなくても特に問題はないことは覚えておきましょう。ただし、住民税に関してだけは必ず確認を取っておくことが大切です。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ