ダイハツ工業のライン作業で働く期間工の仕事!|バイト・求人探しはcoper

ダイハツ工業のライン作業で働く期間工の仕事!

更新日:2017/09/08 15:34:48

ダイハツ工業で、期間工として働く!

期間工とは、期間限定社員のことですが、ダイハツ工業では、現在この期間工を大募集しています。

ダイハツ工業の工場は、池田工場、滋賀工場、京都工場ですが、そのどの工場でも期間工は大きな役目を果たしています。
期間工の仕事は、組立、溶接、塗装などの仕事をライン作業で行っています。自動車業界が急激に業績を伸ばしている現在、ダイハツ工業でも常に人材不足で、一人でも多くの期間工の入社を心待ちにしているのです。

そのため、期間工の待遇は高待遇で、日給にすると9100~10000円で、その他に深夜手当、残業手当、期間満了金などを含めると、1年で500万を稼ぐ人もいるほどです。期間満了金は期間工ならではの特典ですね。

また、入社祝い金、赴任費なども会社で負担をしてくれますので、かなり優遇されていると言えますね。

 

期間工の仕事の内容はどんなことをするの?

期間工の仕事は、そのほとんどがライン作業になります。

ボディに関してのラインは、プレス、溶接。塗装から組立へと進みます。

一方で、エンジンのラインでは、鋳造、機械加工、エンジン組付け、性能テストから組立となります。

このように、様々なライン工程があるのですが、実際の作業内容を見てみましょう。

プレスはプレス機で最大1600tの圧力をかけて銅板を型抜きしてボディのルーフやドア、フロアなどを作ります。

溶接はプレスされたルーフやドアに様々な部品を溶接で接合し、1台のボディを作り上げていきます。

塗装は、組み立てられたボデー全体に美しい塗装を施す工程です。

鋳造では、溶かされた鉄やアルミを鋳型に流し込み、エンジン部品の素材を作り出します。

機械加工の工程では、切削後、熱処理された部品を研磨など高精度で加工していきます。

エンジン組付けでは、切削・研磨された部品で、クルマの心臓部を組み立てます。更に、精密機械も装備されるので、細心の注意が必要です。

その後、完成したエンジンの性能をテストします。規定値をクリアしている事を確認し、組立を行います。組立では、ボデーにインパネや配線、ガラスやシート、タイヤなどの部品を組み付けます。

最後に、エンジンを搭載してクルマが完成します。

検査工程では、エンジンを搭載してクルマが完成します。完成したクルマを厳しくチェックします。

排気ガス、水漏れ、ブレーキ、ライト等、全機能を人の目と視覚ロボットで検査し、合格したクルマが市場にだされます。

参考:ダイハツ期間工

 

ライン作業で大変なことは何?

それぞれの工程で、仕事の大変さはあります。

プレスは、とにかく暑いことと音が大きいことがデメリットです。年中長袖で保護具を着用するため、暑さとの戦いです。

溶接も溶接作業で火花が散るので、保護具着用のため、暑いです。また、溶接時に発生するにおいも慣れるまでは気になるかもしれません。

塗装に関しては、年中つなぎの作業着を着用するため、暑いです。また、防毒マスクも着用し、作業自体は職人技が必要となります。

組立ラインは、かがんだり、上を向いたり、潜ったりと、組立作業の姿勢を繰り返すので、慣れるまでは腕や肩などがだるく、疲労感が残るでしょう。

検査工程では、肉体的には楽ですが、ミスが許されないというプレッシャーが常にあります。

このようにライン作業はそれぞれの工程で、黙々と行われます。ライン作業が苦手だと感じる人も一週間もすると、すぐに慣れてくると言いますから、安心して期間工を目指してみましょう

 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録