ライン作業で行われる検査の業務って何をするの?|バイト・求人探しはcoper

ライン作業で行われる検査の業務って何をするの?

更新日:2017/09/14 10:32:12

工場勤務の仕事…、特に期間工の仕事を検索していると、「ライン作業でも検査の仕事がある」「検査業務は楽なのでおすすめ」など、様々な口コミが書かれています。今回の記事では、そんなライン作業の検査業務について、いくつかの情報をお届けします。

 

検査業務の仕事内容はどんなものなのか?また、同じ期間工として検査業務に就く為には、どんな方法があるのか?など、詳しくお伝えしたいと思います。

 

検査作業って何するの?

まず最初に、ライン作業での検査業務は具体的に何をするのでしょうか?

 

ライン作業での検査業務では、いわば製造工程の”最終チェック”を担当します。例えば、自動車メーカーであれば、エンジン組立て→塗装→シートや部品の取り付け→完成となりますが、その完成の手前で、指定された部品がきちんと付いているか?緩みはないか?などを何百もの検査項目に基づいて確認をする作業がメインとなります。

 

一見して楽そうに見える検査業務ですが、製品の最終チェック工程という事もあって、その責任は重大です。もし検査業務でいい加減なチェックをしていて、不良品が世の中に出回るようなことがあれば、製品の回収や無償修理などをしないといけませんし、会社全体にも大損害を与えることにもなりかねません。

 

検査作業を行うメリットは?

では、そんな検査業務のメリットはいったい何なのでしょうか?

 

やはり、最も大きな検査業務のメリットは、”体力的に楽”という点でしょう。

例えば自動車メーカーなどで働く期間工であれば、部品の取り付けは重たい部品を扱いますし、シートなどの取り付け工程では、狭い自動車の中に体を入れて無理な体勢で作業をしなくてはいけません。

その点では、検査業務は指定されたチェック項目を厳格な目でチェックするだけですから、特に体力は必要ありません。

 

検査作業を行うデメリットとは?

一方、検査作業のデメリットは、”非常に神経を使う”という点と、”時間を持て余すケースがある”という点です。

 

先ほどもご紹介しましたが、検査作業は製品の最終チェック工程ですので、そこでミスをしたりすると、会社全体の信用問題にも発展するリスクがあります。したがって、相当の緊張感をもってチェックを行う必要がありますので、少々精神的なストレスが伴います。

 

逆に、緊張感がある作業である一方で、検査作業に慣れてくると”時間を持て余す”という事態も発生します。これは一見してメリットのように見えますが、実は毎日毎日時間を持て余す事が頻発すると、やはり仕事をしていても楽しくありませんから、逆にストレスがかかったりします。

 

人間、暇なら暇で、それがストレスになる…という事になりますね。

 

検査の仕事を優先的にもらえる方法とは?

期間工として採用された場合、主に「組立てや作業」に配置される人と、「検査作業」に配置される人に分かれます。やはり体力的に楽な検査作業は、期間工の中でも人気です。

 

では、その検査作業に優先的に配置してもらえるような方法はあるのでしょうか…?

 

残念ながら、面接などを受けた際に、検査作業への配置を希望したとしても、そのまま受け入れられるケースは少ないと思っておいてください。基本的に、配置部署については全て会社側で判断するからです。

 

さらに言うと、面接で複数人を採用する事が決まっている場合などは、組立て工程に○人、検査作業に○人…と、最初から配置予定人数が予め決まっています。したがって、検査作業を希望する人全てが、そのような部署に行けるとは限らないのです。

 

しかし、これまでの例などを聞いていくと、「体が細く組立て工程に耐えられないのでは…」と判断された場合や、「面接時の簡単な体力テストで、少々不安要素が残るケース」などでは、優先的に検査作業にまわされる事があるようです。

 

まとめ

今回は、ライン作業での「検査作業」について、その業務内容やメリット・デメリットに至るまで、詳しくお伝えしました。

 

期間工として仕事をする場合、いくらすぐに慣れるとはいえ、やはり体力的な部分が不安要素ではあります。その点、検査作業は比較的体力も使わないので、期間工の入門としては最適なのかもしれません。しかし、自分の希望で検査作業の部署に配置してもらう事は無理なようですので、あとは運に任せるしかないのかもしれませんね。

 

ただ、一つ言えるのは「期間工の待遇は抜群である」という事です。一般の工場で正社員で働いたとしても、20代で年収ベースではせいぜい200万円台後半が関の山です。しかし、期間工として自動車メーカーに勤務した場合は、組立て工程を担当しても、検査作業を担当したとしても、年収400万円は狙えます。実に一般社員の2倍近い年収を得るケースもありますから、本当に魅力的な働き方だと言えますね。





 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録