coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

始業時間は工場によって様々?期間工の始業時間を解説

工場の始業時間は朝早い?

工場勤務の募集を見ていると、一般の会社よりも始業次男が早いことに気づきます。遅いところでも8時には仕事開始となっているのではないでしょうか?
通常の会社は9時始まりが多いのに、何故工場は朝が早いのでしょうか?そこには、いくつかの理由があるようです。

工場は、交代制の勤務体制を組むことが多いので、早めに始業時間を設定し、24時間を割り振っていく形を取っています。また、工場では残業が発生する確率が高いので、早めの始業時間にすることで、残業体制が組みやすくなるのです。また、工場は寮を完備しているところが多く、通勤時間の必要性がないので、早い時間に仕事をスタートするのでしょう。

工場勤務の人たちは、朝早い時間から就業し、夕方には仕事が終わるという生活に満足している人が多いようです。規則的な生活ができますし、特に子供を持つ主婦にとって、夕方に家に帰れる仕事は貴重でしょう。工場側も主婦のパートを受け入れやすい環境を提供で消え入ると言えますね。

 

工場の残業時間はどれくらい?

日勤の工場勤務において、通常は16時くらいには仕事が終了します。しかし、作業遅れが生じていたり、繁忙期で仕事量が増大になっている場合には、日勤の人たちに残業を要請します。その場合は、1時間から2時間くらいがほとんどです。2時間残業をしても、18時までですから、他の一般の会社の終了時間と変わらず、人々の生活に支障はありません。会社側としても、それで作業遅れを解消できるのであれば、問題はないのです。

工場は、一般の会社の業務に比べて、比較的残業は少ないとされています。何故かというと、工場での作業は、すべてシステム化されており、人数と時間で生産量が計算できるので、極端な変動は出ないことが普通です。たとえ一人くらいの欠勤が出ても、カバーできるくらいの対策は取られています。

工場で残業が発生するのは、突発的な事件が起こった場合や、生産量の見直しなどスケジュールになかったトラブルが起こった場合が多いでしょう。それ以外は残業自体も計画残業なので、前もって知らされているか、打診されていることが多いです。繁忙期は残業が2時間などが当たり前となっているので、作業員もその計算で行動しているはずです。

 

工場の始業時間は時期により変動する?

たとえば自動車工場などでは生産量を拡大する時期があります。その時期には、勤務体制自体を見直して、2交代制から3交代制にするなどの措置が取られます。最大の生産量を実現するために、会社側が計画を立て、人材確保をして作業量を最大化するのです。すると、それまでの作業時間が変わり、深夜勤務の回数も増える工員も多くなります。

一定期間に活躍をする期間工は、その就業時間の変動に影響を受けることが多く、繁忙期はかなり忙しい毎日になります。そのために募集をしている期間工なので、その変動にいかに適応できるかが大切です。しかし、この期間工は繁忙期は特に入社祝い金などがかなり多額となり、お金を稼ぎたい人にとっては、とても貴重な仕事となります。

工場の勤務体制の変動で一番問題となるのは、予定した人材が確保できるかどうかです。期間工で応募してくる人々は多いのですが、実際に契約期間満了まで勤めてくれる人がどれだけいるか、ということです。中には数日で辞めてしまう人もいるので、いかに長く続けてもらえるかを会社側も考える時期になっています。

 

工場の始業時間が工員に与える影響

工場で働く人々にとって、始業時間が早いことは問題があるのでしょうか?
通勤の人にとっては、朝早いと通勤ラッシュに巻き込まれずに良いと言いますが、実際には工場勤務の人たちは独自の寮生活が多く、寮からは徒歩か自転車、あるいは会社の送迎バスを利用することがほとんどなので、通勤には困らないというのがほんとのところのようです。

工場の勤務体制が夜勤を含む場合、深夜に出勤する人にとっては、やはり寮は必要ですね。また夜勤明けで早朝に終了時間を迎える人にとっても、交通機関を使わずに帰れる寮はなくてはならないもので、現在の工場の設備は整っていると言えますね。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ