工場派遣、50代にはキツい?|バイト・求人探しはcoper

工場派遣、50代にはキツい?

更新日:2017/09/13 10:21:20

50代で工場派遣をお探しですか?
なにか資格はお持ちですか?
経験は?
こうしたことは必ず聞かれるのではないでしょうか。
50代で新しい仕事を探すのは、経験者や資格保持者でなければ工場派遣でなくても大変ですよね。
毎日ハローワークに通われたり、求人情報とにらめっこされて、憂鬱な日々を過ごされているのではないでしょうか。
そんな50代の皆様に、工場で働くためのいろいろな方法を提案したいと思います。
実は、意外といろいろな方法があるんです。
なので、それらの方法を全部試してみたら、自分にあった仕事が見つかるかもしれませんね。
ただし、50代の就職活動となると、やはり何を優先するのかも大切です。
「生活がかかってる。何でもする!」という覚悟をもってするのか、「年金がもらえるまで、何とか食べていけるだけの収入があればいい。できるだけ身体に負担の少ない仕事がいい」といった感じなのか。
とにかく、どんな方法があるのか、一つひとつ見ていきましょう。

正直厳しい50代派遣社員

派遣社員には登録型派遣と無期雇用派遣があります。

これが一つの選択肢です。

登録型であれば、50代ですと書類選考で通らず、登録もできないということが多いようです。

そうしたことをすでに体験されて困っていらっしゃるかも知れませんね。

また、派遣先との「顔合わせ」で不採用になったという方もいらっしゃるでしょう。

なかには「事務的な質問をいくつかされただけで、はじめから手ごたえがなかった」などの体験談もあります。

派遣社員に限らず、50代の風当たりはきついといわざるを得ません。

それでも、方法はあります。

まずはもう一つの選択肢「無期雇用派遣」です。

こちらは工場、製造系の専門の人材会社も多く、そのほとんどが「無期雇用派遣」を採用しています。

さらに「期間工」です。

無期雇用派遣のしくみと期間工の応募資格

UTエイム株式会社という工場系の人材派遣会社があります。
こちらでは、UTエイムの正社員として雇用され、派遣先工場に派遣されて働く「無期雇用派遣」というスタイル。
ですので、派遣先が終了しても次の派遣先を紹介されますし、その間の待期期間にも給料が発生するのが最大のメリットです。
半導体、電子部品などの工場が多く、比較的楽な作業といえるかもしれません。
こちらの求人は、40代、50代でも大丈夫とのこと。
こうした「無期雇用派遣」の人材会社はとても増えています。
さらに期間工という選択もあります。
雇用先はトヨタや日産といった大企業で、応募資格は18歳のみ。
よく「未経験者歓迎」「未経験OK」などとあるように、女性でも、無資格でも、未経験でも、50代でも大丈夫です。

期間工なら待遇も抜群!

期間工の場合、期間が決まっているため、短期は3ヶ月から、契約更新で35ヶ月まで働くことができます。
この間は大手企業の正社員と同様の福利厚生を利用することができます。
月収例は30万円以上。
35ヶ月満了で支給される満了金は35ヶ月合計で300万円になる企業も。
個室寮が寮費無料で用意され、水道光熱費などもタダ。
生活費がほとんどかからないので、収入のほとんどを貯金にまわせます。
失業期間中の生活費は十分たまります。
期間満了後はすぐに失業保険を受けることができますし、6ヶ月後には同じところで再雇用も可能。
正社員登用制度もあります。
50代で正社員になった例は限られますが、チャンスはあります。

50代でも採用のチャンスがある企業はアイシンAWやプライムアースEVエナジーなどの自動車部品製造業。

問題はやる気と根気。

UTエイムなどの人材派遣会社で無期雇用派遣として工場勤務をするのもよし。
こちらは期間工と比べると、満了報奨金が支給されないでメリットがありますが、期間満了での失業がないのがメリットです。
期間工は、満了報奨金がありますので、稼ぎたい人ならこちらがいいでしょう。
いずれにせよ、工場勤務は慣れるまで根気がいります。
残念ですが、50代ともなると若い子より慣れるまでに時間がかかるのも事実。
やはり、なにがなんでもやり通すといった強い決意が必要かもしれません。
そのかわり、それに見合った収入は入ってきます。

まとめ

工場勤務について、50代の可能性を見てきました。
体験談などを見ていると、50代の就職活動はやはり厳しいこと。
UTエイムのような、無期雇用派遣であれば、50代でも採用をしていること。
期間工でも、自動車部品系の企業であれば、50代のチャンスがあること。
期間工なら収入、待遇もよいこと。
無期雇用派遣でも、半導体、電子部品など、悪くない内容があること。
工場勤務は、ある程度の体力が必要なので、やる気と根気がいること。
いい話ばかりではありませんが、50代でもチャンスがあるのは確かです!
まずは工場系の「無期雇用派遣」と「期間工」についてよく知ってもらって、自分に合った方からチャレンジしてみてください。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録