お悩み解決|工場勤務辞めたい!でもそのあとどうしよう…|バイト・求人探しはcoper

お悩み解決|工場勤務辞めたい!でもそのあとどうしよう…

更新日:2017/09/11 11:37:03

工場にお勤めですか?

「工場勤務辞めたい。でもそのあとどうしよう」

こうしたことで悩んでいらっしゃいませんか?

工場勤務は、よほどしっかりと対策を立てておかないと、つらいことがたくさんありますね。

一般の職場でも、人間関係やパワハラ、営業のストレスなどさまざまです。

やりがいがない。

自分に合っていない。

上司がどうしようもない。

給料が少ないのに仕事がきついなど、退職の理由はつきません。

工場勤務では、さらに工場特有の理由が加わってきます。

それでも、きちんと対策を立てておくことで、割と簡単に楽になることがあります。

そういった対策も含めて、続けるならどうするのか、辞めるならどうすればいいかを見ていきたいと思います。

工場に入って間もない人は?

工場に入って間もない人。

やってみたけどつらかった。

おもしろくなかった。

仕事が覚えられない。

こんなはずじゃなかった!

そんな風に思っていらっしゃるかもしれません。

工場勤務の場合、最初の1ヶ月は一番つらいものです。

まだ仕事を覚えていないのに、ライン作業では時間内に精密な仕事をこなさないといけない。

同じ動作を一日繰り返すことで、筋肉痛が絶えず、もう少しも動かせない。

一日ずっと不自然な姿勢で立ちっぱなしで、疲労困憊。

帰ったら眠るだけの生活。

夜勤があって、眠くてしょうがない。

交代制で生活リズムが乱れた。

こうしたことが重なると、もう一日も仕事に行きたくないってなりますよね。

これはみんなそうです。

ただ、乗り越える方法もあるんです。

筋肉痛には、こままめなストレッチや水分補給。

テーピングやサポーターでの固定。

入浴時にしっかりと温めること。

また、近くに整骨院があればプロにケアしておらうのもいいでしょう。

仕事に慣れて体力がつくまでは、予定を入れずにすぐに眠ること。

食事はたんぱく質を多めにしっかりと食べること。

夜勤の前にはしっかりと寝ておくこと。

こうした小さくて簡単な対処法を、実行するかしないかが、大きな効果をもたらすのです。

それでも、もう切羽詰まっているという人は、一度辞めてしまった方がいいかもしれませんね。

仕事に慣れてもやめたい人

一方で、仕事には慣れたがもう辞めたいという人もいらっしゃいます。

仕事が単調すぎて退屈。

いくら頑張ってもほかでは通用しない仕事で成長がない。

やりがいがない。

ずっと続けると思うとぞっとする。

そういったところでしょうか。

こうした方も、思いつめるところまでいっていると、もういったん辞めて、工場とは関係のない世界でゆっくりした方がいい場合もあります。

ただし、これも考え方一つなんですね。

工場勤務につく前に、自分に合った工場を選んでおくことが大切

まず、最も大切なことは、「自分が望んでいることはなにか」を把握していることです。

自分は「やりがい」が一番大切なのか、「収入」が大切なのか、「お休み」が大切なのか、「人間関係」が一番大切なのか。

どうして工場を選んだのか。

辞めたいと思っている今こそ、もう一度考えてほしいのですが、あなたが一番望んでいるものはなんですか?

やりがいは自分で作るものです。

どんな仕事をしていても、その仕事に誇りが持てないならやりがいはありません。

ただ、「好きな仕事」をしている方がやりがいを持ちやすいことも事実。

同じ製造業でも、車が好きなのにケーキの工場で働くのは、明らかに違いますよね。

収入は募集要項を見れば一目でわかります。

納得できる額を稼ごうと思うなら、それなりにきついのはあたりまえ。

休みも減り、残業は増えます。

それでもいちばん大切な収入は上がるのです。

逆にお休みを重視したいなら、お休みの多い工場を選ぶべきです。

休みたいのに休日出勤を毎週しないといけない工場は、つらいのはあたりまえですね。

その分収入は減りますが、お休みが取れる工場はたくさんあります。

人間関係が最も難しく、最も退職理由としては多いのではないでしょうか。

ただ、対処法はいたって簡単です。

あまり深くかかわらないこと。

これだけです。

関わる必要があるときは、「相手のことを思いやる」こと。

自分のことを思いやってくれる人に「いじわる」する人はいません。

自分のことを思いやってくれる人には優しくしたいものです。

このように、本当は就職する前に、自分の希望にあった工場を選んでおくべきだったんです。

まとめ

工場勤務をやめたい人への対処法を見てきました。

まだ仕事に慣れていない人は、具体的な対策を簡単なことからしっかりとこなすこと。

もう仕事に慣れてしまっている人には、自分の希望を把握すること。

どうしてもダメな人は、いったん辞めてしまった方が幸福であること。

次を選ぶときは、自分の希望にあった職場を選ぶこと。

「やりがい」があって「収入」もよくて「休み」もとれて「人間関係」もいい職場なんてありません。

まずはどれを優先するか。

そのあとは、自分で作っていくものなのです。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録