coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務の生産管理とはどのような仕事なのか?その実態を解説

工場の生産管理ってどんな仕事なの?

工場では様々な仕事がありますが、その中でも少し特殊なのが「生産管理」という仕事です。
工場と言っても、その職種はいろいろとあり、たとえば、食品工場や自動車などの部品工場がありますね。

食品工場では、生産、製造するにあたって、どれくらいの人員が必要になるのかを計算して、人数を揃えます。また、どこの担当箇所にどれくらいの人員を投入し、生産が最も効率良く進められるかを考えます。また、生産量に対しての原料の確保や機械の整備などをチェックして、作業がスムーズに流れるようにセッティングをします。

自動車業界の工場でも、生産管理の仕事はいかに効率良く、生産量を上げていけるかを考えることが最優先となりますが、機械の設備のメンテナンスも重要な仕事となります。また、自動車業界の工場は、期間工なども多く、人の流れが激しい職場でもあるので、人員確保と人員育成も常に気にかけていなければなりません。

 

作業遅れが生じたり人員が急に不足した場合

生産管理の仕事で一番頭が痛いのが、急に休む人がいたり機械の不都合などで作業遅れが出た場合です。この場合は、残業体制を組むことになりますが、まずは残業に協力してくれる人材を確保しなければなりません。工場勤務はただでさえ体力的にハードが仕事が多いので、残業を全ての人が受け入れてくれるわけではありません。ひとりひとりに残業の可否を聞き、人材を揃えます。こんな時のために、日頃から人間関係を構築しておく必要があります。

短期契約の期間工の中には、いきなり職場に現れず、そのまま辞めてしまう人がまれにいます。そんな場合にもその穴を埋めるために、代わりにラインに立ってくれる人を探さなければなりません。また、新しい期間工を受け入れる準備も必要です。期間工の経験値などを考慮しながら、ベテランと新人の期間工をバランス良く配置して、ラインごとの調和を図るのも生産管理の仕事となります。

生産に必要な資材や原材料の管理も入念な確認が必要となります。せっかく人員が揃っていても、資材や原材料の不備があると、予定した生産量を達成することができず、企業にとって大きな痛手となります。念には念を入れて、翌日の作業工程や作業内容をチェックしておかなければなりません。

 

会社が求める生産管理に適した資質とは?

生産管理を担当する人に問われる資質は、すべてのことを瞬時に決断できる判断力や、現場で働く人とのコミュニケーションを図れる人間的な許容の広さを持つ人でしょう。作業中には様々なアクシデントが起こることがあります。その際に的確に物事を判断し、決断できる人でなければ、工場のリーダーシップは取れません。

また、あらゆる世代の人々の意見を聞き、彼らが働きやすい職場を作ることができなければ、チームワークがまとまらず、雰囲気も悪くなり、結果生産量も落ちてしまいます。クレームに対しての対応が求められることもあります。全ての人の気持ちを汲み取り、縁の下の力持ち的な存在となって、現場をうまく回すことができなければならないのです。

性格的には温和で誰からも慕われる存在となれれば一番良いのですが、すべての人に受け入れられるようになるには、なかなか大変です。忍耐力も必要ですし、時には説得力も必要です。作業をいかにうまく効率良く回すか、そのことを常に頭において行動しなければなりません。

 

生産管理の仕事に就きたい

生産管理の仕事は、生産している工場の現場側と経理など会社の本部側との間に立つ立場でもあります。会社が提示する予算に合わせて、現場の状況を整えなければならないので、常に現場の状況を把握しておく必要があります。

また、作業遅れが生じないように、適正な体制を組み、業務スケジュールを年光に名てなければなりません。全ての人と適切なコミュニケーションが取れる能力を持ち、問題が起きた時には地道に努力して解決へと導ける忍耐力が求められます。リーダーシップを取りながら、人々に信頼される器を兼ね揃えているかが大事なポイントとなります。

けれど、工場全体の作業員の人々と関われる立場なので、やりがいのある仕事だと言えますね。現場の中心的存在となって、工場内の雰囲気づくりにまい進できるでしょう。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ