coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務でのライン作業が嫌いな人へ

ライン作業のきつい点とは?

ベルトコンベアで次々と製品が流れてくるライン作業は、スピードとの戦いでもあります。決められた時間の中で、決められた作業を完成させなければなりません。それができない場合には、ベルトコンベアは止まってしまい、ラインそのものの生産工程が崩壊してしまいます。作業員一人一人の作業が滞りなく進められることで、ライン作業の価値が出てくるのです。

しかし、慣れないうちはこのスピードについていけない人が時々います。作業のコツを理解し、手先が器用な人にとってみれば、何も問題なく思えますが、手先の作業を不得手とする人もいるのです。そんな彼らは周囲への気遣いもあり、ライン作業が苦手という意識が強くなります。何も言われなくても、自分で勝手にプレッシャーを感じてしまうのです。

同じ作業を長時間続けることで、特定の筋肉を酷使したり腰や足に違和感を覚える人がいます。腱鞘炎やばね指という深刻な状況にならないように、休憩時間にストレッチをするなど、自分でケアを行いましょう。先輩に対処方法を聞いておくと役立ちます。

 

ライン作業に嫌気がさしたら

ライン作業を数日続けていると、この仕事は自分には向いていないのではないかと悩む人も出てきます。手足のしびれを感じたり、精神的にも追い込まれてきたら、逃げ出したくなるかもしれません。実際、2,3日で工場を辞めてしまう人もいます。

しかし、ライン作業が嫌になったら、まずは誰かに相談しましょう。上長に話ができれば一番良いのですが、同じラインにいる仲間で話しやすい人がいれば相談してみても良いでしょう。たいていの人はそのような経験があるので、対処方法を教えてくれるかもしれません。

また、昨今では会社側もそういう作業員のことを考えるようになり、ホットラインなどの相談窓口を設置するようになりました。電話やメールで気軽に相談できるので、利用してみると良いでしょう。ライン作業がどうしても苦手であれば、他の部署に回してもらえる可能性もあります。検査作業や、運搬作業など、工場内では様々な作業が豊富にあるのです。

 

ライン作業以外の作業へ異動?

ライン作業が嫌いという人は、他の作業をしている部署に異動することをお勧めします。自分から申し出て直談判をするか、上長や仲間からの指摘で他に回されることもあるかもしれません。しかし、基本的に作業はどこでも同じようにスピードや手先の器用さを求められます。つまり、ライン作業ができなければ、工場での勤務は難しいと言えるかもしれません。

そうはいっても、ライン作業が苦手な人は、まずは他の部署で仕事をすることになります。そこで、問題なく作業ができれば良いですが、そこでも難しければまた別の部署へと異動を命じられるかもしれません。ただし、この時点でたいていの人は工場勤務を諦め、辞めていくことになりますね。

ライン作業が嫌いだという自分の感情だけで、仕事を限定してしまうことはあまり賢いとは言えないでしょう。先輩社員を見ていても、最初から得意だったという人は少ないと思います。工場勤務は単調作業なので、継続することで体も手も慣れてくるものです。一時の感情だけで、作業を選ぶのではなく、慣れようとする努力も必要です。

 

ライン作業を得意になるためには

最初からライン作業が得意な人はむしろ少ないでしょう。同じ姿勢で同じ作業を繰り返すことは、体力的にもなかなかきつい仕事だからです。しかし、数日続けることで、少しずつコツをつかみ、自分の体をケアする方法も覚え、ライン作業が苦痛でなくなるのです。慣れてしまえば、単純で楽な仕事だという人も多いです。

ライン作業を得意になるためには、まずは先輩たちのやり方を見て覚えることです。手際よく作業をこなしている人の手つきや、やり方をよく見てください。きっとそこには何かヒントが隠されているはずです。自分と違うやり方をしている人を見たら、ぜひ参考にしてみましょう。

休憩時間に積極的に先輩や上長に話しかけて、作業の効率の良いやり方を聞いてみましょう。その時に自分の手際の悪さなども相談してみると良いですね。やる気を認めてもらえれば、相手も真剣に答えを出してくれるでしょう。ライン作業は誰でも最初は嫌いと考えるようですが、数日後には慣れてくるものなので、諦めず継続してみましょう。
 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ