工場勤務の休憩時間はどのように設けられているの?|バイト・求人探しはcoper

工場勤務の休憩時間はどのように設けられているの?

更新日:2017/09/13 10:36:23

工場勤務を始めるにあたって不安なこと

工場勤務を初めて経験する人は、不安が一杯でしょう。特に、期間工として単身で見知らぬ土地に来る人々にとっては、仕事の他にも、人間関係や寮生活のことなど、様々な不安があって当然です。

いろいろとある不安要素の中でも意外に多かったのが、仕事の拘束時間のことでした。
工場のライン工程の仕事は、単調な作業の繰り返しになるので、集中力が必要です。その集中力が持続できるかどうかが不安だという人も多くいました。

また、夜勤の仕事が入るので、体力的についていけるのかどうかも不安なようです。
しかし、あまり心配することはありません。

 

工場の休憩時間は2時間ごとに設定されていることがほとんど

期間工の仕事にはそれなりの状況を考えた流れができており、ほとんどの工場が2時間ごとに休憩を入れています。

集中力を保つためと、同じ姿勢で同じ作業をこなすことで、体の負担を考えての休憩時間なのです。また、夜勤では眠気を払拭するために、時折たばこを吸いたい人もいますし、この10分ほどの休憩時間にスマホで友達と連絡を取る人もいます。

それぞれが好きなように休憩時間を過ごしていますが、簡単なおにぎりなどの軽食を取る人もいますね。体が慣れてくれば、自分にとって有効な時間の過ごし方がわかってくるでしょう。その貴重な休憩時間を挟むことで、作業にもメリハリがつき、また集中して作業を行うことができるのです。

お昼の休憩時間はほとんどのところが1時間取れます。この間に食堂でお昼ご飯を取るわけですが、工場によっては食堂が混雑し、時間をずらさないと食事ができない場合もあります。それでも、1時間の休憩時間は唯一のんびりできる癒しの時間でもありますね。

 

工場の休憩時間、みんなはどう過ごす?

一日に数回ある休憩時間。期間工の人たちはどんな過ごし方をしているのでしょうか?
作業の合間の10分休憩は、あっという間ですが飲み物を飲んで水分補給をしたり、仲間とおしゃべりをするなどして、気分転換をします。体のストレッチをしている人も多く見かけますね。

昼食や夜食の食事休憩は、食堂で食事をとるか、売店で簡単な軽食を買って食べることもできます。工場によっては、混雑するので、食事が終わったら速やかに場所を空けることが暗黙のルールとなっています。

その後はスマホをいじってゲームをしたり、友達と連絡を取ったり、寝ている人も少なくありません。交替勤務は常に眠気との戦いなので、1時間の休憩時間のほとんどを睡眠に充てている人も多いですね。

また、仲間とコミュニケーションを取る最大の時間でもあるので、この時間は使い道がいろいろとあり、貴重です。同じライン工程の人と話をしたり、先輩に相談をしたり出来るのもこの時間です。1時間の休憩時間を有効に過ごします。

 

工場勤務は意外に実働時間が短い?

通常の会社だと、一日8時間勤務というのが平均だと思います。それに残業が加わり、一日に9時間、10時間働いている人は多いのではないでしょうか?

そう考えると、期間工の仕事は意外に基本の実働時間は短いのです。休憩も数回はいりますので、一日の実働時間は7時間30分くらいでしょうか?残業がなければ、そのまま帰ることができるのです。残業はあっても1時間くらいのことが多いので、8時間半ほどの実働時間になります。一般の会社員に比べると、拘束時間は短いということなんですね。

しかも、それなのに期間工の残業代はかなり高額です。トヨタなどでは残業の時給は30%の割り増しになりますので、かなり良い条件です。だからこそ期間工は稼げるんですね。そして、一度期間工を経験すると、他の仕事が考えられなくなるのです。
あなたが工場勤務を探しているのであれば、効率的にお金を稼ぐことができる期間工の仕事をぜひお勧めします。


 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録