使い捨てと言われる期間従業員!それでも胸を張って仕事をする理由|バイト・求人探しはcoper

使い捨てと言われる期間従業員!それでも胸を張って仕事をする理由

更新日:2017/09/11 14:27:41

期間従業員とはどんな人たち?

期間従業員とは、期間限定で仕事をしている人たちのことです。

期間限定社員や、期間工とも呼ばれます。

期間従業員は、自動車メーカーや精密機器、食品などの製造工場で多く募集されます。

名前の通り、忙しい期間だけ募集される求人ですが、昨今ではどこの企業でもその募集人員は多くなりつつあります。

その理由として、業界自体がうなぎ上りに向上を続けている自動車メーカーでは、24時間体制でフル稼働していても生産が追い付かない状態で、常に人材不足となっているのです。

それだけ日本の生産能力は世界に認められていて、その輸出のおかげで日本企業は大きく成長をしています。

期間従業員は最短3か月からの契約となっており、3か月後に本人と会社側の意向が一致すれば契約延長となり、最長で2年11ヶ月くらいまで勤務することができます。昨今ではその後に正社員登用の試験を受けて、正社員になる人も多くなってきました。

 

期間従業員の仕事内容とは?

期間従業員は、そのほとんどが昼勤と夜勤を組み合わせた交替勤務になります。

仕事内容は、流れ作業のライン工程が多く、ベルトコンベアで流れてくる部品を組み立てたり、プレス加工したり、塗装業務など、様々な作業があります。

最初の初心者の段階では、誰にでもできる単調な組立などの作業が多く、一週間もすれば仕事を覚えることができるとされています。

ラインには数人でのグループ作業になるため、ある程度のスピード感を持って自分の担当箇所で作業を行います。

わからないことがあれば、先輩か上司に聞くことがお勧めです。

わからないまま作業をしていると結局はラインのみんなに迷惑をかけてしまうので、早めに疑問点は聞いておきましょう。

作業は2時間ごとに休憩を入れることが多く、精神的な集中力や体力的な疲労を貯めないように工夫がなされています。昼勤と夜勤の繰り返しなので、体のリズムを早く慣らすことが大切です。

 

期間従業員の生活はどんな感じ?

期間従業員は、ほとんどが寮生活になるでしょう。

工場の敷地内に寮がある場合と、寮が離れている場合がありますが、寮までは社内バスでの送迎が多いですね。

食事は工場内、寮内の食堂を利用することがほとんどですが、一般の外の飲食店に比べて、かなり安い金額で食事をとることができます。会社によっては、食費の負担もあるので、かなりお得です。

また寮に関しては、電化製品や寝具などは揃っているところが多く、寮費や光熱費も会社負担ののところが多くなっているので、生活費はほとんどかかりません。

寮もかつては数人に一室が多かったのですが、昨今では完全個室のところが多く、レオパレスのマンションなどを提供している会社もありますね。プライベートな時間も楽しめるような寮生活になっています。

 

期間従業員のメリットって何だろう?

期間従業員はとにかく短期間で高収入を得ることができます。通常の同じ世代の人と比べると、2倍くらい稼ぐことも不可能ではありません。自動車メーカーの期間工などでは、年収500万を超える人もいるくらいです。

何故なら、期間工はもともと時給が高額なことに加えて、入社祝い金や契約満期慰労金などがかなりの金額で支給されます。

この慰労金に関しては、3か月などの満期を完了するたびに金額も上がっていきますので、最長の2年11ヶ月になるまでにはかなりの金額を手にすることができます。

また、生活費がほとんどかからない寮住まいなので、稼いだ分は全て貯金に回すことができます。何か目標を持って、期間従業員を選択するのであれば、思った以上に短期間でお金を貯めることができるでしょう。

さらに、期間従業員とはいえ、昨今では正社員登用に力を入れている会社が多くなりました。会社側も優秀な人材を求めているからです。

かつては期間従業員と言うと、企業の「使い捨て」と言われた時代もありましたが、現在では即戦力となる期間従業員の存在が大きくなり、企業としても正社員として迎えたいと熱望するようになっているのです。

期間従業員として自動車メーカーに入ってみて、仕事内容に興味を持てれば、将来その業界で正社員を目指すのも一つの方法ですし、貯めた貯金で自分がやりたい事業を展開するのもまた一つの方法でしょう。
 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録