coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務のメリット、デメリットまとめてみた!

工場で働くメリットとは?

工場の仕事というと、自動車製造業や食品製造業、電子部品の製造などといろいろなものがありますが、業種によって働き方や待遇にも大きな違いが見られるようです。

しかしこれら工場の仕事に共通して言えることがあります。

それは「非常に大変な仕事である」ということ。

少なくとも工場の仕事にそういったイメージを持たれている人はかなり多いはず。

実際、工場での仕事を経験した人たちは2chや自身のブログなどで様々な感想や意見を語っていますが、その多くはマイナスイメージが強いもののようです。

しかし実際にはデメリットを補って余りあるほどの大きなメリットもあるんです。

これからその工場で働くメリットについて、一つ一つ詳しく解説してみようと思います。

 

メリットその1「学歴などは不要、入社しやすい」

まず工場関連のお仕事は一般的なビジネスワークに比べ受かりやすいというメリットがあります。

学歴不問の場合がほとんどですから、中卒、高卒の人でも気軽に応募できるというのが最大の強みです。

正直なところ、社会常識などもそれほど厳しく審査されることはありませんので、少々一般常識から外れてるような人でも入社できたりするようです。

もちろん仕事ごとに審査基準はしっかりとあるのでしょうが、「総じて受かりやすい」というのは間違いないのではないかと思います。

 

メリットその2「対話が苦手な人でも大丈夫」

営業の仕事などは特にそうですが、ビジネスワークにはコミュニケーション能力が求められることが多いですよね。

外回りでなくとも、会社内で上司や同僚と仕事のやりとりをするのが日常的なはずです。

しかし工場の仕事の多くはライン作業と呼ばれる流れ作業です。

決められた一定の作業を淡々とこなしていくだけの作業ですから、必要以上の対話をする必要はありません。 全くしゃべらなくていいというわけではありませんが、高いコミュニケーション能力を求められたりはしませんので、対話が苦手な人でも安心して働ける仕事なんです。

 

メリットその3「10代から高給で働ける」

同じ会社で数年しっかり働いた後ならば、どんな仕事でもそれなりの給料が望めるようになるかと思いますが、学生を卒業したばかりの新社会人、特に10代の人はそうそう高い給料などは期待できないはずです。

しかし工場の仕事、特に自動車メーカーのような超のつく大手企業での仕事の場合は、10代から高給で働ける可能性があります。

新社会人の月収は20万円を切ることもざらですが、大手メーカーの工場仕事には10代から月収約30万円ほどを稼げる求人がゴロゴロしているんです。

 

メリットその4「超のつく大手メーカーで働ける」

一般的なビジネスワークの世界で超大手企業へ就職するのは大変です。

それなりに良い大学を出て、ある程度の社会経験と社会勉強をしなければ実現は難しいでしょう。 しかし製造業の大手企業の場合は少々事情が違ってきます。

というのも、大手の製造系メーカーの場合は工場勤務の従業員を大量に募集するからです。

工場での仕事とはいえテレビCMなどでよく耳にするほどの超大手企業で働いている、という大きな自信とモチベーションが得られます。

「箔がつく」と言ってもいいかもしれません。 真面目に働いていれば正社員になるチャンスもありますから、大手企業で働けるというのは、給料や待遇の良し悪しとはまた別のメリットと言えるでしょう。

 

工場で働くデメリットは?

工場で働くメリットについては十分に理解して頂けたでしょうか。

それでは次はデメリットについて解説します。

デメリットに負けないくらいのメリットもあるという言い方をしましたが、当然デメリットだって無視するわけにはいきません。 工場の仕事にはどんな悪いところがあるのか、一つ一つ確認していきましょう。

 

デメリットその1「体力的にきつい、慣れないうちは大変」

おそらくみなさんが一番強く抱いている工場仕事のイメージのはずです。

そう、工場の仕事はその多くが体力的に大変な仕事なのです。

工場での仕事の多くはライン作業。基本的に立ちっぱなしで作業しますので、足の裏側や関節などに大きな負担がかかり、慣れないうちはすぐに体中が痛み出します。

中には女性向けの座り仕事もありますが、体力的につらい仕事のほうが多いのは間違いないと思います。ある程度体力的につらいということは覚悟しておいたほうがいいでしょうね。

 

デメリットその2「作業は簡単だが単調、飽きやすい」

これは人によっては大きなメリットにもなり得ることの一つですが、工場の仕事の多くは非常に単調で飽きやすい傾向にあるようです。

生産効率を重視し無駄な行動をしないようになっていますので、作業中は基本的に同じ手順を繰り返していきます。

しかもライン作業の場合、機械は常に動いていますので、自分の判断で手を休めたりということはできません。

こういった、延々と同じ作業を繰り返すことが苦手だという人も少なくないようで、人によっては大きなデメリットになると言われています。

 

デメリットその3「不規則な生活になりやすく、体調管理が難しい」

工場の仕事には残業、夜勤が付き物です。

しかも「交替制」と呼ばれる週ごとに勤務時間が入れ替わる勤務体制を採用しているところが多く、それが「予想以上にきつい」と言われています。

工場の仕事では残業・夜勤・休日出勤手当がしっかりと支払われますので、人によっては残業・夜勤などは大歓迎なようですが、それもしっかりとした体調管理が出来ればの話です。

交替勤務の場合、週ごとに勤務時間が入れ替わりますから睡眠時間がずれてしまいます。寝不足などになりやすく、体調を崩してしまう人が多いというわけです。

 

デメリットその4「向き不向きがハッキリしている」

これもメリット・デメリット両方に言えることですが、工場の仕事は向き不向きがハッキリと出てしまうようです。

体力的な部分などは長くその仕事をやっていれば徐々に慣れていくものです。作業内容それ自体も慣れでどうにでもなると思います。

しかしどうしても単調な作業に慣れる事ができない人や、工場内の騒音や匂いに慣れないと言う人は多いようで、正確や性質的に工場仕事に向いていない人がいるのも確かなようです。

もしみなさんが工場で働いていて、どうしても慣れない!と思うようなことがあったとしたら、無理せずに転職を考えるのも一つの手かと思います。

得手不得手がハッキリしてしまうのが工場仕事の難点と言えるでしょう。

 

工場で働くならここを注意!! 不安材料の払拭のために入れてください。

工場のメリット・デメリット意外にもみなさんに知っておいて欲しいことが一つあります。

それは工場の求人広告によく見られる「落とし穴」です。

落とし穴というとちょっと大げさなんですが、求人に書かれていることの中には、非常にわかりにくいものや事実に反しているようなことがごく稀にあるんです。

注意するべき事柄はいろいろありますが、中でも勘違いの多い「週休二日制」について少し説明をしておきましょう。 ご存じの方も多いでしょうが、工場の仕事は週休二日制と求人欄に書かれていることが多いです。

休みが多いのは嬉しいことですが、週休二日制には「週休二日」と「完全週休二日」という2種類があり、それぞれで休日のあり方が異なっています。 週休二日というのは、実は週休二日ではないことのほうが多いんです。

これは「基本週休二日だけど土日出てもらうこともあるよ」という意味合いがあるようで、ルールとしては1月に週休2日の週が1度以上あれば良いということになっています。

毎週休みが必ず2日あるということではないわけです。 絶対に週に2日の休みが必要だと言う場合は、完全週休二日制と明記されている仕事を選ぶようにしてください。

他にも派遣会社の求人でよくあることですが、求人に書かれていた内容と職場の待遇や環境が違っていたりすることがあるようです。 派遣会社が契約している派遣先の会社は複数の場合がほとんど。

その会社ごとに仕事内容や待遇も変わりますので、思っていた仕事と違ったりすることがあります。 求人欄をよーく読めば、「職場によって待遇が変わる場合があります」などと書かれているはずですが、この表記を見落としてしまう人も多いようです。

十分にご注意ください。

 

工場で働くならここがおすすめ! 期間工の企業を紹介!

メリットの項目で「10代でも月収約30万円が望める」とお伝えしましたが、けっして大袈裟に言っているわけではありません。

その証拠というのもなんですが、いくつか大手メーカーの求人を引用という形でご紹介しようと思います。

ご紹介するのは大手自動車メーカー3社での工場仕事です。

高い給料に加え「入社祝金」「寮費・光熱費無料」「高額の満了慰労金」などの信じられないくらいの高待遇で募集されています。

工場の仕事にはこんな好条件のものもある、ということです。工場仕事を探している方は是非チェックしておいてください。

 

TOYOTA 期間従業員緊急募集

【仕事内容】 自動車製造に関する各種作業

【資格】 3ヶ月勤務可能な満18歳以上の方(労働基準法第62条の規定による)

【休日】 週休2日制(土・日)、GW・夏季・年末年始連休あり (出勤日は、トヨタ社内カレンダーによる)

【日給】

9,800円~10,600円(1年目 / トヨタ自動車株式会社での経験回数による)

18~24ヶ月満了者 10,800円

30~35ヶ月満了者 11,100円

【待遇】

・9月入社者限定、初回更新特別手当10万円支給 (初回契約を更新し、12月末在籍者に対し、1月25日給与にて支給)

・独身寮完備(1人部屋、冷暖房・TV・冷蔵庫完備)

・寮費無料(光熱費含む)

・寝具無料貸与

・作業上着

・帽子

・安全靴無償貸与

・食費補助(入社日より約2週間後に支給)

・赴任手当

・経験者手当

・特別手当10万円(入社した翌月末在籍者に対し、その翌月給与にて支給)

・満了慰労金

・満了報奨金(支給条件有)

・赴任旅費・満了者帰任旅費支給(会社規定額)

・各種社会保険完備

・正社員登用制度有り 2016年度 正社員登用実績 377人  

 

参照:Man to Man

 

マツダ株式会社 期間従業員募集

【お仕事内容】 マツダ車(MAZDA)の製造

【給与】 日給 8,000円~10,200円 (連操勤務の場合 8,750円)

【月収例】 ≪昼夜2交替の場合≫

[月収例1] 24万2363円 (※日給×21日+各種手当)

[月収例2] 29万1436円 (※日給×21日+残業25h+休日出勤1日+各種手当)

【休日】 土・日 ※会社カレンダーによる

【その他長期休暇あり】 ゴールデンウィーク / 夏季休暇 / 冬季休暇

【待遇・福利厚生】

<<ORJだけ!期間従業員応募キャンペーン!>>

☆☆☆ 最大 30万円プレゼント ☆☆☆

★選考会参加者 10万円支給

★入社祝い金 20万円支給 (9月末までに選考会参加・入社の方限定 ※支給規定あり)

★入社祝金15万円(雇用先から15万円支給 ※支給基準日に在籍の方)

★無料個室寮あり ※備品付

★契約更新時昇給あり

★正社員登用制度あり<641名(過去5年間実績)>

★契約更新手当 (5万円/毎)

★皆勤手当(2万円/月)

★特別手当(3万円※年2回(夏季・冬期)毎に支給)

★慰労金(12万円~/6ヶ月)

★食事補助(1万5000円/月※入社後最大6ヶ月間)

◇社会保険完備  

・マツダ健康保険  

・雇用保険  

・労災保険

◇赴任旅費会社負担

◇残業・深夜・休出手当  

・割増金 (割増率:時間外 30%・休日 10%・深夜 50.595%)  

・特定時間割増 (5:00~07:25、19:30~22:00   28%増 )

◇自転車通勤可 (自宅生は、車通勤可 ※規定有)

◇有給休暇(試用期間終了後、規定に基づき10日(年間)付与

◇作業着貸与

◇食堂利用可(350円~)

◇仕出し弁当あり ※各待遇は規定有  

参照:期間工.jp

 

SUBARU 期間従業員募集

【経験不問】車の製造アシスタント★選考会参加で7万円!

【仕事内容】 SUBARU(富士重工業)のブランド車の製造業務(部品の組付/部品の加工/塗装/車体の検査作業など)。

他車体メーカーより、ラインスピードはゆっくりと言われ、未経験でも作業しやすい職場です。

【応募資格・必要スキル】 経験不問 ※4ヶ月勤務可能な18歳以上の方

【休日・休暇】 休日休暇週休2日制(土・日)※年末年始・GW・夏季連休あり

【日給】 9000円~9600円

【月収】 321000円~338000円可

【各種手当て】 赴任手当 2万円※初回給与に日に支給 皆勤手当 3万円※出勤率100%の方に支給 正月手当 3万円※年末年始連休前に入社

・年末年始連休後の初日出勤

・1月最終日に在籍

【待遇・福利厚生】

寮費・水道光熱費無料

慰労金8~122万円(実働4ヶ月~35ヶ月満了者の場合※支給規定あり)

正月手当3万円(年末年始連休前に入社・年末年始連休後の初日出勤・1月度操業最終日に在籍)

皆勤手当3万円※出勤率100%の方に支給

経験者手当(6ヶ月以上の満了認定者で、初回給与日の在籍者に支給。6~11ヶ月の場合:1万円、12~23ヶ月の場合:5万円、24~35ヶ月の場合:10万円)

赴任手当2万円※最初の給与日在籍者に支給

食堂食事補助あり

正社員登用制度あり

社会保険完備

有給休暇制度有

通勤交通費支給 ※全て規定あり ※赴任旅費(最初の給与支給日までの在籍者) ※帰任旅費(契約期間満了者に赴任旅費と同額支給)

※各手当は会社規定により支給

参照:期間工求人サイトe仕事
 

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ