coper blog
  • みんなの注目箇所

2017/12/11

工場勤務、うざい奴を一発で黙らせる方法公開?!

工場勤務していると、「うざい奴」って必ずいますよね。
べつに工場勤務に限ったことではなく、どこの職場にも一人や二人はいるものです。
こうした人と毎日顔を合わせて仕事するのは本当に不愉快。
何とかして快適に仕事をさせてほしい。
そう思うのはごく当たり前のことです。
それでも現実には毎日顔を合わさなければいけません。
どうすれば、このうざい奴を黙らせることができるのか。
最初は小さなストレスでも、毎日となるとやがては「辞める、辞めない」までの話に発展してしまいます。
すでに、「どうしても無理。あいつが辞めるか、俺が辞めるか」というところまでいっている人もいるかもしれません。
この場合は、もう辞めた方がいいです。
そこまで行くと、うざい人が休みでも、同じ空間にいたと思うだけでも嫌で、工場にいること自体嫌なこともあります。
ここまで思い詰めている人は、早めに退職して新しい職場を考えましょう。

工場勤務における「うざい奴」とは?!

工場勤務において、「うざい奴」とはどんな人なのか。
これは立場によって違うことがわかっています。
たとえば、パートから見ると「社員がうざい」となり、正社員から見ると「パートがうざい」となります。
派遣からすると「工場の連中がうざい」となり、工場側からすると「派遣がうざい」となるようです。
この構図は「うざい奴」を知るうえでととても参考になります。
もちろん例外的に、構図にあてはまらず、ただ「うざい奴」もいます。
こうした人は「誰からも、どこへ行ってもうざがられる人」でしょう。
では、なぜパートは社員をうざがり、社員はパートをうざがるのでしょうか。
その理由を見ていきましょう。

なんでこんなにうざいの?! うざいのには理由があった!

正社員は、作業をスムーズに進めるのが仕事です。

優先順位は「作業をスムーズに進めること」なので、パートが疲れていようが、頑張っていようが関係はありません。

パートの問題は後回しなのです。

パートの優先順位はもちろん自分です。

時間が来たら帰りますし、時間内はなるべく楽をしたい。

まじめに働きはするが、「作業をスムーズに進めること」は優先順位の一番ではありません。

自分で思っている「時給に見合った仕事」をすれば、それ以上のことをさせようとする社員はうざいわけです。

また、社員はパートの仕事を知っていますから、どこまでできるかもわかっています。

「作業をスムーズに進めること」を優先するうえで、まだまだできると思えば、当然そう指示してきます。

ところが、パートは正社員の仕事を把握しているわけではありません。

工場内をうろうろして、文句ばかり言う正社員を「自分は遊んでいるくせに」と思うのです。

こうしてみると、両者とも「うざい」と思うのは当たり前ですよね。

自分は大丈夫?! ほかの人にうざがられていない?!

「うざい奴」と思われる理由には、それぞれの立場での「優先順位の違い」があるわけですが、それを意識しないと自分も「うざい」と思われている可能性があります。

自分の立場がパートなら、正社員からうざいと思われているでしょうし、自分の立場が正社員なら、パートからはうざがられているかも知れません。

同じことは派遣と工場側にも言えることです。

長くいると、新人より派遣の方がよく知っているということはあります。

派遣にすれば、「何で派遣の俺が社員のおまえにこんな基本的なことを言わないといけないんだ!」と思こともあるでしょう。

新人にすれば、「何で派遣がこんなにでしゃばってんの?」と思うでしょう。

これも、お互いの立場を理解していないことが問題の原因です。

うざい奴を黙らせる究極の方法とは?!

うざい奴を一発で黙らせる究極の方法があります。

これは、相手を「うざい奴」と思う理由、原因を突き止めたうえでの方法ですので効果はあります。

その究極の方法とは?!

「正社員であれば、パートをねぎらうこと。パートであれば、正社員をねぎらうこと」

正社員であれば、優先順位の先頭にある「作業をスムーズに進めること」は譲れません。

ただし、「みんなつらいのはわかるけど、俺もがんばるからスムーズにすすめよう」と少し言葉を変えるだけでいいわけです。

そのうえで、なるべくパート目線で仕事をしているように「見せる」ことも重要。

「あの正社員さん、正社員にしてはよく働くし、パートのことも考えてくれてるな」とパートに思わせればもうこっちのものです。

パートであれば、「時間内でできることはやります」と、正社員をフォローする姿勢を見せること。

正社員に「あのパートさんはよくいうことを聞いてくれるし動いてくれる」と思わせること。

相手の立場や優先順位を理解して、そこをくすぐるようにふるまえば、「うざい奴」はいなくなります。

まとめ

工場勤務における「うざい奴」について、その理由と対処を見てきました。
うざい奴をぎゃふんといわせたい気持ちはわかりますが、対処法は全く逆。
相手を懲らしめる方法では、必ず報復がありますが、この方法なら長く気持ちよく働けます。
これでもダメなら職場を変えた方がいいです。
まずは、自分が誰かからうざがられるような人間にならないこと。
そのためには、「相手の立場や優先順位を理解すること」がポイントです。
ぜひ、快適な工場勤務を過ごしてくださいね。

コメント

お名前

コメント

認証コード

Blog一覧へ