工場で働く!仕事ができる人とできない人|バイト・求人探しはcoper

工場で働く!仕事ができる人とできない人

更新日:2017/09/08 15:42:31

昨今の生産製造業事情は?人材不足の背景

昨今では特に製造業界での人材不足が深刻化していると言われています。大手自動車メーカーの業績は年々向上を続けており、国内だけでなく、海外へ向けての生産も劇的に伸びている状況です。

そんな中、どこの自動車メーカー、自動車部品メーカーでも人材不足が常態化しており、その対策に日々追われています。

日本の自動車産業は、世界に大きく貢献しており、海外からの称賛の声も大きくなっていますが、その反面でその大量生産に追いつかなくなってきているのが現状です。24時間体制でライン工程での作業をフル稼働させていても、まだまだ生産数が足りないと言われています。

そこで、自動車メーカーや自動車部品メーカーは、即戦力となる期間工の存在を重視し、あらゆる工場で常時募集をしているのです。

 

工場で働く期間工とは?

期間工は未経験からでも十分に採用されます。また、年齢も18歳以上であれば学歴も関係なく、採用条件を満たしています。若い人々は体力に期待が持てることで、工場勤務には貴重な存在として大切にされています。

期間工は期間限定社員であるため、3か月や4か月ごとでの契約となり、その期間は工場敷地内あるいは工場から近いところになる寮生活がほとんどです。

最近では完全個室の寮であるところが多く、プライベートな時間を大切にできるように配慮されています。

また、ほとんどが寮費無料で、寝具や電化製品なども完備され、光熱費も会社負担となっています。

赴任費や引っ越し費用も支給されるので、体一つですぐに仕事を始めることができるのです。

一人暮らしをして新しい仕事を探している人にとっては、思わず飛びつくような条件でしょう。

 

工場で期間工として働くためにはどうしたらいいの?

最近はネットなどでも簡単に求人応募ができるようになっています。
期間工として働くためには、大手自動車会社のトヨタやダイハツ、三菱などの自動車メーカーの公式ホームページの募集から応募したりできます。

また、派遣会社から自動車メーカーの期間工を希望すると登録をして、派遣会社経由で期間工になることもできます。この際、派遣会社の社員として期間工で働く場合と、自動車メーカーの直接雇用の期間工の場合とありますので、雇用形態をしっかりと確認しておきましょう。

自動車メーカーの公式ホームページから応募する場合は、面接会場に出向いての面接となります。数人で面接を受け、のちに連絡が来るという形でしょう。

一方で、派遣会社経由の場合は、まずは派遣会社で面接を受け、派遣会社の人に連れられて、募集している工場に行き、そこで現地面接となることが多いようです。この場合は派遣会社の担当者がいろいろと力になってくれますので、何か困ったことがあれば、派遣会社に相談することがお勧めです。

 

期間工として仕事ができる人とは?

初めての期間工で、最初は緊張と不安ばかりの毎日でしょう。期間工の大きな特徴の一つに交替勤務があります。それまで、深夜勤務をしたことがない人にとっては、昼、夜の交替勤務は体のリズムがなかなか整わず、困惑するでしょう。

しかし、最初はどうなるかと思っていても、一週間もすればたいていの人は体が慣れてきて、交替勤務や深夜勤務が苦にならなくなると言います。

体が慣れてくる頃には、仕事の手順やコツも飲み込んできて、少し余裕が出てくるはずです。期間工の仕事は、ライン工程での作業になるので、それほど難しいというものではありません。むしろ単純作業なので、コツコツと自分のペースをつかんで進めることが仕事ができる人と認められる早道です。

作業でわからないことがあれば、先輩や上司に速やかに聞きましょう。わからないことをわからないままにしておくと、他の人にまで迷惑をかけてしまうことになります。疑問点をその場で解決することが仕事をスムーズに進めるコツと言えるでしょう。
 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録