coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場でのバイトや期間工!筋肉痛にどう対処する?

初めての工場でのバイト!肉体労働が多いの?

工場勤務というと、肉体労働をイメージしますね。確かに自動車業界の工場などは重い車体を扱ったり、大きな機械を使うことが多いので、肉体的にきつい仕事があるとされています。また、ブリジストンなどのタイヤ工場も体力を使う仕事だと有名ですね。

初めて工場でバイトする人は、その肉体的な疲れに驚くことでしょう。想像していた以上に体のあちこちが筋肉痛になっていることがあります。それは、重い重機を持つ仕事だけに限らず、食品工場のような軽作業であっても、立ちっぱなしでの作業は意外に体に疲労をためていきます。

工場でのライン作業は、同じ姿勢で同じ作業を延々と行うので、使用する筋肉が限られてきます。そのため、普段は酷使しなかった筋肉が悲鳴をあげるのです。家に帰って、次の朝を迎えると、意外なところにいたみをかんじたりするのはそのためでしょう。

 

工場勤務の筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方は残念ながらこれといって効果が高いものはありません。しかし、入浴時間をいつもより多めに取り、特に湯船につかることがお勧めです。シャワーだけでは体の汚れを流すだけで、肉体的疲労には効果はありません。温かいお湯につかることで、疲れ切った筋肉がほぐれ、筋肉痛は少し楽になるでしょう。お湯の中でゆっくりマッサージをするのも効果的です。

また、筋肉痛を治すためには、栄養を考えることが大切です。優良なたんぱく質を摂取することで、筋肉痛の痛みが減少することは科学的な研究からもわかっています。ビタミンB1は疲労回復に大きな役割を果たすことも有名ですね。豚肉の生姜焼きなどは、工場勤務をする人の定番メニューとされています。

一番大切なことは、やはり睡眠をしっかりととることです。工場勤務の場合、夜勤などが絡み、なかなか熟睡できないこともありますが、睡眠をしっかりととることで、筋肉疲労はかなり抑えられます。寝ている時には、成長ホルモンが筋繊維の回復に大きく貢献してくれるので、少しでも睡眠時間を多くとれるように生活を考えることが大切です。

 

工場勤務の筋肉痛はいつまで続くの?

初めての工場勤務で、体のあちこちが痛いという人は多いでしょう。どんなに強靭な体を持った人でも初めての勤務では必ず筋肉痛を体験すると言います。しかし、考えてみてください。工場勤務をしている人々の中には、中高年の人もいますし、女性も多いです。そんな人々でも長く継続して仕事をしているのは、自分で体のケアもしているからなのです。

初めは辛い筋肉痛もいつまでも続くわけではありません。ほとんどの人が一週間もしないうちに体が慣れてくると言います。体が慣れてくれば、それまでの疲れが嘘のように消えていきます。筋肉痛は、同じ筋肉を継続的に使うことからきているので、日にちがたつことで次第に楽になってくるものです。

筋肉を鍛えていくことで、その筋肉は強くなっていきます。工場勤務で数日過ぎると、筋肉は徐々に鍛えられていくので、痛みを感じなくなります。知らない間に腕が太くなったり、脚が太くなったりするのはそのせいですね。工場勤務を続けていると、体型が変わったという人もいるくらいですから、筋肉の変動はすごいものです。

 

筋肉痛にならない秘訣はあるの?

筋肉痛にならない秘訣は、常に筋肉を鍛えることに他なりません。大手自動車工場の寮には、スポーツジムの設備を併設しているところもあり驚きますが、体を鍛えることで筋肉痛にならない予防をしているのかもしれません。しかし、実際には仕事で疲れた体をさらに鍛えようと考える人はあまりいないようですね。

工場勤務の休憩時間に、ストレッチをしている人は多いです。ストレッチをして自分の体をほぐし、筋肉が固まらないようにするのは良いことです。特に、入ったばかりで筋肉痛がひどい場合は、休憩時間を有効に使って、ストレッチをすると良いでしょう。

また、休憩時間には水分補給を忘れないようにしましょう。仕事をしていると汗をかき、体内の水分は不足していきます。血液がドロドロになるので酸素がうまく運ばれず、筋肉に乳酸が貯まりやすくなることで、筋肉痛が発生します。休憩時間にはしっかりと水分補給をして、汗と一緒に体の老廃物を体外に排出させることも大切です。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ