【これだけ読めば解決!】工場勤務の女性が知りたい情報まとめました!|バイト・求人探しはcoper

【これだけ読めば解決!】工場勤務の女性が知りたい情報まとめました!

更新日:2017/09/15 11:33:58

 コツコツと集中して行う単純作業が好きな女性って、結構多いですよね。そんな女性に人気なのが工場勤務の仕事。興味はあるけど、工場=男性のイメージが大きくて、実際に働くとなると女性ならではの疑問がいろいろと湧いてきませんか。

 ここでは、工場で勤務する女性のお化粧やネイル事情、服装といった身だしなみのことを調べてみました。

 

工場勤務の化粧はどこまで行うのがベスト?

 

工場勤務の女性の化粧は、接客や営業など表に出る仕事に携わる人に比べると薄めで、すっぴんの人も少なくありません。眉毛を整えて日焼け止めを塗るだけという人も多く、実際にマスクを着用しなくてはならない場合は厚めのファンデーションだと肌が荒れることも。

また、「人に会わないから」という理由のほかに、食品製造や精密機械といったデリケートな製品を扱うような工場だと業務に支障が出るという理由から、会社的に化粧がNGなところもあります。エクステも、落ちて製品に混入する可能性があるので外しておいた方がいいでしょう。

そこまで厳密な決まりのない工場ならば、普通の会社勤めのOL同様のメイクで問題ないので、薄化粧が嫌だという人も安心です。

ちなみに、「工場勤務になって化粧をしなくなったからか、肌の調子が良くなった」という人もいるようですよ。

 

工場勤務はネイルOK?

 

今や化粧と同じくらい、女性にとって必需品になってきているネイルについてはどうでしょうか。工場では指先を使う作業も多いので、やっぱり無理かなと思いがちですが、意外と工場勤務でネイルをしている人は多いようです。

部品の組立や縫製など、軽作業の工場ではネイルに関してはわりと自由なところが多く、特に手袋着用の工場では派手めのネイルをしている人も少なくありません。

ただし、最初のうちは控えめなネイルで周囲の反応などの様子見をして、徐々に「ここまでなら大丈夫」というラインを見つけていくのがベターでしょう。

 

通勤時の服装は作業着?

 

 工場勤務の場合、ほとんどが作業着での作業になります。着替えるのが面倒なので、自動車通勤の人や送迎バス付きの寮生活の人は作業着で通勤している人が多いようです。何より毎日の通勤着に悩まなくていいというのは、時間も洋服代もかからないので魅力的です。。

中には、白衣着用だったり工場着の持ち出しが禁止されているところもありますが、それ以外では通勤時の服装にルールはなく、作業着通勤でない場合はデニムなどカジュアルな服装で通っている人が多いようです。

 ほとんどの工場で更衣室があり、個人用のロッカーも完備されています。多少の私物を入れるスペースがあり、お気に入りのアクセサリーやバッグ、ハイヒールなどを入れておけば急に入った予定などにも対応できてとても便利ですね。

 

汗が止まらない・・・シャワーの設備ってあるの?

 

 最近では工場勤務の女性も増え、さまざまな企業の工場で女性を意識した設備が用意されてきています。例えば、自動車や産業機械の部品の清掃を行う愛知県の「株式会社ニノミヤ」では、仕事が終わったらひと汗流せる大浴場を完備。女性には清潔なシャワールームがあり、汗や仕事の疲れを流してさっぱりと家へ帰れます。

参照:株式会社ニノミヤ

「株式会社オールエンジニアリング」(大阪)にも、居心地よく働いてもらうためのシャワールームや女子更衣室、女子トイレが完備されています。

参照:株式会社オールエンジニアリング

 

 ちなみに期間工と呼ばれる、主に自動車関係の工場で働く人のための寮には大浴場のほかにサウナ、プールまであるところもあり、普通のワンルームマンションより快適に暮らせると評判です。

参照:「期間工のトリセツ」プールや事務などの福利厚生が厚い企業はどこ?

 

 

 

通勤時は何を持っていけば良い?制汗剤や香水は必須?

 

 工場勤務は汗をかきやすいので、着替え用のTシャツを持っていくといいでしょう。汗拭きシートがあれば、仕事終わりにさっとひと拭きして着替えられるので快適です。汗のにおいが気になる人は制汗剤をポーチに入れておいて、こまめにケアしましょう。香りのきつい香水は、男性が多い工場では避けておいた方がいいでしょう。化粧も汗をかいたら落ちてしまうので、ファンデーションのほか下地なども入れておくと安心です。

 あと、工場ではほこりっぽいところも多いので、マスクを携帯しておくことをオススメします。熱中症対策として水分補給用の水筒や塩アメも。工場の周りにはコンビニがないところも多いので、食堂で食べたくないならお弁当も忘れずに持って行きたいですね。

 

まとめ

 

 男性の分野への女性の進出が目覚ましい今日この頃。工場勤務の女性も増加の一方で、それに応じて職場環境も女性が快適に働けるように進化していることが分かります。

化粧やネイルなども工場によっては厳しいところもあるようですが、そうでなければ普通のオフィスワークより緩めな感じのところが多いのであまり悩む必要はありません。すっぴんでも問題ないので、化粧が苦手な人にはもってこいの職場ですね。

働き方も日勤だけ、短時間のパートでもOKなど選択肢が多く、工場勤務なら時給も高めなので子育て中のママにもぴったり。作業内容や職場の雰囲気など、もっと詳しく知りたくなったら、ネットや仕事情報誌で早速チェックを!

 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録