知恵袋で検索前にチェック!工場の寮の疑問をまとめて解消|バイト・求人探しはcoper

知恵袋で検索前にチェック!工場の寮の疑問をまとめて解消

更新日:2017/09/08 10:36:23

工場の寮について、住み込みで働きたい人はいろいろ疑問ではないかと思います。
求人情報には「寮費無料」とか「水道光熱費無料」などの記載も見かけます。
でも、何も知らない人から見たら、「これってどういうこと?」と疑いの目で見られても仕方がないことかと思います。
普通、家賃が無料なんてことありませんもんね。
こうした「工場の寮」、とくに、期間工の寮についてしっかりと解説。
「私でもすぐにはいれるの?」とか、「生活に必要な家電がついてるってどういうこと?」「本当に家賃要らないの? 給料から天引きってこと?」など、疑って当然の疑問にもこたえていきたいと思います。
「そもそも寮って、寮のおばさんが管理してて、たこ部屋で二階建てベッドでしょ」なんて古いイメージをお持ちの方はぜひ読んでください!

寮に住み込んで働く人の事情はさまざま

「すぐに家を出ないといけなくなった」「同棲してた彼氏と別れて引越ししないといけなくなった」「地元を出て働きたい」「退職に伴い社宅を出ないといけなくなった」「高校を卒業したら親元を離れたい」など、住み込みの仕事を探している人の事情はさまざま。
ただし、「今まさに住むとこがない」あるいは「今まさに住むとこがなくなる」という切実な場合も多いです。
寮の環境、仕事の内容も大切ですが、すぐに入れるかどうかも肝心なところでしょう。
母子家庭などの場合、子供も一緒に入れるかなどでお悩みのお母さんもいることでしょう。
期間工の求人では、たくさんの内容があり、こうした「すぐに入りたい!」という声に対応しています。
面接から採用まで3日程度しかかからない例もあります。
1週間以内には、もう寮で生活しているわけです。

電子部品メーカーや、半導体メーカーの期間工であれば、子供や家族と一緒に入れる寮もあります。

実家が近くても寮に入れる?

基本的に、実家が近い場合は通勤になります。

通勤のための交通費全額支給はどの企業でもだいたいあり。

また、通勤に関しては車通勤OK、バイク通勤OKの企業も多くあります。

どこからが通勤可能でどこからが通勤不可能かは、企業の規定によりますので、直接問い合わせいただくのがいいでしょう。

また、企業によっては実家が近くても入寮可のところもあるようです。

結論としては、原則として通勤可能であれば寮には入れない。

通勤可能か不可能かは各企業の規定に従う。

企業によっては実家が近くても入寮可の工場もある。

ただし、寮から勤務する場合は徒歩か送迎バスの場合が多く、交通費が支給されないこともあります。

寮に手ぶらで入れるってどういうこと?

寮付きの工場求人といえば、期間工がメインとなってきます。

期間工の求人情報では、「寮完備」「家電充実」などの記載があり、「生活に必要な家電は備え付けです」といった内容になっています。

これについて詳しく見ていきましょう。

具体的には、テレビ、エアコン、冷蔵庫、ベッド、クローゼット、カーテンが個室に備え付けです。

洗面台、風呂、トイレ、食堂、洗濯機、キッチンなどは共用スペースで共同で使うといった寮が多いです。

掃除機は貸出あり。

このように、生活に必要なものはほぼそろっています。

そのため、引越しのために新たに買い足す必要がなく、すぐに生活をはじめられることがメリットです。

座椅子やパソコンなど、後から買い足すと便利なもののリストなどもネットでは出回っていますが、とりあえず生活に困らない範囲のものはそろっていると思ってくださって結構です。

なかにはレオパレスなどを借り上げている場合もあります。

この場合、寮に食堂はなく、工場の食堂を利用するか自炊がメインとなります。

切実に考えているから、デメリットも知りたい

寮生活では、家賃、水道光熱費が無料の企業がほとんどです。

食事補助なども受けられますので、生活費は食費、消耗品費、スマホなどの通信費程度。

現在では全室が個室。

ただし、共用スペースがありますので、共同生活であることは間違いありません。

騒音や住人のトラブルもないとはいえません。

交代制の仕事ですから、自分が寝ているときに仕事に出ていく人もいます。

また、住み込みの仕事ですので、仕事の方がきついということもあります。

期間工の場合は、最初の1ヶ月で半数が辞めてしまうというくらい厳しい仕事。

これには理由があり、筋肉痛や重度の疲労など、仕事に慣れるまでのつらさが原因です。

なので、2ヶ月目以降に辞める人はほとんどいません。

最初の1ヶ月をどう乗り切るかが勝負。

確かにデメリットもありますが、対策次第で乗り切れます!

まとめ

工場の寮に関する疑問について見てきました。
面接を受け採用されれば、すぐに入寮できること。
子供や家族と入れる寮も、企業によってはあること。
原則、実家が近いと寮には入れないこと。
生活に必要なものはそろっており、手ぶらでも生活できること。
慣れるまでは仕事がきつい、共同生活ならではのトラブルもあるなど、デメリットもあること。
こうした内容でした。
デメリットを考えても、期間工なら手当がすごいので、メリットが上回るといえます。
すぐに引越しをお考えであれば、まず期間工に応募してみてはいかがでしょうか。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録