coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

ライン作業の効率化を求めることできつくなった工場仕事を分析

ライン作業ってなにがきついの?

工場の仕事、特にライン作業がきつい、つらいって言うのはみなさんよく耳にすることと思います。

工場の仕事が底辺だーとか悪いイメージを持たれていることの要因の一つでもあるのですが、ライン作業はきつい!それは確かなんです。

ライン作業がきつい、つらいと言われている要因はいくつかあります。

 

・肉体的な負担

これは業種によるところが大きい要因ですが、ライン作業の多くは基本的に立ち仕事です。

しかも一つの事をたんたんとこなす単純作業ですから、長時間同じ姿勢、または同じ動きを繰り返すことが多いんです。 そうなると動かしている部分がピンポイントで疲労していくわけで、関節や腰、筋肉などがすぐに痛み出します。指なんかは真っ先に影響が出ますね。

慣れればどうということはないんですが、慣れるまでが非常に大変なんです。

 

・精神的な負担

ライン作業は単純作業と言いましたが、これが精神的に耐えられないという人も多いらしいです。

作業自体は非常に簡単で、何の技術もない人でもすぐに覚えることができるので、その点は良いと思うのですが、作業が単純だということは「飽きる」ということでもあります。

2時間ごとに休憩があるとはいえ、長時間延々と同じ作業を繰り返すことは精神的にかなり苦痛を伴うようで、体力的に大丈夫だという人でも精神的につらいということで辞めていったりもするそうです。

 

・交替制勤務の大変

ライン作業のある工場の仕事では「交替制」の勤務体制をとっている場合が多いです。

交替制とは、週ごとに勤務する時間が変わることで、今週は早番で5日勤務だったけど、来週は遅番で5日勤務、といった感じで勤務時間が入れ替わります。

ということは寝る時間もある程度入れ替わってしまうわけで、そうなってくると体調を崩しやすくなったり、しっかり眠れなくなってしまったりします。

さらに早番・遅番に加えて夜勤ありの「3交替制」の職場もありますので、交替制がつらいという人は非常に多いようです。

 

・効率的になったことで問題視されるスピード感

他にもライン作業のペースについていけずに困っている人も多いようですね。

ライン作業はノンストップの流れ作業です。

あらかじめ決められたペースで作業が進んでいきますので、作業が苦手な人がいたとしてもペースを遅くしたりすることはできません。

しかもラインは常に流れていますから、一つの作業にもたついてしまうとすぐに次の商品(部品)が回ってきます。まさに作業に負われれている、といった感覚に陥ってしまうでしょう。

これが耐えられないという人もたくさんいるようで、ライン作業がきついと言われる要因になっています。

 

働く上で効率をもとめるにはどうすればいいの?

まず最初に断っておきますが、工場のライン作業において必要以上の「効率」を求めるのは良くありません。

というのは、作業を早めようとすればするほど人は焦りを感じてしまうもので、そうなるとミスが多くなったりして逆に効率が悪くなってしまいかねません。

工場の生産ライン自体はこれでもかというくらい効率化されていますが、作業する人間にはある程度の心の余裕が必要だということです。

機械じゃないんですから。それがライン作業をやるうえでの「コツ」と言ってもいいのかもしれません。

最初はとにかく一つ一つの工程を覚えることに専念しましょう。

職場だけでなく、帰宅したあとも作業中の手の動きや体の動きを繰り返しやってみたり、作業内容を文章で書いてみたりするのもいいかもしれません。

無意識で作業をこなせるくらいになれば作業が途端に楽になりますから、そのために何度も何度も繰り返し作業を練習することが大事です。

基本的なことのようですが効果は絶大ですから是非試してみてください。

 

ライン作業を行ううえでついていけない理由とは?

ライン作業が遅い人、早い人の違いはいろいろな理由が考えられます。

例えば効率的な体の動かし方。

なるべく両手や全身を使って作業をするということを意識できる人は作業ペースが違います。

一つの作業をこなす時に、一度しゃがんで、立って、再びしゃがむといった動作をしているとそれだけ余分な時間を使いますよね。

でももし、一度もしゃがまず逆側の手を伸ばすだけで作業ができたとしたら?楽な体勢でばかり作業しようとせず、全身を使ってみると作業が早くなることがあります。

時間にしたらほんの1~2秒の差かもしれませんが、1日に数百回と同じ作業をこなすライン作業においては大きな違いです。

他にも、道具を使いやすい位置に配置したり、工具を握る、ネジを締めるといった工程の段取りを自分なりにやりやすいように買えてみたりと、作業が遅い人ほどこういった努力を怠っていることが多いみたいです。

どうしても自分で思いつかないと言う人は人にたずねてみるのも良いかもしれません。

何にしても、自分から行動するということが最も重要だと思いますよ。

 

効率的なスピードが求められない企業の求人紹介

いくらライン作業のコツがわかっても人には向き不向きというものがあります。

どうしても作業が早くならないという人もいるでしょう。

 

でもそんな人でも安心して働けるライン作業のお仕事も中にはあるんです。

最近特に多くなってきたんですが、求人サイトで見かける「軽作業」系のお仕事ならば、ラインの早いスピードについていけないという人でも大丈夫かもしれません。

いくつか求人例を紹介してみましょう。

求人はこちらです!⇛バイト探しはan

 

こちらの求人は「食品製造・加工」のお仕事です。

食品製造のお仕事にも大変な作業のものは多いですが、こちらは作業内容が仕分けや検品といった簡単なもののようですから、誰でも楽々こなせるお仕事だと思います。

一つの製品に食材をただのせるだけだったり、食材を切るだけだったりと作業内容は非常にシンプル。

これならライン作業のスピードに自身がない人でも大丈夫なんじゃないでしょうか。

求人はこちらです!⇛バイト探しはan

 

こちらの求人は「コスメ製品の検品・箱詰め・製造」のお仕事です。

ライン作業の中でも化粧品を扱うものは比較的楽だという話を耳にします。

といのも、作業が座ってできるという点と、扱う製品が非常に小さく軽いものであるという理由からのようです。

しかもこちらのお仕事は基本的には梱包作業のみ。 製品を箱に詰めたり、箱のフタをとじたりと作業は非常に簡単ですから、ライン作業が苦手という人でもなんなくこなせるはずです。

求人はこちらです!⇛バイト探しはan

 

 こちらの求人は「携帯・スマホの検品」のお仕事です。

製造業ではなく、お客から預かった携帯・スマホをラインを使って検品していく作業のようですが、注目して欲しいのは「スキルを見てポジションが決定」というところ。

ライン作業のスピードについていけないと思い悩んでいる人でも、そんなあなたに合わせた配属先を考慮してくれるようです。

扱っているのは携帯・スマホといった精密機器、しかもお客からの預かり物ですから、扱いは慎重なはず。

スピード重視の作業の可能性は低いでしょう。

いかがでしょうか。 ここにご紹介したお仕事はどれも非常に楽なライン作業だと思います。

しかし見て頂けばわかるように、どのお仕事もその分給料はお安めになっているようです。

稼げるライン作業がつらく大変なのは確かですが、頑張ればその分見返りのあるお仕事でもあります。

できる限り頑張って良い条件のお仕事をこなしていきましょう。
 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ