coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務の休憩時間が苦痛!その原因と対策

工場の休憩時間!あなたはどう過ごす?

期間工の休憩時間は作業の2時間ごとに10分ほどの小休憩と1時間の食事休憩が取られることがほとんどです。食事休憩の他に小休憩が2回ほど取られ、実働時間が7時間から7時間半というのが基本のようです。

この休憩時間は、期間工にとって貴重な時間で、10分の小休憩には慌ててトイレに駆け込んだり、タバコを吸いに外に出る人が多いですね。その他の人は、スマホをチェックしたり、次の作業のための部品出しをしたりと、人様々です。そのわずかな時間に売店でおにぎりなどを買い、軽食を取る人もいます。

食事休憩は、一斉に食堂になだれ込むため混雑することもありますが、たいていの人は10分から15分くらいでさっさと食事を済ませて、あとは自分の自由時間にしたいと考えているようですね。食事の後は、仲間の期間工と会話を楽しんだり、一人でスマホでゲームをしたり、わずかな時間を睡眠に充てる人もいて、それぞれに自分の時間を楽しんでいるのです。

 

単身で来たばかりの期間工の孤独

期間工はそのほとんどが他の土地から単身で来ている人です。ですので、当然、知り合いもなく、初めての仕事と環境に戸惑うことも多いでしょう。何人かの期間工同士が楽しそうに会話をしたり、一緒に食事をしているのを見て、孤独を感じることもあるかもしれません。

しかし、意外に先輩の期間工の中にはそんな新人の期間工の存在を気にかけ、いろいろと話しかけてくれたり、困っている時に助けてくれたりする人がいるものです。それは、自分も同じような思いをしてきたからでしょう。

新人の頃は仕事上でもちょっとしたミスをしたり、作業スピードが遅かったりと周囲に迷惑をかけているようで気が引ける人もいるでしょう。もちろんそんな場合は謙虚に先輩たちのアドバイスを真摯に受け止めていればうまくいきますが、性格的になかなか受け入れられない人もいるようですね。

 

人間関係が苦手な期間工も多い

期間工の仕事を選んでやってくる人たちの中には、人間関係をうまく築けないという人が多いのかもしれません。仕事中はライン工程で自分の担当箇所だけを黙々と作業していれば良いので、周囲の人と会話をする必要はありません。そんな黙々と作業をすることに魅力を感じて期間工になる人もいるくらいです。

しかし、問題は寮での生活や工場内での休憩時間ですね。特に食事休憩は1時間あるので、その時間を一人で過ごしたい人にとって、他人から話しかけられるのが苦痛だという人は意外に多いのです。相手は良かれと思って話しかけてくるのでしょうけれど、一人でそっとして欲しいと思う人はいます。

他人との会話が苦手な人は、食事時間をあえてずらしてみるなどの方法があります。トイレに行ったり、売店で時間をつぶしたりして、最初の数分を食堂以外で使えば、食堂へ行く頃にはほとんどの仲間は食事を終わらせて、出ていく時間でしょう。それからゆっくりと自分一人で食事をすれば良いのです。

 

様々な休憩時間の過ごし方

食事が終わってもまた休憩時間は半分以上残っているでしょう。休憩室に戻ると、仲間たちはいくつかのグループになって会話を楽しんだりしています。友人が多い期間工にとって、1時間の休憩時間は貴重な友人とのおしゃべりの時間です。たわいもない話で盛り上がったり、仕事上での愚痴をこぼしたり、休日の計画を立てたりと、楽しい時間を過ごします。

でも、そんな会話に入りたくないのであれば、睡眠を取ることです。眠くなくても眠るふりをしましょう。そこにあえて話しかけてくる人はいないですから。期間工はみんなそれぞれのペースを乱すことはしません。交替勤務のある仕事ですから、そこは暗黙の了解なんですね。

 

でもそんな苦痛をいつかは乗り越えよう!

期間工の勤務日数が1か月、1か月と過ぎていくと、少しずつ周りの仲間のこともわかってきますね。あなたの性格に合いそうな人も出てくるでしょう。同じ寮生活もしている中で、少しは話ができる友人はやはり必要です。仕事上のことを相談できるような友人ができれば、それはあなたにとっても絶対に良い結果になります。

一人でも良いので、そんな友人ができたら、お互いのプライバシーを尊重しながら、少しずつ距離を縮めていくと良いでしょう。期間工の寮生活で一番楽しかったのは、何でも話せる友人ができたことだという人もいます。仕事が終わって一緒にどちらかの部屋で飲んだり、休日に出かけたりという楽しみも出てくるようです。

同じように休憩時間が苦痛だと考えている人もきっといるはずです。そんな人たちと少しずつでも仲良くなって、仕事も休憩時間もメリハリをつけて楽しい時間を過ごせると良いですね。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ