結婚相手が工場勤務だったら?そのメリットとデメリットは?|バイト・求人探しはcoper

結婚相手が工場勤務だったら?そのメリットとデメリットは?

更新日:2017/09/08 15:38:26

結婚相手が工場勤務!住むところはどうする?

結婚する相手がどんな仕事をしているかはとても重要なことですね。今回は、結婚相手が工場で働いている場合について考えてみました。

工場で働く人々には、様々な雇用形態があり、その会社の正社員、派遣社員、期間工などがあります。会社によっても違いはありますが、期間工として働いている場合は、そのほとんどに寮が用意されています。しかし、結婚するとなったら、単身寮にいることはできません。

最近の大手企業の工場では、若い期間工に、契約期間一杯までできるだけ長く働いてもらいたいため、様々な改善が行われています。そのひとつに住居問題があり、単身寮のほかに社宅を構えるところが多くなりました。

社宅で生活をすることによって、夜勤を含む交替勤務でも支障がなく、また生活費の節約にもなるため、新婚時代にはとてもありがたい存在です。昨今では子育てのことまで考えて、敷地内に保育所を設ける会社も出てきています。

会社とすれば、期間工として戦力になることと、結婚した奥さんもまた同じ工場で働いてくれる可能性があるので、家族体制での入居を想定し、社宅を増やしているのです。

 

期間工のデメリットである契約期間が終わったら?

結婚していて契約期間が切れてしまったら、その後の生活に不安を覚えますね。期間工をしてきた人々は、契約期間が終わるまでには、次の期間工の仕事を考えている人が多いようです。

単身者の場合は、次から次へ、新しいところで期間工を続けていくこともまたひとつの楽しみだったりしますが、家族単位で会社を転々とすることはなかなか難しくなります。

となったら、ぜひ期間工から社員への登用制度を検討してみましょう。
昨今ではどの会社でも人材が不足をしていることから、社員登用の道を勧めるところも多くなりました。即戦力として、優秀な人材を会社にとどめておきたいからです。

結婚して家族が増えたら、同じ会社でずっと仕事を続けることができれば、もちろんそれが最善の道でしょう。まして、社員となれば様々な保証がついたり、社会的な信用や地位、財力も手に入れることができます。期間工としてのデメリットをメリットに変えられるのです。

 

夫婦ふたりで同じ職場で働けるメリットとは?

夫婦で社宅に住み、同じ職場で仕事をすることができれば、お互いの仕事に対しても理解でき、お互いの価値観を共有できるメリットがあります。万が一、どちらかが体調を崩すことがあっても、すぐに対処できることもメリットでしょう。

二人で社宅で生活することで、無駄な生活費を抑えることができ、確実に貯金ができます。その貯金が貯まったら、二人で家を建てるなど、計画的な生活が送れます。実際にそのような夫婦は多いようで、二人で貯金を楽しみに、仕事も頑張れると言います。

 

実際に期間工から社員になった人はいるの?

昨今では、大手自動車メーカーの工場では、即戦力となる経験を積んだ期間工を必要としています。そのため、期間工の経験のある人は経験者手当として優遇されることが多いです。また、本人が希望し、上司がその技術力や、仕事に対しての態度などを認めたら、社員登用の試験を勧める会社が多いのです。

昨今のトヨタやダイハツでも1年で300名ほどの社員を誕生させているというのは有名な話です。自動車工場の仕事に興味があり、ずっと働きたいと感じたら、ぜひ社員登用の話を考えてみましょう。

社員登用になることに興味を持ったら、人事担当や上司などにその詳細を聞いてみて、積極的に行動に移しましょう。前向きな姿勢は決して悪い印象を与えません。自信を持って、自分の将来の展望を語ることです。

将来性を感じる人材には、社員登用の試験に受かるよう、上司などが大きく関わって助けてくれるはずです。
家族と共にずっとこの会社で頑張ってみたいと感じたら、ぜひ社員登用試験にチャレンジしましょう。
 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録