coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務!12時間勤務ってどうなの?

工場勤務の勤務時間はどれくらい?

工場にも様々な勤務時間帯があります。大手自動車メーカーでは、昨今はほとんどが2交替制勤務になっています。2交替制の場合は、昼勤と夜勤になります。具体的な例を見てみましょう。自動車メーカーの最大大手のトヨタでは、昼勤06:25~15:05夜勤16:00~00:40という時間帯での勤務となっています。

また、日産自動車では昼勤8:00~17:00、夜勤20:00~5:00となっています。このように会社や工場によって勤務時間は様々ですが、2交替制の場合は生産量によって、残業が発生することがあり、12時間勤務の工場が多いのです。12時間勤務というと、かなりの負担という印象がありますが、ベテランの期間工に言わせると、2時間ごとに休憩が入るので体が慣れればそれほど苦痛ではないとのことです。

とはいえ、初めての工場勤務の人にしてみれば、いきなり12時間労働はかなりきついでしょう。自動車工場では2交替制と3交替制が多く、どちらが良いか議論されることも多いのですが、働き方についてはそれぞれの好みで分かれるようです。2交替制の場合は残業が多くなることが多く、お金を稼ぎたい人にとっては歓迎されますが、楽な勤務を求めている人には不人気でしょう。

 

12時間勤務をすることにメリットはあるか?

12時間勤務をすることは、当然その時間給が手に入るということなので、高額な収入を得ることができます。また、2交替制なので、休みは多くなります。家族と過ごす時間が増えるのは嬉しいことでしょう。この2交替制の会社は土日休みのところが多いのも特徴です。

12時間労働というと長い勤務時間と思われますが、作業時間2時間ごとに10分ほどの休憩時間が組み込まれます。たかが10分と考えがちですが、2時間ごとに休憩を入れるのは体にとっても、精神的にもとても良いことなのです。通常の会社ではなかなかできないことです。この10分の休憩時間に体のストレッチや、気持ちの入れ替えなどをして、次の仕事への体制を作ります。

同じ仲間と長時間の作業を共にすることで、お互いの間に人間関係が築かれます。期間工は一定期間で退職をしますが、同じラインで仲良くなり、次の職場も同じところを目指すなど、心の友ができやすい環境です。

 

しかしデメリットも多い12時間勤務

もちろんですが、体への負担は大きいです。体力のない人にとっては、なかなか大変かもしれません。特に中高年や女性にとっては12時間は体だけでなく、精神的にも辛いのではないでしょうか?体のケアが必要となりますね。

その日によって、残業があったりなかったりというシフトなので、収入が安定しないというデメリットもあります。お金が稼げると思っていたのに、時期によっては残業が少なかったりということもあり、予定が立たないことで不安になるという人もいますね。工場勤務は残業手当や深夜手当が高くなっている分、その残業や深夜勤務が減ると、収入にかなり影響が出るので、そこがネックだと言います。

一日の労働時間が長いので、自分の時間が少ないということに悩む人もいます。帰ったら寝るだけの生活が続くことは辛いですね。人によっては、毎日、趣味の時間を作って楽しんでいる人もいるので、そのような人にとっては、12時間勤務は自分の自由時間を削っていることになります。

 

では12時間勤務を楽しむためには

これはやはり収入を目標とすることでしょう。せっかく期間工になったのであれば、とことんお金を稼ぐことに集中するのも良いですね。目標を立てて、期間工を終えた時には何をするか、なにをしたいかを考えましょう。

また、これだけ集中して仕事をすると当然のことながらある程度の知識や技術を身につけることができます。期間工のメリットとして、正社員への道が開かれていることがありますから、自動車業界で活躍したいと思ったら、ぜひ一度、正社員登用の試験を受けてみてはいかがでしょうか?

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ