期間契約社員の退職金とは?自動車メーカーの比較|バイト・求人探しはcoper

期間契約社員の退職金とは?自動車メーカーの比較

更新日:2017/09/12 11:14:05

期間契約社員は契約期間満了時に慰労金がもらえる!

期間契約社員とは、一定の期間限定で働く社員のことです。

自動車メーカーや食品業界でのライン工程で多く募集をされている人々のことで、繁忙期だけでなく、昨今では常時、募集が行われています。

この期間契約社員の人々は、最短で3か月から契約を結び、その後、場合によって契約更新を行っていきます。

契約が終わる段階で期間満了慰労金という一時金を支給することが期間契約社員の大きな魅力となっています。

これは一般的な会社でいう退職金になるわけですが、期間契約社員の場合は、契約が終わるごとにこの慰労金を支給され、契約更新をすれば、また次の契約期間が終わった時点で新たな慰労金をもらうことができます。

つまり、自動車メーカーなどの期間契約社員は、契約更新を続けて、長く勤務すればするほど慰労金の金額も上がっていき、その収入は増えていくのです。その魅力があるため、長く期間契約社員を続けている人がほとんどです。

 

大手自動車メーカーの期間工の満了慰労金は?

自動車業界最大大手と言われるトヨタ自動車では、2年11か月まで契約更新をして勤務を続けることができますが、その場合、6か月の満了ごとにに規定額を支給していきます。

そして、その結果、満了慰労金の総額は3,064,000円となるのです。

これは、かなりの金額ですね。

もちろん、この他にも通常の月給、あらゆる手当、報奨金が加算されるので、多額の貯金が期待できます。

日産自動車の場合はどうでしょうか?日産の場合は、勤務する工場によって、かなり差があります。

追浜工場では、6ヶ月満了毎に規定額を支給し、2年11か月後には最大で約1,500,000円なっています。

スバルは2年11ヶ月勤務すると、満了慰労金の総額は2、270,000円となります。また、マツダは6ヶ月ごとに120,000円ずつ支給となっており、企業によってその金額は様々ですね。

 

満了慰労金は自動車メーカーだけじゃない!

期間工の仕事は他にもいろいろとあります。

自動車部品工場でも期間工の満了慰労金はかなり魅力あるものとして話題となっています。

トヨタ自動織機というトヨタ系列の部品工場では、満了慰労金が2年11か月後に総額で、1,820,000円となっていますし、同じく部品工場のジャトコでも満了慰労金として、6ヶ月後に300,000円を支給とされています。

このように、工場勤務の期間工は、ほとんどどこの会社でも満了慰労金が支給されるので、これが大きな魅力となっています。

 

じゃあ、一番稼げる会社は一体どこなの?

満了慰労金が圧倒的に高額なのはトヨタ自動車ということになります。

しかし、実は満了慰労金だけが稼げる会社のポイントとは考えられません。

というのは、それぞれの会社には特徴があり、慰労金が高いところ、月給が高いところ、様々な手当てが充実しているところなど、あらゆる角度から考えてみると、一概にどこがいいとは言えないからです。

年収で考えると、自動車部品の会社のデンソーが5,000,000円以上稼げるという人もいますし、入社祝い金を多く出している会社に入社して、初任給が700,000円以上もらえたという人もいます。

どれだけ続けるかによっても条件は違ってきますし、稼げるけれど残業が多すぎるとか、仕事がきついなど、人によって求める条件も違いますよね。

 

期間工として選ぶべき会社のポイントとは?

もちろん満了慰労金の金額も大きなポイントとなります。稼ぐことを目的に期間工になる人も多いでしょうから、どれだけ稼げるかは重要な問題です。

しかし、その他にも正社員登用が活発に行われているかどうかや、寮の設備が整っているかどうかなども選ぶ時の大切なポイントとなりますね。

いずれにしても、様々な工場がありますが、やはり何といっても大手自動車メーカーであれば間違いはないでしょう。

大企業であればそれなりの設備も整えていますし、会社としての体制もしっかりしています。

業績も一気に落ち込むことはないでしょうし、従って、勤めたいだけ勤務を続けることができるはずです。

会社選びは大切ですが、まずは自分がどんな将来を送りたいのかを考えて、その木曜に向かって計画を立てて、会社選びをするべきでしょう。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録