工場勤務を考えてるけど、残業多そうなイメージで不安ならこの記事読んで!|バイト・求人探しはcoper

工場勤務を考えてるけど、残業多そうなイメージで不安ならこの記事読んで!

更新日:2017/09/11 09:50:55

工場勤務って 『過酷』 って、イメージですか?

もしも、工場勤務が過酷な労働ばかりだと思っているなら誤解です。誤解をしている方は、ある種の特殊な専門作業をする方々のお仕事を想像して先入観に囚われているだけだと思います。今や、工場勤務は手堅く稼げる人気の職場です。仕事の種類も様々ありますので、力自慢だけの男性や若者だけの仕事ではないのです。

しかも、『肉体労働で昼夜問わず働かされるのではないか・・・』と言ったような、ブラックなイメージがあるようですが、本当はそんなデタラメな雇用はできない極めてクリーンな職種でもあるのです。労働者の安全を守る為に、法律で厳しく管理されているので安心なんだ!という事を、お話ししていきましょう。

■工場勤務は残業が多いって本当?

工場勤務はとにかく勤務時間が長い…というような誤解があるのは、なぜなんだろう?

と、考えてみた時に思いつく特徴がありました。

工場には様々な規模がありますが、大手の製造メーカーの事が思い浮かびますよね?

大手の製造メーカーでは何年も先の生産まで納期が決まっている仕事も少なくありません。その為、計画的に納期に間に合うようにプランを組んでいます。また、工場の未稼働時間を削減することで効率化を図っています。その為、工場自体は昼夜問わず稼働していることが多いです。そのことが、残業が多いイメージに繋がっているのではないかと思います。

ここで、残業が多いイメージに代表される誤解を解消するべくポイントをお話しします。

工場は、昼夜稼働をしている企業が多いですが、日中勤務と昼から夜にかけての勤務と夜の勤務と3パターンの時間に勤務形態が分かれていることが殆どです。

ですから、工場のキャパを考えても決められて時間以外の時間帯で勤務を続けるのは物理的にも無理であることがお分かり頂けると思います。

■残業が少ないメーカーランキング

残業が少ない業界とは、どのような業種でしょう?

メーカーに限定して言うと、医療機器名―カーは残業が少ないことで有名です。また、そのほかにも残業が少なく・休日が多いメーカーとして化学・素材メーカー、化粧品メーカー、医療品メーカーに同じような傾向がみられます。

有名どころとして、とある企業の統計調査の例より、具体的な社名を公開しよう。

大日本住友製薬、因幡電機産業、三洋化成工業、関西ペイント、岩谷産業、キッセイ薬品工業、山善、協和発酵キリン、日本航空、日立製作所などは経済誌などの調査でも文句なしのトップ50に必ず名の上がる有名どころです。ここらあたりの企業だと、ほぼ残業はゼロに近く、年間で10時間を超えない企業ばかりです。

『ゼロ残業!』を企業理念として掲げている企業ばかりです。

しかし、この他にも食品メーカーや自動車メーカーなどの工場は残業少な目にランクインします。食品メーカーは、常に供給数が決まっていることからラインが止まらないように安定稼働していることが大きな要因です。自動車メーカーは、ある一定時期だけ繁忙期があってプラス1~2時間の残業があることもあるので統計的に産業少な目と扱われにくいのですが、意外と定時勤務が義務付けられている優良企業が多いのです。

■残業多いけど稼げるメーカーランキング

では、『残業が多少多くても稼げる』という基準で、探すとどうでしょう?

ここで、キーワードとして知っていると検索に便利なワードがあります。『期間工』というキーワードです。機械・自動車系の製造メーカーには、繁忙期を乗り切る秘策として『期間工』という制度を採用してる企業が多いです。

期間工とは、その名の通り期間を区切って契約する雇用形態を指します。期間は様々な設定があるようですが3ヵ月~3年くらいの単位が一般的のようです。

一般従業員への荷重を分散させるために繁忙期に一定数を補充する仕組みです。繁忙期の調整の為の雇用ですが、残業がバカみたいに多いなどの心配は全くありません。ほとんどの期間が定時勤務が基本です。夏季や冬季の一部期間で1~2時間の残業が発生する時期があるようですが、これも希望制などが多く矯正ではないようです。

その為、短期間やある一定期間でお金を貯めたい方や稼ぎたい方に人気の雇用形態となっています。

具体的な企業名としては、トヨタ、スズキ、ダイハツ、アイシン精機、などの自動車産業にかかわる企業で期間工は一般的です。

■まとめ

残業をコントロールしたいと考えているのなら、工場勤務がおすすめである!という事です。

工場勤務は、肉体労働や不法な長時間残業を心配されるようなブラックなイメージがありますが、それは今は昔の事なのです。確かに、そういったブラックな労働を強いられた時代があったこそ、行政の監視の目が厳しくなり、昨今では他のどの業種よりも厳しく監視の目が光っているのが現状です。

きちんと休みたい方にも適していますし、頑張って稼ぎたい人にも適しています。今、最も働く時間をコントロールしやすい働き方が工場勤務であると言っても過言ではないでしょう。

いかがでしたか? 工場勤務への労働時間の不安は解消されたでしょうか? 

もしも、あなたの近所に大きな工場があるのならワークバランスのとりやすい仕事が身近にあるかもしれませんね。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録