coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

【期間工ぼっち集合】ぼっち対策完全ガイド!これさえ読めばもう安心

さびしい......。つらい。工場の機械音は騒がしいのになぜか孤独を感じる。

どうも、期間工でぼっちとして働いている全国の期間工ぼっちの皆さんこんにちは。

今回は期間工で働いているけどぼっちでつらい...という方に向けて、どのようにぼっちを対策すればよいか解説していきます。

もともともひきこもり気味でぼっちだった人も、期間工になってからぼっちになってしまった人もこれを読んでぼっちでつらい思いをすることから解放されましょう。

 

ぼっちがつらいのはどんなとき?!

昔、自動車メーカーの期間工として勤務していた頃の話です。

配属される部署等にもよりますが、その当時は完成検査ラインに配属されていました。

昼勤・夜勤の交代制を敷いている場合がほとんどだと思いますが期間工の場合は特にぼっちになってしまいます。

生産ラインで勤務する従業員は年齢も環境もバラバラで、コミュニケーションをどのように取るかが大切です。

きちんとコミュニケーションを取れているのは正社員ぐらいです。

期間工の場合は昼ご飯や夜食、休憩時間はぼっちです。

仕事中であっても、必要最低限の会話以外ありませんのでぼっちであるケースがほとんどです。

会社の寮で寝泊りする場合であっても、基本的に同僚と会話がありません。

 

こんな人は今すぐぼっちを脱してください!

ここではぼっちになってはいけない人を紹介します。

期間工と正社員が一緒に働く生産工場ではコミュニケーションに差が生じます。

期間工として働こうと思った動機は様々でしょうが、最終的な目的が正社員であればいつまでもぼっちではいけません。

期間工のいいところは確実に短期間が稼ぐ事が可能で、尚且つ必要以上に人と接する必要がない事です。

しかし、逆に言うとコミュニケーションの必要性がなく淡々と作業のみをこなすだけという事になります。

正社員を目指して期間工として入社した(する予定)のであればこの状況はよくありません。自動車メーカーは基本的にチームワークを重視しますので個々のコミュニケーション能力を求めるケースがほとんどです。

いくら休憩時間と言えど、いつも一人で過ごしているという認識を上司に与えてはいけません。企業側が正社員として欲しいのは高いコミュニケーション能力を持ち、自分の意見をはっきりと言える人材だからです。

 

ぼっちの共通点を見てみよう

期間工として自動車メーカーに勤務し、自分はぼっちだなぁ~と不安になる人に共通点は何でしょうか?

まず挙げられる事がコミュニケーション能力のなさです。

しかし、これまでの環境によって左右されるものですので気にする必要はありません。

大事なのは自分から一歩を踏み出して同僚とコミュニケーションを取る事です。

いつも食堂などでひとりだから、同僚にその姿を見られたくない。

だから食堂に行く時間をずらす。

これは一番いけません。

ぼっちであっても堂々と食事をしていれば以外と誰も気にしないものなのです。

そうしていれば、ぼっちだと始めは感じていても相手の方から輪の中に入れてくれるものです。変に意識すれば周りもそういう目で見てしまいます。

同じ勤務するなら楽しい会社生活を送りたいですね。

 

ぼっちはもう仕方ない!ぼっちなりに孤独を紛らわす方法とは

では、どうしてもぼっちを脱却できない人はどうすれば良いでしょうか?

期間工の仕事は大変ですが、自営業でもありませんので趣味の時間はきちんと取る事が可能です。

夜勤がある関係で期間工は収入が多い場合があります。

自動車会社で働くぐらいなので自動車が好きな人も多いのではないでしょうか?

仕事が終わってから愛車をカスタマイズしたり、休憩時間には来月に投入するパーツを雑誌等で選別するのもいいかも知れません。

そうすれば、一見ぼっちに見えてもあなた自身は非常に充実した会社生活を送る事が十分可能なのです。

その他にも、映画やグルメなど世の中には趣味となる要素や情報が沢山あります。

退屈だなぁ~と思わずに楽しんで下さい。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

自動車メーカーの期間工はぼっちとなる人が実際多いです。

しかし、同じ職場の同僚とコミュニケーションをしっかり取れれば解消されます。

人付き合いの得意不得意はありますが、最初は誰でも初対面です。

期間工までであれば、どうしても友達が出来なければ趣味を見つけるという方法もあります。しかし、正社員を希望するのであれば会社側がコミュニケーション能力を要求します。

期待に応えれるように日々色々な人と交流しましょう。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ