工場勤務者は椎間板ヘルニアに注意!?|バイト・求人探しはcoper

工場勤務者は椎間板ヘルニアに注意!?

更新日:2017/09/15 11:55:12

椎間板ヘルニアってご存知ですか?
工場勤務をされているなら、あなたも無関係ではありません。
工場勤務ではなくても、一般に非常に多い疾患です。
俗にいう「背骨」は、ブロックのような骨が積み重なってできています。
そのブロックとブロックの間に、ゼリー状のクッションがあり、それを「椎間板」といいます。
激しい運動や衝撃により、このゼリー状の椎間板がつぶれて突出した状態を「椎間板ヘルニア」といいます。
突出した椎間板が神経を圧迫すると、足などにしびれや痛みが起こります。
重いものを腰を曲げたまま動かす作業や、中腰での梱包作業など不自然な姿勢で1日中働く工場勤務では、椎間板ヘルニアの発症率が高くなるといわれています。
今回は、この椎間板ヘルニアの予防と対策を見ていきたいと思います!
工場勤務者は必見。
そうでない人も役に立つ内容です!

椎間板ヘルニアの恐怖の症状とは?

椎間板ヘルニアの症状は、主に「しびれ」です。
特にお尻や足にしびれが出ることが多く、正座をした後のような嫌な違和感がずっと続きます。
もちろん激しい腰痛を伴うこともあります。
突出した椎間板が、神経を圧迫する度合いでも症状は変わりますが、ひどければ立ち上がれないほどの腰痛や、しびれと同時に激しい痛みが足に出ることもあります。
これらは「感覚神経」を圧迫した場合です。
神経には痛みや温度を感じる「感覚神経」と身体を動かす「運動神経」がありますが、万が一「運動神経」を圧迫した場合、「足が動かなくなる」という最悪の事態も起こり得るのです!
現在の治療法では、痛みに対しては「ブロック注射」「神経ブロック」といった痛み止めを注射する方法。
麻痺に対しては手術などの方法で対応しています。

意外な事実?! 暴飲暴食、睡眠不足が悪化の原因に?!

漢方の考え方では、椎間板ヘルニアの症状は「瘀血」といわれる状態。
身体を巡るエネルギー「気」と「血」のうち、「血」の流れが滞り、それがしびれや痛みを発症しているという考えです。
この「瘀血」の原因は、実は意外なところにあり、それが工場勤務をきっかけにして症状を発症させるというのです。
この「血」の流れが滞る「瘀血」の原因は4つ。
1邪熱 ピリ辛いものの食べ過ぎ、暴飲暴食、ストレス
2寒邪 体の冷え
3気滞 イライラ、ストレス、睡眠不足
4湿邪 暴飲暴食、消化不良
このように、「瘀血」を引き起こす原因は複数あり、その原因は、暴飲暴食、冷え、ストレス、睡眠不足など意外なところにあったのです。

対策を駆使してヘルニアを予防しよう!

まず、もっとも簡単で重要な対策は、「サポーターで腰を固定する」ということ。
このサポーターは薬局などで市販されているもの。
特に腰痛などがない場合、柔らかいものでも大丈夫です。
巻き方は、おなかにまくのではなく、骨盤を締める感じ。
男性が浴衣を着るときに帯を締める位置です。
腰に違和感がすでにあるとか、腰痛がある場合は、少し硬めのしっかりしたものがいいでしょう。
すでにヘルニアを持っている場合は医師に相談して専門にコルセットを作ってもらう必要があります。
仕事後など、痛みやしびれがひどい場合は、腰を氷で10分ほど冷やしてください。
このとき、保冷材などを使うと0度以下になり凍傷を招く恐れがありますので、必ず氷を使うこと。
ジッパーつきの袋に氷を入れ、少しだけ水を入れて患部に当て、手ぬぐいなどで巻きます。
はじめは耐えられないほど冷たいですが、3分ほどでなにも感じなくなります。
氷で冷やす理由は、血行を抑え、炎症を一時的に止めるためです。
こうした対策に加え、暴飲暴食、ストレス、冷え、睡眠不足などにはとくに気を付けてください。

期間工なら労災も充実で安心。

そこまで対策していても、過酷な工場勤務では椎間板ヘルニアになることはあります。
そうしたときに、労災保険に未加入では困りますね。
期間工であれば、福利厚生、社会保険は完備です。
健康医療保険も、厚生年金保険も、雇用保険も、もちろん労災保険にも加入で死角はありません。
もちろん、予防対策が一番大切ではありますが、万が一起こってしまったときのことも考えておかなければなりません。
期間工なら、労災保険も完備で収入も多く、工場勤務なら期間工が一番といってもいいくらいです。
万が一椎間板ヘルニアが発症しても、期間工なら安心です。

まとめ

工場勤務に多い「椎間板ヘルニア」についてみてきました。
サポーター、コルセットなど、簡単にできる対策から、暴飲暴食、ストレス、冷え、睡眠不足など、意外な原因も発覚。
工場勤務は、本当に身体が資本の仕事ですから、椎間板ヘルニア対策でなくても、暴飲暴食や睡眠不足には気を付けて仕事に臨んでいただきたいと思います。
また、万が一の時は労災保険に加入していることが大切。
期間工でなくても、労災保険の加入の有無は確認しておきましょう。
これから仕事をお探しなら、期間工が安心です。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録