工場勤務を考える!本当に惨めな仕事なの?|バイト・求人探しはcoper

工場勤務を考える!本当に惨めな仕事なの?

更新日:2017/09/13 10:35:38

工場勤務を惨めと感じるのは何故?

工場勤務をすることを惨めだと感じている人がいます。

それは一体何故でしょうか?

作業着を着て、油にまみれたり、ペンキで汚れたりする仕事をしているからでしょうか?

工場勤務と言っても、自動車メーカーの会社や精密機器、食品加工工場など様々な業種がありますね。

食品工場などは女性も多く働いていますが、派遣社員などが多いので、非正規社員ということで惨めだと感じている人もいるようです。

また、工場勤務だと、単調作業の繰り返しなので、誰にでもできる仕事だととらえられがちです。

実際に学歴不問で採用するところも多いので、そういう印象がついてしまっているのかもしれません。

自動車工場なども短期契約の期間工などを積極的に採用していることから、あまり良いイメージがないのも事実ですね。

 

それでも工場勤務の応募者が多い理由

工場勤務の仕事は確かに単純作業なので、仕事としては簡単に覚えられます。

また、自分で何かを考えて作業をする必要はなく、マニュアルに沿って、淡々と作業を進めることだけで仕事は成り立ちます。

何かを創作したり、自分の意見を業務に反映させたい人には向かない仕事と言えるでしょう。

しかし、逆に言えば淡々と言われた仕事をこなせる人は会社にとって、必ず必要な存在です。

マニュアルからそれることなく、また他のやり方に変えることなく同じ作業を繰り返しできるのは、根気があり、真面目な人と言えるでしょう。

そういう作業員がいるからこそ、大切な製品が効率良く生産されていくのです。

 

実は優秀な技術者集団と評価されている人々

昨今では大手自動車メーカーの工場で、期間工の中から正社員に登用する傾向が強くなっています。

これは、仕事を専門的にこなしてきた期間工の即戦力を企業として求めているからなのです。

大卒の新入社員を一から教育するよりも、実際に仕事に携わってきた期間工の方が、即戦力として会社に貢献してくれる場合が多いのです。

たとえば高卒で期間工を始めて、2年11ヶ月工場で働いた場合、様々な技術を身につけ、また仕事に必要な資格も取得できている可能性があります。

その人が正社員登用の試験を受け、正社員となったら、大卒の新入社員よりもはるかに高い給料を手にすることができるでしょう。

それまで惨めだと感じていた人が、実は日本の自動車業界を引っ張っていく存在になるのです。

また、本人が自信がつくだけでなく、周囲もその優秀な人材を認め、評価をしてくれるでしょう。

工場で働くことは決して惨めなことではないのです。

 

工場勤務が惨めだと心が弱った時は

自分がこの工場でどんな仕事をしていて、どれほど貢献しているかを冷静に考えてみましょう。

そして、期間工であれば、今の自分の収入を見直してみてください。収入は、仕事への対価です。

期間工の高い給料はそれだけの価値を会社が認めている証なのです。

期間工の仕事は、単身で工場に乗り込み、初めは孤独感や不安などから惨めだと感じる人もいるようです。でも、考えてみてください。

期間工は、常に需要が高い仕事です。その証拠に常に多くの会社から募集広告が出ていますよね。

それだけ世の中から求められているということなのです。

そして、支払われる高額の給料は、それだけのメリットを会社が感じて設定している金額です。

期間工で仕事をしている間に、フォークリフトなど専門の資格を取得することで、自分の価値をさらに高めておきましょう。

期間工の仕事が満期を迎えて終わった時に、それは大きな武器になります。

また、その時に手にする期間満了慰労金は自分が頑張ってきた証明となる財産です。

 

期間工として胸を張って仕事をしよう

期間工として仕事をすることを決めたら、胸を張って仕事をしましょう。

同じ工場の先輩の中にも様々な技術を身につけ、仕事人としての価値の高い人はいるはずです。

自分もその人たちのように自信を持って仕事ができるように頑張ることが大切です。

期間工をする前の自分を惨めだと思っても、期間工を始めたら胸を張って仕事をしましょう。

それだけの重要な仕事を期間工はしているのです。

そして、それに見合った収入を得ることができるのです。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録